FC2ブログ

消費し増やすこと

データリンク的職業観
04 /24 2015
皇居画像フリーで検索

昨日、日中現場を終え、帰社したO次郎と共に
首都高に乗り、皇居に向かいました。

普段縁のない皇居沿いにある千代田図書館の
講演会に参加するためです。

この発案はで~りん監査役のIさんの提案で実
現したイベント参加です。

本業を終えたIさんと無事に現地合流。

そして講演会の内容はこんな感じ。

「ビジネス書大賞2014受賞!三谷教授が
90分で語る、経営戦略100年史」

この千代田図書館の9階からは、皇居敷地内
が見渡せるものすごい場所でした。

ハイソなスーツ群集の中に汗臭い作業着丸出
しの2人がうろついて若干申し訳ない気分です。

若いときはこのコントラストに萎縮してしまいが
ちですが今では逆に心地良いのが不思議です。

(好きなんだよねぇ、自らが客観的・視覚的な
違和感や異端ぶりの発信源であることが・・)

だって命に優劣など存在しませんからね。

(優劣は無いけど質の違いはあるか)

平日ど真ん中の19:00に、整理券が配付され
るほどの盛況ぶりで、結局立ち見でした。

学者さんの語りは若干ボリュームに乏しく、集
中しないと聞こえません。

普段乏しく出し惜しみしている集中力を消費し
たせいか、あっという間の90分でした。

講演の内容は予想通り、はじめて耳にするよう
な専門用語が飛び交います。

その道の学問を積んでいないと全体像を把握
することは難しいかもしれません。

至極当然に、講演内容の理解度数は3パーセ
ント以下でしたかね。

コントラストに翻弄され、消耗したO次郎とIさん
を乗せ、戻る頃には24時近くに。

ここまでの話では失い消費しただけで、何を得
たのかが分かりにくいと思われますよね。

しかし、違うんですよこれが・・・

学者さんの話の数パーセントの共感性の大き
さは使う金と時間を凌駕する宝なんです。

動き、見て、聞いて、感じ得ることの豊かさは、
この他にも実は沢山存在するのです。

これ、もったいないから教えませんよ。

ムヒヒヒヒッ。

担当 M助


コメント

非公開コメント