FC2ブログ

で~りん的恩返し

平成30年(2018年)
06 /07 2018
001.jpg


お世話になっている放デイの備品。

新品のテーブルの脚の結合部がポロリ!

おそらく脚と天板をジョイントする受け金具の取り付けトルクが強すぎてしまっていたのだと考えられます。

鍋タッピングを強く締めあげてしまったので、天板の内部が剥離してしまったのでしょう。

ニトリのテーブルはベトナム製。

電圧負荷の異なるお国でしょうから仕方ないのかも。


002.jpg


とりあえず金具を外し、内部で剥離してしまっている箇所をカッターで思いっきりガリガリと削り取ってしまいます。


003.jpg


欠損したベニヤ材を軽く乗せ、少しアンダーになるくらいがベストです。


004.jpg


なぜなら、最近品質の向上を図ったセメダインブランドの木工ボンドを厚塗りしたいもので。


005.jpg


ほ~ら、こんな風にベットリと・・

天板の内部は目の粗いパルプの集積材なのでボンドが染み込み痩せるので二回に分けての厚塗りです。


006.jpg


本当は万力かなんかで圧着したいのですが、そんな都合よく道具が揃っておりませんので、ただひたすらに体重を乗せて押さえつけること5分強。

何とか動かなくなりましたので白いボンドが透明に変わるまで硬化するのを待ちます。


007.jpg


そして硬化時間と強度のバランスの取れたセメダインブランドの秀逸な補修材である木工パテの登場でございます!


008.jpg


ベニヤ材がささくれ立って児童がケガでもしたら嫌なので、完全硬化したらきれいにサンドがけする予定です。

実際の所要時間は20分チョイですが、硬化時間を加味するとこのまま二日は欲しいところです。


009.jpg


普通に買い直せば5,000円くらいなんでしょう。

しかし児童が残したこの落書きにも何かしらの意味があるかもしれないと考えると、壊れたからハイ買い替えましょうとはならないのが放課後デイサービスという場所です。

この落書き、もうすこし残してあげましょうか。

出し惜しんでも仕方のない家具補修メンテ技。

くすぶったロートルを雇い入れてもらった恩返しで~す!

それでは、また!

コメント

非公開コメント