FC2ブログ

経験値に宿るポテンシャル

K爺
01 /20 2015
頂画像フリーで検索

ここ最近、著しく体力が低下したK爺。
現場での苦しいアピールに嫌気がさしましたの
で、業務カテゴリーを変更することにしました。

発注先関連の打ち合わせ業務。
住民さんとのコンタクト及び調査予約作業。

いわゆるコーディネーターの役割を担ってもら
うことにしました。

う~ん、頭脳労働にあまり慣れていないのか・・
調査予約の軒数など、正直そのコーディネート
には隙間が多すぎます。

私が過去の調査会社で黒字を生み出していた
頃、例えば事後調査ならば、簡単な口頭折衝
も含め、一日最低8~10軒が目安軒数でした。

目標をクリアするためには予約の誘導も必要で、
心理学の書物も読み漁ったものです。

出張で日数制限のある現場では、二人一組で
最高で25軒を完全にクリアしました。
写真枚数で言えば、2,000枚以上です。

しかし時代も時代で、調査の内容自体が稚拙
で粗さの際立つ時代でしたからね。

でも現在の仕様でも、事後調査ならもっと軒数
を消化することは可能であろうと思われます。

今日感じたことは、経験値と比例し奥深くなり
得るポテンシャルについてでしょうか。

K爺が過去に所属した調査会社は、完全見事
に潰れてしまうのです。

K爺は相応な利益を生み出すために必要な生
産性を誇る仕事量を知らないのです。

言い方を変えれば、調査業という商売で利益
を生み出した経験やスキルがないのです。

本人からすれば、これはもう他意なく、仕方の
ないことなんでしょうね。

一方で素行や口の悪さが祟り、その生産性の
アドバンテージをも覆い隠す私ですが、現場
消化に関しては(頂)に近いものを経験してい
ると言えない事もありません。

本人が自称で(調査業のプロ)を名乗る以上、
ここはひとつ年齢に関係なく嫌な顔をされても
言い続けなければなりませんね。

担当 M助


コメント

非公開コメント