FC2ブログ

フォトレコ導入!

フォト・ネガスキャナー
06 /11 2013
ねがとりくん

前回(といっても先ほど)のネガフィルムの
使用事件の続報です。

上記の写真はネガフィルムをデジタルデータ
に変換し、保存できる代物です。

今回のネガフィルムはネガ本体を提出なので
使用しませんが、ひょっとして知らない方も
いるのではないかと・・。

昔は写真をプリントすると現像処理したネガ
が写真と一緒に同封されており、後日、写真
を焼き増ししたい時などにタンスの引き出し、
ガサガサ探してみたりして。

最近ですと結婚式などで使用する子供の頃の
写真や若かりし頃のご両親の写真などを使う
ため、昔の写真やネガを式場担当者に渡し、
式場側でデジタルデータに変換し、カビが生
えてしまったり、色が抜けてしまったり折曲
がったりした基のソースに修正や補正を加え
ることが多いようですね。

この機械は古い写真本体やネガをデジタル
データに変換し取り込み、SDカードに記録。

そのデータをパソコンに取り込み、保存や
修正を加えるといったものです。

上記機械はいわゆる家庭使用の楽々機械で
価格も数千円からウン万円と安価でそこら
の家電量販店で入手可能です。

しかし、ネガ所有者ユーザーの多くはそれな
りの年齢に達し、写真の機械の箱の説明に
書いてあるようにお手軽簡単とはいきません。

それなりに写真の状態を把握し最善の取り
込みをするスキルやカビの生えてしまったよ
うなネガフィルムの修復など、場合によって
は大切な写真やネガを破損させてしまう危
険性があり、お手軽にとはいかないような
感じですね。

したがって昔の写真やネガの保存を考えた
方は昔の写真屋さんの職人技が必要となり、
それなりの時間と相応な金がかかるといった
しくみになっていると推測されます。

聞いたところによると昨今の津波被害の惨状
を目にし、万一の時の思い出保存に関連した
商品やサービスの需要が増えたとか・・。

前回にも触れましたとおり、我々の仕事も一
昔前には莫大な数量のネガを排出する仕事
でした。

ひとつの仕事の総体成果資料ともなれば、ネ
ガシートなるものにネガを差し込み、枚数も
相当数に膨れ、小さな子供なんかは重いし大
きいしで持てやしませんよ。

現在あまりネガを使用していない我々がなぜ
これらの変換グッズを使用しているかですが、
調査記録に使用した写真やネガをデジタルデ
ータにまとめる仕事をした経緯があるから、
ただそれだけなんですね。

先ほども触れましたとおり、自分でやろうとした
ら簡単に設備は整いますが、やってみるとこれ
は中々厄介な作業ですよしかし・・・。

経験値でしかクオリティの良し悪しは語れません。

せっかく技術は向上してるはずなので、将来的
に取り扱い業務の間口を広げてみようかと思案
しております。

つっても需要がなさそうだなぁ・・・。

担当 M助

   


コメント

非公開コメント