FC2ブログ

経済効果

平成30年(2018年)
06 /21 2018
ラフェスタ


写真は放デイ送迎で使用している車です。

先日児童のお迎え待機中に目の前で起きた接触事故を見て、正直気になっていた車両メンテナンス。

(前回のオイル交換から5,000キロ走ってるなぁ)

朝、ラジオでは夏至のワードが飛び交ってます。

ヘタしたら事業所で過ごす時間よりも長い時を過ごす送迎車両。

よし!暑い夏に備えてメンテナンスかぁ⁉

メンバーズカードのポイントも沢山入っているため、オートバックスまで行って来ました。

前回はディーラー車検でオイル交換とオイルエレメントを交換しているのでオイル交換だけでいいかも知れませんね。

夏用の低粘度100%化学合成オイルをチョイス。

銘柄や謳い文句よりも粘度や成分が肝です!

抜き替えだけでしたが送迎業務におけるシビアコンディションが想定されますので、エンジン保護の添加剤も注入しておきました。

そして交換後エンジン始動!

う~ん・・なめらかぁ~♡♡

しかし・・事業用車両保険とガス代にメンテ等のランニングコストで月々最低でも6万円以上の万札が吹き飛ぶ送迎用車両。

EVカーならガス代も三分の一以下だし、充電設備にソーラーをかませば四分の一以下の電気代で済むはず。

モーターだからオイルや添加剤も必要なしかぁ・・

EV市場に本腰入れた中国にどんどん引き離されている日本。

随時チェックしているEV考察をもう少し掘り下げてみようかと思ってしまいましたョ。

何気に流れるカーラジオ。

夏至のワードをつぶやくだけで数千円使ってしまった訳ですから、そのアナウンス効果は絶大であると信じて疑いませんね。

それでは、また。


コメント

非公開コメント