FC2ブログ

緑眺ラボラトリー

データリンクの未来像
01 /09 2016
緑を眺めるオフィス画像フリーで検索

チームでーりん事務所は窓が少な・・いや、
ほぼ無いと言ってもいいかと思います。

唯一部屋から外が見える南面一間の掃きだ
し窓は隣家が迫り、採光は0です。

おかげで真夏は若干涼しい感じがするので
すが、冬は凍りつくような冷気です。

東南西の三方が建物で囲まれているうえ、
1階なのだから当たり前です。

しかしその分賃料も低いかと。

二駅徒歩圏内の商業地域の割には賃料相
場価格の半分に近いと思います。

しかし廃業倒産でも増えているのでしょうか。

はたまた人口減少に伴う人財確保で起業者
が減少傾向なのかもしれませんね。

定期的に閲覧している賃貸オフィスの価格帯
が全体的に下がってきたような。

空き部屋の数も増えてきたような気もします。

周辺建物全体が横並びに老朽化しているせ
いもあるんですかね。

急に今すぐどーこーというわけではありませ
んが、この先の未来、でーりんに集う者達が
自分たちの職場環境を誇れるような場所に
出来ないものかーと考えたりします。

目の前に公園なんかがあればベストですね。

休日にはスタッフが家族で事務所に車を置き
前の公園でちょっと遊べたら最高ですね。

夫婦喧嘩で帰りにい時などは事務所の緑を
眺め、時間を潰して頭冷やすとか。

(人間は環境の生き物である。)

昔どこかで聞いた耳に残るこの言葉。

劣悪な環境で時を過ごせば、荒んでズサン
な仕事しか出来ないのかもしれませんね。

眺望メインの観点では自宅は中々優れてい
るのですが、公私混同はどうも今一つ。

物書きやクリエイター的なフリーランスならま
だしも、調査屋稼業としてはどうも・・

いくら軽い設備投資で体を成すこの仕事でも、
集合拠点は不可欠だと感じます。

メールチェックやコピー1枚、電話1本取るに
もストレス抱えてはつまらないですよね。

やっぱり食ってゆくには狭小でもいいから専
用ビジネス小屋は必要ですよね。

少しでも明るい未来を思い描くため事務所の
バージョンアップでもしてみましょうか。

商業地域の中古の分譲マンションなんての
も視野に入れてみましょうか。

イメージを形にしていくこんな作業そのものは
何だか楽しい感じがしますね。

担当 M助


コメント

非公開コメント