FC2ブログ

マイナーグランドで生息中

データリンク的職業観
05 /10 2013
で~りんロゴ

建物調査ってどんな仕事でしょう?
ひと言で申しますと・・ひと言では無理です。

昨今、頻繁に流れる震災被害のニュース。
建物の全・半壊認定調査の映像を目にします。

しかし我々の通常業務であるとは言えません。
それでは耐震判定や耐久性調査でしょうか?

これもまた、通常の業務とは若干異なります。

一般家屋や商業ビル・マンション・工作物など、
幅広い対象物の各種測定や従前状況を記録し、
事前資料(調査報告書)を作成する仕事です。

例えば下水道工事の為アスファルトを剥がし
たり、地面を掘削したりと、振動を伴う工事が
行われるとします。

数日後、工事は完了。
施工検査を終え、施工業者は撤収。
すると近隣住民さんや事業者が首を傾げます。

「あれ?ウチの塀ってこんなに傾いてたか」
「店の入り口の扉が開き難くないか」
「外壁に亀裂って入っていたっけ」
「駐車場の床コンクリートにひび割れが・・・」


施工業者はもういないしなぁ・・となりがちです。

下水道工事、河川改修工事、ビル等や商業
施設・工場の解体・新築工事、宅地造成工事
など、工事といっても様々な工事が存在します。

住宅密集地域で施工されるインフラ整備事業。
民間開発事業や施設等の解体再開発事業。

各種工事が行われる前から存在した損傷か。
その工事が起因し発生した損傷であるのか。

それらを判断するには従前資料が必要です。

被害を受けた方は改善を求むことは至極当然
ですし、仮に被害を与えてしまったことが明
らかとなれば、昨今の施工業者は真摯に対応
することが当然となりつつあります。

互いに損傷の有無が確認できるような従前の
資料の存在が問題の解決の糸口となり得ます。

私共は工事の計画機関である行政地方自治体、
民間企業、施工請負業者から依頼を受け、工事
施工前に建物や工作物(損傷の状況写真・各種
傾斜・水準測量)などの記録撮影をはじめとし、
各種計測調査を実施し、報告資料を作成します。

私共の呼称はデータリンク。

この先、業務に関連した情報を発信したいと考え、
このサイトを開設しました。

その内容は業務関連に限定したものでなく、多岐
にわたり、思いのままを綴ろうと考えております。

担当 М助 О次郎

   

コメント

非公開コメント