FC2ブログ

日本にもあるのか?

現場日記
07 /28 2016
ヘレンハント画像フリーで検索

セッションズという映画をご存じでしょうか?

セックスセラピストという大真面目な仕事が
米国では本当にあるらしいのです。

確か主演のヘレン・ハントは賞を取ったんじ
ゃあなかったですっけ?

障害者の性を題材に、首から下が麻痺して
しまった男性が愛する女性と肉体的にもつ
ながりたいという願いをかなえるため奮闘
する日々を描くといった内容です。

なぜこんなネタアップなのでしょうか?

実は今日、ラブホテル2棟の調査に行ってき
ました。

俗にありがちな閉鎖的な正面玄関の目の前
がコインパーキングでした。

立面図を書き終えた私はしばらく一人でボー
っとしていましたが、まぁ人目もはばからず
入店するする。

お昼タイムの12時にその数、1時間足らず
で約20組くらいの入店です。

いわゆる普通のカップルと思われる客は2割
くらいでしょうか。

問題は残りの客層なのですが・・

何やら想像しているような感じの客層ではな
いんですよね。

杖をついた目の不自由な殿方と年齢的には
40代凸凹のさわやかな女性。

短髪巨漢の足を引きずっている殿方と、やは
りさわやかな笑顔の中年女性。

70代位の殿方と50代後半あたりの明るい
感じの女性。

同伴の女性は皆敬語で気さくにちゃんと話を
しながらの状態です。

つまり、隠微な雰囲気が感じられないんです。

そして殿方は皆同じコンビニ袋にペットボトル
の水とお茶を下げている。

こんな偶然ってあるのでしょうか。

十数メートルが駅なので、待ち合わせの印か
何かなのでしょうか?

皆共通してリラックスしているように見えます
し、慣れた足取りで淡々と行動しています。

ひょっとしたら、いかがわしいのは私のほう
だけなのかもしれません。

皆、心身の健康維持の為に当たり前に性欲
処理をしているのでしょうか?

先導し入店する女性は皆品格があり、知的
な感じも伺えます。

ひょってして日本にもその道のセラピスト的
な仕事が存在するのでしょうか。

或いは政府主導による民泊にかわるホテル
拡大計画だったりして。

担当 М助


コメント

非公開コメント