FC2ブログ

Y衛門の考察

Y社長
07 /29 2014
鉱脈画像フリーで検索

まず、Y衛門とは誰かですね。

チームでーりんのメンバーがそれぞれの入社時期
のズレはあるものの、知り合うきっかけとなった会社
の社長さんでございます。

本当かウソかは分かりません。
本人曰く(調査業界のパイオニア)ですって。

およそ20年前に存在したその会社は、残念ながら
現在は存在しておりません。

最良の部下になれず、牙をむくタイプの私。
会社が傾き始めた頃合いに事実上のリストラ名簿
にあがり、自主退職。

そこらの対処に長けているO次郎は、波風立てず、
会社の千秋楽公演のエンドロールを見届けました。

その数年後、経営サイドのK爺は経営悪化責任を
担ぎ、一部の負債とともに放浪の旅路へ。

その後それぞれがそれぞれの道を歩み、そのまた
数年後に合流を果たし、チームでーりんとして復活。

・・Y衛門を除いてですが。
なぜ今、Y衛門の再考察(総括作業)に至るのか。

時折このブログに登場する辛口コメンテーターの
Iさんも在籍しており、再会を約束しました。

K爺とO次郎にどのような感情や総括が存在する
のかは分かりません。

しかしIさんと私は比較的近いところでの総括評価
に至っているのです。

そのIさんから先日、利害関係の絶たれた今になり、
感謝の意も込め、Y衛門と話してみたいとの提案が
あり、私なりに思い起こす事態に発展したのです。

Y衛門という男、大変優れた金脈(鉱脈)を嗅ぎ
付ける嗅覚を持っておりました。
(先見の明がある方)と評されるのでしょうか。

少し先の銭の香りには誰よりも鼻が利くのですが、
そこに至るまでのアプローチに問題のある方だった
ように思います。

優れた発想力でアウトラインの青図は引けるのに、
そこに辿りつくまでのプロセスに問題を孕んでおり、
準備作業を省く傾向にございました。

会社を興し、鉱脈に行き着く為には、発想を具現化
する為の優れた穴掘り技術者を育成する事が必須
ですがこの部分に関しては実に乱雑な采配でした。

優れた発想力でも、それを技術に伝える作業を省く
と結果は最悪なことに。
志を理解共有し、共に歩む仲間を選定しなかったの
が痛いのです。

言葉少なく、行き先を告げずに己の鼻を頼りに一人
歩きをしてしまうものですから、ごくつぶしのぶら下
がりサラリー泥棒社員が増殖し、経営を逼迫させる
事態に発展するのです。

退職当初の私は青かったので、冷静に己の無力さ
を認め、認識できませんでした。

私やIさんに関してはおそらく、Y衛門が求めている
技術レベルになかったのでしょう。

重複しますが、己の非力さを認め、総括に至る点は
Iさんと私は似ているのです。

各々が違う道を歩む今、もし会う機会があるならば、
昔の己の至らなさなどを侘びることも出来ように。

もし(先見の明)を司る嗅覚が色褪せていなければ、
発想力や行動力、バイタリティーのヒントが貰えたら
ええなぁなんて思います。

担当 M助

コメント

非公開コメント