FC2ブログ

初体験

平成30年(2018年)
05 /29 2018
健康診断画像フリーで検索


社保による健康診断・・

記憶の限りでは五十路を目前として初めてです。

恥ずかしい話、健康診断は少額実費負担で国保でという経験しかありません。

今お世話になっている放デイの事業所で基本的な健康診断を全額事業所負担(もちろんオプションメニューは自己負担)で行くように勧められましたので、「それではお言葉に甘えて・・」っとなったわけでございます。

もし勤務日と重なれば、診察の際にも時給を発生させてくれるという太っ腹。

診察は午前中の勤務時間外なので、さすがに時給発生はお断りしましたが。

世間様では当たり前のことなのでしょうが、何かいちいち感動してしまうんですよね、こ~いった粋なはからいが。

人様の大切な児童を預かるこの仕事。

正規非正規は雇用契約上の色の違い。

両者が児童と接することには何ら違いはなく、指導員の健康管理は事業所の義務であり、児童が安全に過ごすための必要処置である。

企業倫理や社会貢献の尊守といったコンプライアンスを頑なに貫き通す現事業所なんです。

いやいや、ホント頭が下がります。

今宵は飲酒を控えないといけませんね。

それでは、また。


腐らぬ経験

平成30年(2018年)
05 /20 2018
自作CD1


放デイパート先が設立開業一周年を迎えました。

なにかお祝いでも・・そんな余裕は無いなぁ・・

そこで貧乏人は知恵を絞るのです。

ただの記念品ではとてもショボいし・・

そこで業務に直接活かせるようなモノでも!となるのですが・・金をかけずに一体何ができるのでしょう。

先日、送迎の業務で使用していた車両のオーディオ&ナビがリコールで一週間ほど修理に出し、無音走行による児童達への精神的悪影響について痛感しました。

長い時には送迎やイベントで一時間も車に乗っていることを考えれば、車内空間への設備投資って侮れません。

テレビやDVDが御法度なのは解っております。

自宅に着いたのに車を降りたがらない児童が続発してしまいますよね。

そこで音楽に限定されるのですが、忙しさを理由にしてデータを更新するのを怠っておりましたので、ここは一昔前によくやっていた仕事の移動中に快適に移動できるハイになる曲を集めたオリジナルCDでも贈ってみよう!っとなるわけでございます。

私の放デイ&福祉関連のパート業務もおよそ一年になろうとしているので、どんな感じの曲が職員と児童にいい影響があるのかのデータも揃ってまいりました。


自作CD2


数年前、自分の子供の卒業謝恩会でスライドショーDVDの編集制作を担当した経験は無駄にはなりませんでした。

貧乏人こそ過去の経験を活かさねば!

正確には一枚数十円のディスク代と制作時間の労力が費やされ、まるっきりの無料でもないのですが、でも・・まぁ・・ねぇ。

本業の建物調査がすっかり干され、数年使用していないCD-Rやキャノンのダイレクトインクジェットを使用し、職員の数のぶんだけ、そこそこ見栄えのいいCDを作ってみました。

でもただのドライブ用CDと侮るなかれ!

相応の知恵と経験を余すことなくフィードバックさせた知的財産にも値する編集であると自負致しております。

使用曲自体が著作権の塊なので売り物にならないところがもどかしいですね⁉

それでは、また。



環境の生きもの

平成30年(2018年)
05 /02 2018
00001.jpg


すごいですね~アマゾンプライム。

早朝に注文した商品が昼に届いてしまうなんて。

写真の品は車のエアコンフィルターでごわす。

家の車は7人乗りの5ナンバーサイズなので放デイの送迎車にはピッタリ。

今お世話になっている放デイの事業所で使用して下さいと申し出たところ、(タダで使わせてもらう訳にはいきません)ということで、なんと車両に関わる維持コストを100%出してもらっているのです。

駐車場・任意保険(無制限車両付)・ガソリン代・メンテナンスなど。

年間に換算したら三桁を越えてしまう維持費を負担してもらう事になるので、逆に申し訳ないような気がしておりました。

そこまでしてもらえるのならば、同乗する職員さんやデイ利用者さんには出来るだけ快適な空間を提供し過ごしてもらいたいと考えることは自然な流れだと思いませんか?

ディーラーで見積もったら交換工賃と部品代で1万円近くかかるので、ここはちょいっと頭をひとひねり。

運行安全性に関わるメンテナンスとも違いますし、料金的にも部品代(1,000円ちょい)だけなので、これくらいは自分でやってしまいましょう!


00002.jpg


助手席の足元辺りから取り換えます。

矢印の部分がフィルターケースの留め具です。


00003.jpg


もっと寄ってみましょうか。

ここです、ここ。


00004.jpg


その留め具を外して磨いておきます。


00005.jpg


2~3年前に交換したフィルターが見えますね。

あれれ・・汚れてないかぁ~?

でも騙されてはいけません。


00006.jpg


フィルターを引き抜き、ケース内もきれいに。

割り箸に除菌ウェッティーを巻いて拭き拭き拭き・・・


00007.jpg


ああ、やっぱり・・正体は黒カビでしょうかねぇ・・


00008.jpg


エアーブロワー等も使ってブシュ―っとやってホコリや虫の死骸をできるだけ取り除きます。


9.jpg


ゴ〇の卵の殻など、あまりにも恐ろしいので引きの写真でご勘弁願います。

一番右が新品のフィルターです。

色が全く違いますね。


10.jpg


そして新品のフィルターをセットします。


11.jpg


留め具を戻してハイ完了!

放デイでは車での長時間移動を伴うことも少なくありません。

シートや足元を除菌スプレーでシュッシュしても、エアコンからの風がカビの胞子だらけではねぇ・・

これでしばらくの間は職員も利用者も清潔な空気に包まれることでしょう。

人とは環境の生きものと聞きます。

車両維持コストを負担してくれるという有難い環境に対しては、善意で応えたいと思うのです。

それでは、また・・