FC2ブログ

でーりん的福利厚生の挑戦

データリンク的職業観
05 /24 2014
ホームオフィス画像フリーで検索

本日はでーりん的福利厚生について触れます。
まず、福利厚生の正確な意味とは・・・。

企業が、労働力の確保・定着、勤労意欲・能率の
向上などの効果を期待して、従業員とその家族
に対して提供する各種の施策・制度。主として
従業員の生活の向上を支援する目的で実施さ
れるもので、法律で義務づけられた法定福利
(社会保険料の事業主負担など)と、企業
が任意で実施する法定外福利(交通費・社宅・
健康診断・育児支援・保養施設など)がある。


上記で言う法定福利の部分に関しては、後々
亀裂の原因となり得る環境整備なので、私が
無知なぶん、O次郎に気の済むよう、でーりん
の財布の許す範囲内で準拠してもらいます。

問題は企業が任意で実施する法定外福利
(交通費・社宅・健康診断・育児支援・保養
施設など)の部分です。

これっていわゆる法人の枠組み内でしか実
現不可なのでしょうか?

せっかく一匹狼の吹溜りチームなので、ここ
はひとつ、地味でも着実に独自のアイディア
を盛り込み、粛々と構築の歩みを踏んで参ろ
うと、ここ数年取り組んで参りました。

交通費に関しては、各々、電車で言えば一駅
圏内ですので、一月の定期代をざっくり計算
すると、大した金額には至りませんが、ハイ、
交通費ってのもなんか味気ないですね。

若干値は張りますが、一人1,000円を目安に
昼飯代を事務所で負担することで、とりあえ
ず仕事に出れば腹は満たされるといった環
境を整え、実施して参りました。

これ、なんかランチミーティングみたいで良か
ったかも。

次に社宅。

これは弱小チームでは無縁世界、よってパス。

せめてチーム員が住宅ローン組むときに、雇
用主がちゃんと税金払っている状態が示せる
よう、事務所としてちゃんと処理しておくくらい
です。(これ、地味に重要です。)

次に健康診断。

事務所負担を公言しておりますので、あとは
お好きな病院へどうぞ状態。

そして育児支援関係ですか。

私自身が悪戦苦闘中なので、現実に沿った
プランが推進出来そう。

ここ1年で、過去の(追い出される前の会社の
モノも含める)仕事データのデジタルストック化
を進めて参りました。

ネット非接続のワンタイム認証アクセスキーに
発展可能なデータストックHDDの導入や付属
機器(パソコン総入れ替え、新OSに対応する
付属周辺機器コピー機やプリンター等)も総入
れ替え。

規模は小さいながらも、常時人が居る状態では
ありませんので、この仕事の畑で喰っている以
上は、情報の漏洩や保守に関しては金と時間
を費やしております。

よって、今この事務所に悪意を持ったドロが進
入しても、紙媒体モノの情報は新聞や折込広告
くらいなもので、過去の報告書製本なんて1冊も
ありません。

ちょっとスペースが増えたので、卓球台でも置
こうかと思えるほどに。

進入したドロが腹いせにパソを破壊したとして
もいい様にと、ホームオフィスという中継所を
推進して行こうとのアイディアを1年前に考え、
実は来週、やっと各々の自宅に仕事の出来る
最新パソを導入する契約をしました。

個人情報モノや製本作業はチーム員集結して
事務所でドン!

その他の入力モノやCAD作業なんかは各自
のホームオフィスで好きな音楽を聴きながら、
タイムスケジュールも各々で管理実行が可能
なので、子育てや家事も手が廻りやすくなるの
が目的。

話が長くなりましたが、とりあえず、育児支援の
一環で取り組んでみよっと。

最後は保養施設ですね。

常々保養の概念に疑問を呈しているので、ここ
はひとつ持論でカバー。

義務強制化し、役割と言う名の強制労働に疲れ
果て、旅先の宿で夜な夜な溜息に襲われるとい
ったような、オタンコナスの社員旅行なんてもっ
てのほか。

何度経験しても意味が分からない。

集団でたむろして培われる企業アイデンティティ
ーなんて人材殺すだけです。

経営者の自己満足行事に未来あるスタッフを巻
き込みません。

自立したバケーションを創造出来る環境を構築し、
ライフスタイルの提案や情報提供が出来る環境
を造ることこそがチームでーりんの目指す本物
の保養概念です。

こういった未来に向けてのプランニングって大変
だし金や時間はかかるけど、楽しいかも。

担当 M助


コメント

非公開コメント