FC2ブログ

耳で話す

お仕事( 全般 )
12 /26 2016
会話画像フリーで検索

今朝、調べものがあるので事務所へ行く途中。
鼻水がグズグズしていやがる・・風邪の前兆か。
オフに入るとほぼ100%これだよ、ったくぅ・・。
こんなんでも普段は無意識に張っているもんなのかね。
仕方なく近場のドラッグストア(HAC)へ立寄った。
私は甲状腺に問題を抱えており、市販薬のチョイスが困難だ。
特に一般的な風邪薬はほぼすべてアウトである。
よって比較的漢方なら選択の余地がある。
過去に一度、病院で処方された葛根湯があった。
一口に葛根湯と言っても千差万別。
処方薬の成分に近い市販ベースの葛根湯は(ハピコム)だ。
もちろん常備するほどマメではない。
購入にあたり(ハピコム)の名称と箱の柄の記憶だけが頼りだ。
・・・ムム・・・見当たらないぞ。
仕方なく50代半ばくらいの女性店員さんに聞いてみる。

「あのぉ、ハピコムの葛根湯のデザインって変わりました?」
「ええ、前の千円台の安価なモノはもうないんですよね。」
「・・・ああ、金額ではなくて、パッケージデザインの話です。」
「以前の横長のモノは安価なんですが、今の縦長モノは・・」
「あのぉ・・日本語の分かる方はいらっしゃいますか?」
「あの、スミマセン、私、日本人なんですが・・ええっとぉ・・」

するともう一人の40代くらいの女性店員さんが登場。

「ああ、スミマセン、何をお探しでしょうか?」
「前に売っていたハピコム葛根湯の箱のデザインって・・・」
「ハイ、少し前に変更されました。」
「では中身の成分も変わってしまったのですか?」
「いえ、成分は変えずに粒の大きさを細粒にしたのです。」
「では成分は以前と変更なしと考えてよろしいのですね?」
「ハイ。」

耳で聞き、情報を処理し会話につなげる店員さん。
耳で話すってこういうことか?
この方のおかげで時間にして10秒かからず用が済んだ。
この体験で改めて感じること。
やっぱり大人は会話力(ベシャリ能力)って大切なんだよ。
大袈裟かもしれないが、意外と重要で基本的なこと。
円滑な社会生活ってベシャリ能力は無視出来ないんだよ。
クリスマスも過ぎ、あと数日で今年も終わる。
年内にはブログのリニューアルでサイトの引っ越しもありえる。
(建物調査のお仕事)というサイト名の継続もまだ分からない。
最終局面的な岐路に該当するので、仕事のネタで〆たいな。
このブログ、頭で考えて発していることが少なかったような。
あと数日、足りない脳ミソで少し考えてアップしてみようか。

担当 М助


コメント

非公開コメント