FC2ブログ

コストと姿勢、一石二鳥なのだ。

お仕事( 資材・設備・道具)
03 /20 2015
ふぉとフォト

これでも多少は減ったのだが。
大体20軒くらいの事前事後の対比用写真となると、机いっぱいに並び、重量も相当なものとなる。
ここまでの量になると、1枚10円の違いで数万円の差が生じる。
以前にも触れたが、昨年までは個人情報流出のリスクヘッジの一環で、現像所の下調べや現地にお邪魔し直接契約により、たいそうな料金を支払っていた。
昨年末にコスト削減の目的で、プリント単価の安い業者を探した。
関西方面にある業者に行き着き、現地訪問し工場内見学をさせてもらった。
データの受け入れ態勢やデータ管理等、直接見て相談させてもらい、導入した。
万一のデータ流出に関しても責任の所在が不明瞭なんてもってのほか。
保険や補償問題に関しても一定の基準をクリアしたのである。
(何もそこまで)っと思われそうだが、個人情報をなめてはいけない。
昨今の流出事件を見ていると、企業の姿勢・体勢が大きく問われているもんな。
データを扱う仕事をする以上、当然の事と心得ているのでごじゃる。
製本を受け取る行政等の発注者側からも、担当者によってはここらの管理体制を聞かれるケースが多くなってきたからなぁ。
今年のチームでーりん、ひと味もふた味も違いますぞ。
ここらのご指摘に対しては、堂々とアピール出来る体制が整ったのではないか。
そんなふうに自負してまぁす。

担当 M助

コメント

非公開コメント