FC2ブログ

先見の明

平成30年(2018年)
06 /24 2018
ブロック塀画像フリーで検索


たぶん大阪の地震による不幸な事故のせいでしょう。

ここ数年調査業務の実態が皆無であるにもかかわらず、何だか急に調査案件の問い合わせが多くなってきているような。

およそ20年前。

数少ないお友達と呼べるIさんと一緒に所属していた建物等調査会社で行ったブロック塀の実態調査。

平塚市の仕事で200軒以上のお宅に伺い、安全基準を満たしているか否かの調査を行いましたっけ。


メタルチェッカー


これはその時使用したメタルチェッカーという検査機。

ブロック塀などに当てると、壊さなくても鉄筋が入っているかどうかが分かる代物です。

神奈川県においても各自治体から役所に問い合わせが殺到しているらしく、過去に実際に調査を行った行政に保管されている資料(調査報告書)に名前の出ている会社や調査員を追ったとでもいうんでしょうかねぇ・・

結局流れ流れて私に連絡が入ってきている・・そんな馬鹿な⁉

もしかしたら入札の際に札入れの見積がたてられないとか。

確かに分布図の作成所要期間や人員配置、実際の現地調査に至るまでのスキーム、報告書納品に至る調査計画や一軒当たりの単価設定などは関わった者でなくして見当がつかない調査カテゴリーですが。

仕事欲しさに安い値で取っても契約不履行になってしまう可能性は大ですね。

問い合わせでもお答えしているのですが、結局は権利者さんとスムーズに会話が出来るかとか赤字にならないようなスケジュールが組めるかといった会話力にかかってきていると思います。

現地調査の内容は単純ですからね。

おのずと調査単価はこの調査方法で逆算できます。

そんな訳で今週、久々の生粋ので~りん調査人として役所に行って参ります。

調査案件として先見の明を果した調査発注者である平塚市と昔所属していた調査会社に感謝せねばなりませんね。

貴重な経験値をありがとうございます。

それでは、また。

       

経済効果

平成30年(2018年)
06 /21 2018
ラフェスタ


写真は放デイ送迎で使用している車です。

先日児童のお迎え待機中に目の前で起きた接触事故を見て、正直気になっていた車両メンテナンス。

(前回のオイル交換から5,000キロ走ってるなぁ)

朝、ラジオでは夏至のワードが飛び交ってます。

ヘタしたら事業所で過ごす時間よりも長い時を過ごす送迎車両。

よし!暑い夏に備えてメンテナンスかぁ⁉

メンバーズカードのポイントも沢山入っているため、オートバックスまで行って来ました。

前回はディーラー車検でオイル交換とオイルエレメントを交換しているのでオイル交換だけでいいかも知れませんね。

夏用の低粘度100%化学合成オイルをチョイス。

銘柄や謳い文句よりも粘度や成分が肝です!

抜き替えだけでしたが送迎業務におけるシビアコンディションが想定されますので、エンジン保護の添加剤も注入しておきました。

そして交換後エンジン始動!

う~ん・・なめらかぁ~♡♡

しかし・・事業用車両保険とガス代にメンテ等のランニングコストで月々最低でも6万円以上の万札が吹き飛ぶ送迎用車両。

EVカーならガス代も三分の一以下だし、充電設備にソーラーをかませば四分の一以下の電気代で済むはず。

モーターだからオイルや添加剤も必要なしかぁ・・

EV市場に本腰入れた中国にどんどん引き離されている日本。

随時チェックしているEV考察をもう少し掘り下げてみようかと思ってしまいましたョ。

何気に流れるカーラジオ。

夏至のワードをつぶやくだけで数千円使ってしまった訳ですから、そのアナウンス効果は絶大であると信じて疑いませんね。

それでは、また。


繰り返す過ち

平成30年(2018年)
06 /13 2018
神無月画像フリーで検索


(腰悪い画像フリー)のワードで検索したら、こんな画像に・・

先週金曜日の珍事です。

放デイ勤務の前に単身で不動産広告の写真撮影のお仕事に行かねばなりませんが、どーしても気が進みません。

どーやら告知事項アリ物件という、詳細理由に関しては不明なのですが、亡くなられた方が出た物件だったものでして・・

けれど一度受けてしまったオファーだしなぁ・・

最初から告知事項アリ物件と分かっていたらお断りするのですが、元請さんもやはりそこは考えておりますよ。

オファーの入り口の段階では大まかな物件所在地を告げて来て、請けた後に物件詳細資料を送るシステムを取っています。

(こーいうリスクがあるんですねぇ・・)

