FC2ブログ

K爺カーの悲劇

現場カー 他車関連
06 /05 2013


上記の写真、何だか分かります?

そうです、車のドアにくっついているパワー
ウィンドスイッチです。

先日、現場より戻る途中にK爺の使用してい
る軽自動車の窓が開きっぱなしになったまま
閉まらなくなっってしまいました。

駐車場に車を停め、エンジンを切っても当然
窓は開いたままで、どうぞ車内荒らして下さい
状態ですが閉まらないから仕方がありません。

AUTOと刻印された白い文字のスイッチは根っ
こが切れてしまったようにカパカパです。

微妙な力加減と角度で挑み格闘すること数分、
何とかオートクローズのオペレーションのコン
タクトに成功し閉められたそうです。

私はエアコンの恩恵にすがり、窓を開けること
はほとんどなくなりましたが、K爺はというと
人工的に作られた空気が体に障るお年頃。

初夏のさわやかな空気無しでは安全なドライ
ブが出来ず困るらしく、早速車両を購入した
某Uカーディーラー担当者に電話をしたところ
スズキの車の部品発注は直接ユーザーが連
絡してもらったほうが対応が早いので、最寄
のスズキさんに電話し、部品を発注してほし
いとの返答です。

事務所で事情を聴取した私(M助)は早速
ネットで純正部品の値段調べの結果、中古
と新品で値段の開きはあるものの交換工賃
を含めウン万円の治療費は確実です。

さらに潜り込み、同車ユーザーの声を拾うと
この部位(パワーウィンドスイッチ)は
お約束的に疾患を抱えているような気配です。

比較的可動頻度の高い箇所であるにもかか
わらず、部品の強化が最近までとられなかっ
たらしいことが判明。

同じメーカーのワゴンRにも同型部品を使用
しており、皆さん泣いている様子です。

そんなお嘆きの貴兄にと言わんばかりにロー
コストの某アジア諸国の工場にて同型部品を
造り、保証付きでウン千円で供給しているあり
がたい商品を発見し早速発注メール!なんと、
驚きの当日発送でございます。

発送完了メールを貰いましたが、一抹の不安
が・・・。(簡単に交換できるんだろか)

しかし有難いもんですな。同じ持病を抱えたユ
ーザーさんがご丁寧に解説フォト付きでネット
で手順を解説。

ドライバー1本、内張り半分剥がして腕をまわ
し部位を持ち上げカプラーはずして数分で疾
患部切除。

(ゴットハンド)と小さくつぶやき、通行人に
変な目で見られてもかまいません。

そう、この瞬間、私はブラックジャックなので。

あとで取り付け等の続報アップ致しまーす。

担当 M助


コメント

非公開コメント