FC2ブログ

既成概念とブランド米(舞)

データリンク的職業観
11 /12 2013
トキブランド米

昨晩でしたか、報道ステーションで不要なテン
ションで松岡がリポートしておりましたが、
(トキとブランド米)でしたっけ?

誕生経緯の弊害や希望、なんだかしびれまし
たね。

佐渡のお役人さん(農協職員?)が緊張した
表情でインタビューに応えていました。

(自然環境経済)という相反する文字をつ
ないだ造語を掲げておりました。

トキの自然繁殖に必要な餌場を確保したい。→
昔は(江)と呼ばれる水溜りや土の農業用水路
があちこちに存在し、トキの餌となる蛙や小魚
が盛沢山。→
米農家に折衝しコンクリートを使わない(江)を
農地の7パーセント位設けてもらう事や県の農
薬使用基準の50パーセント減を義務付けトキ
米生産農家認定条件に補助金を設ける。→
害虫が増え、生産量の低下が心配されていた
が、害虫を食す生物もまた増加し、生産量低下
には繋がらず。→
昨年からトキの自然繁殖が確認される。→
トキが暮らす環境で育つ米というブランド米が
多少の高値でも完売。

(江)の設置管理や低農薬に伴ういわゆる手
間が掛かるので、全ての米農家の賛同して
いないので、収穫量が低い問題があるみたい
ですが、当初反対していたという農夫が、作業
中にトキが餌をついばむ光景を目の当りにして
感動を覚えたインタビューなんかもありました。

効率性を優先することで失った色々なものを
島全体で取り戻すそのエネルギーはまさに自
然環境の回生と経済のハイブリット効果として
現れつつあるような感じが伝わりました。

いいなぁ、大変だろうけど多方面にわたり社
会貢献に寄与した仕事って。

(江)の設置管理を民間にアウトソーシングし、
予算をつけてくれるなら、チームでーりんは
今の稼業を捨て、佐渡に移住するんだけどなぁ。

担当 M助


コメント

非公開コメント