FC2ブログ

進化の過程

現場カー 他車関連
11 /27 2015
ピアーナ画像フリーで検索

半ば趣味に近い感覚ですみません。

現場の移動時間など、ベストな調査専用カー
を探るのが日常化してしまっております。

関東一円を外れる現場は稀なので、タフネス
な長距離移動は論外です。

維持コスト削減の観点で随分前から狙ってい
るのはEVカーです。

現在の仕事用EVで現実的なものは・・・
日産eNV-200や三菱のミニキャブミーブ。

車両導入や充電設備などの初期投資コストの
削減目当てにモニタリングしてもらえるよう各
メーカーには地道にアピールを重ねています。
(至極当然ながら、相手にしてもらえません)

やっぱり普及率が上がり自己投資での導入
しか道はないのでしょうか。

先日のモーターショーで面白い走行可能な
実車コンセプトカーがありました。

トヨタのデザインチームで12年働いていた人
がベンチャー立ち上げたみたいですね。

EVハイブリッド?( ピアーナ)ですか。

リチウム電池の容量は7.2kWh。
1回の充電(3時間)で最長120キロメートルま
で走る能力があるみたいです。

ちょっと現場には厳しいかと思いきや、ここか
ら先にのびしろが存在します。

まるで玩具に電池を挿入する感じでマグネシ
ウム電池が搭載できるとのことです。

発電量は未公表ですが、1カ月分に相当する
800時間の走行が可能だそうです。

主力電源のバッテリーにはリチウム電池を。
水を入れて発電するマグネシウム電池はオ
プションで販売する予定らしいです。

異なる蓄発電方式を搭載し、ダブル?電池で
ハイブリッドの構成をとるってことでしょうか。

メインのリチウム充電量が少なくなっても慌て
ることなくマグネシウム電池でバッテリー切れ
をカバーするんですね。

水素よりローコストで導入可能ならば都市圏
の仕事カーが様変わりするかもしれません。

開発ベンチャー企業さん。
実用性のデータ採取にの祭にはでーりんを
選んでくれませんかね。

得られたデータを是非リンケージしましょうよ。

せっかくチームの呼称を(データリンク)にして
おりますので、ハイ。

担当 M助

コメント

非公開コメント