FC2ブログ

突風のちから

現場日記
01 /19 2014
突風イメージ

日曜日、朝もはよから現場でした。

住民さんのお休みの日をなるべく拘束したくは
ないので、測量器材を車両から出しておき、
三脚にセットし準備してから調査を行います。

二人が家屋内部調査を行っているとき、私は
外で建物の東西南北を横から見た図面(立
面図)のラフスケッチしておりました。

この建物の北側には道路を1本挟んだところ
が巨大なすり鉢状の遊水地になっており、
なぜだか北側に立つと下から持ち上げられる
ような不思議な風が吹いてきます。

タービュランス(乱気流)現象でしょうか。

あらかじめ計算されているのか、北側の屋根
と外壁にはほとんど軒がありません。

建物が受ける風の抵抗を軽減する処置なの
でしょうか。

一通り東西南北の図面を書き終えた頃には、
髪の毛はすっかりアフロヘアです。

髪を撫で押さえているときに、西側に置いて
ある測量器が一瞬浮いたように倒れてしまい、
見事に粉砕。

結構な重量のある三脚とオートレベルが風
の力で浮遊するなんて。

しかしどうしよう、まだ建物のレベル測定終
わってないんだよな。

まだ内部調査の二人が外部に来ていないの
で、即行近くのホームセンターへ急行。

1軒目、激安KDSのオートレベルを見つけた
が在庫無し。

2軒目、取り寄せ。

3件目、取り寄せ。

4件目にしてやっとゲット。
(しかし時間がかかった、午後は違う現場だ)

昼近くまでかかり、何とか現場完了。

そのまま午後の現場へ移動。

昼抜きで午後の現場を完了させ、先ほど飯
屋でエネチャージ。

いやいや、消耗の多い日でした。

先日つるべがテレビで言っとりました。

(目の前にある問題と戦わない奴に次は来
ない)だったっけかな?

観ておいて良かった。

くじけて出直すとこだった。

この疲労感、勝戦の香りが致します。

担当 M助

コメント

非公開コメント