FC2ブログ

答えは愛

データリンク的職業観
08 /08 2014
愛画像フリーで検索

最近の話です。

現場移動中、将来の展望やら何やらの世間
話で、〈愛)という言葉を使いました。

その響きが非日常的且つ言葉の意味を知ら
ないせいか、人として未熟な成長過程なのか
は分かりませんが、O次郎に「あ、愛を語り
ますかぁ⁈」と鼻で笑われてしまいました。

そして今日も朝イチで役所の検査のため、
車で移動中でした。

この(愛)という言葉のキーワードを孕んだ
情報番組が流れます。

(機械遺産)という聞きなれない言葉。

何十年も前からあったそうなんですが、あら
ゆる分野の機械モノに与えられる賞らしく、
除雪車やそうとう初期の洗濯機など、様々
な機械群が紹介されておりました。

単なる優れた便利機械というだけではノミネ
ートされず、上記で触れたように、開発の起
源に(愛)が存在するか否かが大きなポイ
ントになっているように感じました。

除雪車には地域住民に対する愛、洗濯機に
は洗濯に勤しむ家族愛、また、その開発品に
対する物愛なんてもんもあるのかも知れませ
んね。

工事損害リスクを抱えた起業者と損傷被害リ
スクを心配する地域住民との間に立ち、時に
は訴訟うんぬんの殺伐とした空気の中で仕
事をするチームでーりん。

補償リスクを最小限に抑えたい側と最大限の
手厚い補償を望む住民さんの間に割って入る
訳ですから、当然の事ながら、双方からお叱り
を受け、つらい目にあう危険性大のお仕事です。

しかし不思議なことに、考えてみるとかなり前
からトラブルらしき問題は記憶に無く、理不尽
な内容でつらい目にあうことはほぼ皆無に等
しく存じます。

事前情報で起業者より(対応の際要注意)
の注意勧告を受けている方なんかに関しても、
逆に感動するほどよくして頂いたりと、ストレ
スフリーな日々を過ごしております。

自己満足に浸る訳ではありませんが、これっ
てこの業界ではスゴイことなんですよ。

もし、この補償業界で○○遺産みたいな賞が
あるのなら、ダントツの有力候補です。

最近の私、なにしろ本気で感じ、語ったりし
てやがります。

この仕事に従事し、心底悪い人間に出会っ
たことがありませんね。

好き嫌いは存在するものの、悪人はおりま
せん。

笑われようと呆れられようと、物怖じせずに
声を大にして言い放ちますよ。

All you need is love!

・・・いっちゃってるか?

担当 補償調査業ノントラブル部門最優秀賞  M助


コメント

非公開コメント