FC2ブログ

建築基準の不思議

現場日記
09 /17 2016
旧英国総領事館画像フリーで検索

昨日は悪天候の合間を縫って旧英国総領事
館をフル精査しました。

しかし、ホントここらの街の景観は異国です。

敷地内には新開港資料館や守衛棟を利用し
たカフェなど、3棟の建物がフォトアップした
旧建物をガードするかのように囲んでいます。

多分最近まではこの旧総領事館が資料館
だったのでしょうが、何せ1931年築。

貴重な英国様式の建物を保存するには資
料館としての延命処置が正しいのでしょう。

地下室を含め、精査して感じたことは本当
に85年も経っているのだろうかということ。

もちろん相応なメンテナンスも施されている
のでしょうが、こんな地震大国でも頑丈なん
ですね。

調査をする前は相当傷んでいるのだろうと
覚悟して臨みましたが・・

損傷個所を拾い上げるのに苦労する程で
思いのほかキレイな状態を保っていました。

国内のビルモノは60年も経過したら設備を
含め、結構危険な状態にあるところも少なく
ありませんから。

工期や金の問題もあるんでしょうが、長い目
で見れば絶対に安上がりですよ。

だって調査中も築100年近い無人の建物に
人が群がっているのですから。

貴重な街の収益ですよ。

いやぁ~スゴイスゴイ、すごいですねぇ。

担当 М助

コメント

非公開コメント