FC2ブログ

確信の領域

現場日記
08 /20 2016
雨雲画像フリーで検索

昨日の段階で本日は終日雨天であることは
予報により分かっておりました。

しかし予約コーディネーターからは前日であ
る昨日の段階で変更の連絡はありません。

それどころか朝一が立ち合いだから遅れな
いようにと釘を刺している状況です。

雨だろうが嵐だろうが、強行突破し調査を完
了させる意思表示なのでしょうねきっと。

それならそれで構いませんよ。

お付き合いしようではありませんか。

とりあえず変更の電話するのも面倒だから
現地で様子見て決めようなんてことはない
でしょうね。

人材を拘束し確保するということを軽んじた
行為であったらなら、キツく成敗しますね。

または現地で解散指示が出たら、日当二人
分を満額で別口請求します。

そして今朝、案の定、朝の現地では雷を伴う
ドシャ降り状態です。

持参した折り畳み傘など役に立たないレベル
の降雨量です。

すると予約コーディネーターが信じられない
セリフを口にするのです。

「・・こりゃあ今日は無理かなぁ・・」

一瞬蹴り殺すために必要な筋肉に力が入り
ましだが、まぁ慌てません。

陽が落ちるまでにはまだ数時間ありますし、
で~りんには神通力が存在しますしね。

パンツまでが濡れるほどの大雨の中、空を
睨み付け立ちすくむこと1時間半。

若干遠い空の方角が明るくなってきました。

(あと1時間もすれば晴れるかも・・)

ジョナサンで早飯をしながらその時を待つ事
にしました。

そしてついに!きれいに晴れ上がりました。

ここでひとつ、確信したことがあります。

悪天候とは耐え忍ぶものではないのだと。

ただ強く念じ続け、雲を動かせばいいだけな
んですね。

予約コーディネーターさん、で~りんが現場
担当で良かったですね。

手ぶらの無成果で帰って請求書だけ受け取
る事態に見舞われずに済んだでしょ。

担当 М助


コメント

非公開コメント