FC2ブログ

猫フンと私

データリンク的職業観
01 /24 2014
なんだかね・・。

でーりんでは建物調査を行うとき、3人1チーム
の体勢で望みます。

二人が内部調査を行っている間に一人が外で
家の周りをぐるぐると歩き回り、写真のように
建物の東西南北のスケッチを致します。

各面のスケッチをしながら外壁や基礎の状態を
書き入れていきます。

一昔前は、どのみちCADでトレースするので、
寸法も適当でフリーハンドでした。

後日、内業と呼ばれる事務作業に望む訳です
が、寸法や形状、軒高や屋根勾配などを平面
図と写真を見ながら修正をして正確な図面に
仕上げていきます。

しかし、いかなる建築の知識があろうにも想像
力には限界があり、現地で落した正確な立面の
ラフデータが無い事にはどうしようもないなんて
こともしばしば。

結局、後日再度訪問なんてこともあり、住民様
に迷惑をかけることもありました。

チームでーりんでは建具のサイズや位置、基
礎高や軒高、屋根形状や勾配等を正確に現
地でトレースし、ラフスケッチをそのまま後日
コピーし製本に添付出来るくらいのクオリティー
を目標にして挑んでおります。

後日、ラフスケッチをそのままトレースするだ
けだから非常に楽チンなんです。

現場で出来る苦労は事務所に持ち帰らず、
先送りする仕事はしません。

取扱い業務の中には他社の事前資料を基に
事後対比調査のみを依頼されることがあり、
建物形状と立面図や平面図が全く合わない
なんてことが意外と多いものです。

そんな時、事前担当の業者の力量がはっきり
と表れ、隠せないものだなと感じます。

万一損傷が生じて被害算定になる場合、寸
法等が正確であれば図面上で被害算定が
可能ですが、そうでない場合、再度現場で
正確に再計測を行う事となります。

算定対象の面積が直接補償金に跳ね返る
ものですからここは慎重な作業です。

事前だからと適当に、こっそりと提出を済ませ
たつもりでも、その報告書の精度は業者の評
価につながり反映され、力量が示される重要
な軌跡であると考えられます。

苦労を厭わず、キチンとした報告書を提出して
おけば、その仕事が評価され、営業の観点でも
プラスとなるものだと己に言い聞かせます。

チームでーりん、本日もまた極寒の風に凍え
ながら、感覚の無い手・大量の鼻水・クモの巣
・猫の糞などの強敵と格闘しております。

御猫様に告ぐ。

ウンチは分かりやすい場所に固めて致すように。

そしてBIG様。

そろそろ当たってくれてもいいんでないかい?

担当 M助

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪最高6億円くじBIG!≫
億万長者が続々誕生!
毎週開催!予想いらずで買いたい口数を決めるだけ!
インターネットで24時間いつでも買える。 



━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                            

コメント

非公開コメント