今後は受注を少し考えねばなりませんね。

台風と梅雨前線の影響で晴れ間の見える日はこの日しかありませんので、結局一人で現場へ向かい、内心相当ビビりながら現場を完了させました。

午後、放デイの勤務先で塩を借り、お清め。

けれど思った以上に緊張を伴う作業だったのでしょうか・・なんか・・腰に違和感を感じます。

夜、放デイでの業務が完了し帰ろうとしたら・・あれれれれ・・⁉

腰に激痛が走り、ほとんど歩けません。

普段なら数分で辿りつく事務所へ数十分かけて近隣建物の塀伝いに涙を流しながら戻ります。

その日の晩は地獄です。

入浴は諦め、歯磨きやウンコも大量の涙失くして遂行できません。

しかし幸いにして放デイは土日がオフ。

そして二日間、寝たきりで過ごします。

月曜日。

随分回復しましたがヘッポコ歩きの状態です。

なのでやむを得ず午前中に病院に行きます。

午後は放デイでしたが指導員業務を外してもらい、送迎業務のみ。

昨日も同様の変則業務としてもらいました。

そして昨晩。

屈伸運動が出来るまでに回復!

霊長類最速の回復能力を発揮するのです。

(明日から通常業務に復帰できそうじゃ)


0001.jpg


そしてキレイに晴れた本日水曜日。

午後の勤務前に補修途中だった放デイのテーブルを仕上げてしまいましょうか!


0002.jpg


粗削り用の120番と仕上げ用の320番の紙ヤスリ。


0003.jpg


元々裏側の仕上げはベニヤ材。


0004.jpg


120番の粗削りだけでもいいのですが・・


0005.jpg


やっぱり320番も施工してしまうこの性格です。


0006.jpg


木ネジの締め付けトルクに気を遣いながらゆっくりゆっくりと脚の受け側の金具を戻します。


0007.jpg


脚を戻し、強度の確認です。

う~ん、多少乱暴に叩いてみても平気みたい。

使いながら強度を確認し、問題無ければ後日塗装でもしてみましょうか。

そしてうかつにも片手片足でテーブルを持ち上げた瞬間・・・・あぁ!!

この腰の違和感は何事じゃぁぁぁ~!!

(喉元過ぎれば熱さ忘れる)

本来の意味とは違うのかも知れませんが、こうしてまた腰の完治が遅れ、事業所に迷惑をかけるという情けない輩でございます。

ゴメンナサイ・・😢

本日も送迎業務に限定させて頂きます。

それでは、また・・



で~りん的恩返し

平成30年(2018年)
06 /07 2018
001.jpg


お世話になっている放デイの備品。

新品のテーブルの脚の結合部がポロリ!

おそらく脚と天板をジョイントする受け金具の取り付けトルクが強すぎてしまっていたのだと考えられます。

鍋タッピングを強く締めあげてしまったので、天板の内部が剥離してしまったのでしょう。

ニトリのテーブルはベトナム製。

電圧負荷の異なるお国でしょうから仕方ないのかも。


002.jpg


とりあえず金具を外し、内部で剥離してしまっている箇所をカッターで思いっきりガリガリと削り取ってしまいます。


003.jpg


欠損したベニヤ材を軽く乗せ、少しアンダーになるくらいがベストです。


004.jpg


なぜなら、最近品質の向上を図ったセメダインブランドの木工ボンドを厚塗りしたいもので。


005.jpg


ほ~ら、こんな風にベットリと・・

天板の内部は目の粗いパルプの集積材なのでボンドが染み込み痩せるので二回に分けての厚塗りです。


006.jpg


本当は万力かなんかで圧着したいのですが、そんな都合よく道具が揃っておりませんので、ただひたすらに体重を乗せて押さえつけること5分強。

何とか動かなくなりましたので白いボンドが透明に変わるまで硬化するのを待ちます。


007.jpg


そして硬化時間と強度のバランスの取れたセメダインブランドの秀逸な補修材である木工パテの登場でございます!


008.jpg


ベニヤ材がささくれ立って児童がケガでもしたら嫌なので、完全硬化したらきれいにサンドがけする予定です。

実際の所要時間は20分チョイですが、硬化時間を加味するとこのまま二日は欲しいところです。


009.jpg


普通に買い直せば5,000円くらいなんでしょう。

しかし児童が残したこの落書きにも何かしらの意味があるかもしれないと考えると、壊れたからハイ買い替えましょうとはならないのが放課後デイサービスという場所です。

この落書き、もうすこし残してあげましょうか。

出し惜しんでも仕方のない家具補修メンテ技。

くすぶったロートルを雇い入れてもらった恩返しで~す!

それでは、また!