FC2ブログ

進化するインナー

現場ユニフォーム
12 /05 2014
ユニクロインナー画像フリーで検索

毎年、肌寒くなる頃。
しまいこんだ肌着を出します。

写真の品はユニクロヒートテックの丸首緑色。

でーりんのインナーユニフォームはYシャツの
中に着用するので、白です。

しかし出してみると色が黄ばんでいたり、襟元
がのびてたり、穴が開いていたり・・。

先日、ユナイテッドアスレのワッフル保温性生
地のヘンリーネックを揃えました。

しかし、極寒仕様のハイネックが必要だなぁと
感じていたので、早速調べました。

2日間限定のネットセールで、格安かったので
即購入しました。

今回は9分丈という手が若干短い仕様のもの
にしてみました。

実際届いて驚いたのは使用生地の薄さと軽さ、
そして保温性でしょうか。

しかし、9分丈ってなんか中途半端ですよね。

しかしYシャツの下に着てみてその意味が分
かりました。

Yシャツの袖先からインナーが顔を出さない
んですね。

首元はハイネックなので、当然顔を出さなく
ては防寒の意味がありません。

しかし袖先から顔を出すインナーはだらしな
い感じがしていたのです。

ただ利益を追求しているだけではなく、ちゃん
と考えてるんですね。

そりゃ巨大企業に成長するわけですよ。

ベーシックな基本機能を備えているだけでは
商品価値低いんでしょうきっと。

インナーはインナーとして内側で進化を追及
していかねば生き残れないのでしょうか。

調査業界では、まさにインナーの役割を担う
チームでーりん。

様々なアウター企業に重宝されるインナーを
目指さなくてはなりません。

内側から攻めますよ!これからも。

担当 M助


コメント

非公開コメント