FC2ブログ

やってみれば出来る事

内業日記
01 /30 2015
血と汗の結晶

今週に入りチャレンジした事後調査報告書の
100%手前処理のタイムトライ。

いつもなら写真整理や台紙記事打ち込み、
写真差込は外注発注としていました。

内訳は40軒の事後対比資料8センチ合冊フ
ァイル9冊と戸別用ファイル40冊。

事後なので、戸別内容の考察や所見内容に
合致させた図面群を各戸に添付。

加えて全ての対象家屋に事前記録写真と事
後記録写真や調書群を添付。

報告書に添付した写真は1万枚以上です。

通常は現場完了後、3~4名のスタッフの共
同作業で、早くとも2週間を要する筈です。

外注作業や写真プリント屋の仕上げスピード
が時短に大きくかかわることが判明しました。

O次郎と2人朝9時から作業を開始し、昼食
休憩を挟み、夕方5時半迄の労働。

後は軽微な訂正を残すのみたが、正味5日
間で形に出来ました。

作業効率向上に大きく関与するのは、脳内
のコーディネート能力であると確信しました。

もちろん、チームでーりんのことであるからし
て、新しい試みも盛り込んでみました。

事後総括の考察や所見に病院でよく目にす
る診断報告書のような欄を作ってみました。

従来の必要記載欄は殺さずに、事後情報が
プラスされるといった感じ。

よって専門知識が無くとも、報告を受ける人
にはとても優しいはずです。

作成側の利点としては考察や所見文がシン
プルに要約でき、これが相当イケてる!

今までなんで誰もやらなかったんでしょうか。

さぁ、後は角瓶の癒しを頂き、10億BIGの
当選を待つだけです!

担当 M助



コメント

非公開コメント