FC2ブログ

8年目のはじまり

お仕事( 全般 )
01 /31 2017
トップ画面

О次郎力作のでーりんホームページ。
どうやらもう既に完成し公開していたらしい。

早速検索エンジンに(データリンク)を入力。
しかしいっこうに出てこない。
(検索エンジンにURL登録したのかなぁ・・)

聞けば登録していないとのこと。
よってURLを入れなければ見られないのだ。

理由を聞いてみてもよく分からない。
滑舌の問題でもなさそうだ。
相変わらず独特な感性の持ち主である。

しかし掘り下げるつもりもない。
奴がその気になるまで待つとするか。

さぁ、遅れたが明日は今年の初現場だ!
なんか本業忘れちゃったなぁ。
ヤバいヤバい。
今晩イメトレで就寝だね。

担当 М助



税理士の感

お仕事( 全般 )
01 /29 2017
ビジネスマン

今年始め、とある税理士事務所に訪問した。
で~りんの法人化プランを披露するために。

実はこの税理士さん、顔見知りの方である。
その昔、私が役員をしていた謀調査屋時代。
私が退職した後、働かない社員に食い潰され、
結局夜逃げしてしまった代表者の同級生だ。
会社であるとは言い難いその吹き溜まり。
そんなものに付き合ってくれた方であった。

そんな経緯があるので、若干気が引けた。
でもある意味、調査屋稼業の内情を知る方だ。
現状をさらけ出せば客観的な意見が聞ける。
現状とこれからの展望を話し、ご一考願った。

本来税理士の判断の範疇ではないのだろう。
しかし、その判断を重要視したのは訳がある。
補償調査屋の最悪の環境を知ってるからね。

そして早速先週初めに連絡が来た。
訪問してから法人成りの判断をしたいとの事。
して昨日の土曜日。
カビ臭い事務所にお越しいただいたのである。

結果、一年、青申で様子を見ましょうとのこと。
・・・だろうね。
しかし、気を遣ってくれ、フォローはしてくれた。

過去の白色申告の状況や売上は悪くない。
また、キャリアや設備等の風体も十分である。
普通ならば即法人化は有りだろう。
しかし、だからこそとの判断らしい。

どうやら一週間、色々調べてくれたらしい。
伝手をあたり、業界全体を見てくれたようだ。

税理士という仕事。
きっと沢山の会社の血の流れを熟知してる筈。
そんな税理士の客観的判断が意味するもの。
机上判断以外のリスクを肌で感じたのかな。

どうやら私が感じたそれと同じ感覚なのかもね。

担当 М助




手薄感、ごめんなさい!

お仕事( 全般 )
01 /27 2017
ごめんかえる

新サイトの記事がまとまらずこんな時間に。
本業ベースのこのサイトが手薄気味かよ。

さて、アップ画面にしてみたが・・・。
本業の現場が動くのは2月からかぁ。
するとやはり、本業HPの進捗状況か。

実はもう公開しているのだが・・・。
しかしページ工事中の文字を貼ったまま。
検索エンジンへの登録がまだである。
どうやら、レイアウトに困っているみたい。

かっこよくなったら告知します。
乞うご期待。

担当 М助




餅は餅屋

お仕事( 全般 )
01 /26 2017
餅つき
何かにギブし、このタイトルに至った訳でない。
ましてやこの建調サイトの話ではない。
О次郎HP構築作業に該当する訳でもない。
試用施設サイト(しあわせプローブ)のことだ。

ほんの10数年前。
必要に駆られ、嫌々いじりだしたPC。
長くワープロ小僧だった私には辛かった。

最近は何ら抵抗なく必要な機能を使える。
ネット環境も大幅に快適になった。
分からないことは調べながらいじれる。

生活に支障のない新しいモノは基本奥手。
派生新種のスマホやらアプリやらはどうも。
使いはするが、使わされている感が強い。

新サイトはパブリックに発信したいと考えた。
拡散や告知は派生種すべてがリンクする。
時間的に攻略が困難なので古い手を使う。

先日、芸能界に近い恩人に告知をお願いした。
するとどうだろう。
三日前に開設したフェイスブックが鳴り響く。
使い方が分からないから怖くて触れないよ。

長年IT業界で生きる先輩にも連絡した。
素人サイトをプロの目でチェックしてもらう。
幸せプローブ(精査)する前にサイトの精査か。

サイトの運営と呼べる領域の扉が見えたとき。
尊い協力者には全身全霊でその恩を返そう。

やっぱり(餅は餅屋)なんだよな。

担当 М助



実りあるハードル

お仕事( 全般 )
01 /25 2017
hp制作中

HP作成でО次郎が苦しんでいる。
使用フォームやカテゴライズは決定してる。
各ページの背景もとりあえず貼付け完了。
よってあとは文言で埋めるだけ。

数日、大手同業他社のページを参考に開く。
こう言っては何だが、ちょい昔すぎない?
10年以上前のモノばかりかなぁ。
モノを売るフォームじゃないから仕方ないか。
しかし誤字脱字や情報更新はねぇ・・。

よって参考に出来る部分だけ学んだようだ。
あとは新しい概念でカスタマイズする他ない。
だが打込んでは消しての繰り返し。
当たり前かぁ、見本が存在しないのだから。

でも悩むО次郎には悪いがこれっていいかも。
だってさー、巷ではHP作成で数万円~でしょ。
誤字脱字そのままでも月何万円とか。
年間合算で数十万数百万なんてぇのも。

最近好きな(だいぽん)さんという方のメール。
あ、メルマガか。
その中にもHP作成代行の方のネタがあった。
事実、フリーでやっている方がいるんだね。

貧乏だけに人任せが出来ないで~りん。
そのおかげで他社のやる気度が知れた。
今後の公開ページのカスタマイズも出来る。

知恵だけは豊かに育んで歩んでゆこうか。

PS.
私設サイト(しあわせプローブ)更新しました。
リンク貼り付けはまだしていません。
色合いが違うので、もう少し考えます。

担当 М助



で~りん的スキルアップ

お仕事( 全般 )
01 /24 2017
いつもありがとう

好き勝手に持論展開しているこのブログ。
昨日新サイトを告知した。
アクセスが痩せると思ったが変わらんねぇ。

やっぱり三年以上毎日アップしてたからか。
ある種心の分身として確立したのかな。

新サイトとはテンプレートが同じの色違い。
過去の記事を整理でもするかぁ。

しかし新機能が色々あるのに全然知らない。
独自ドメインのブログなのにもったいないな。
こんなふうに三年以上使うやついないか?

有料プランだから色々勉強しますよハイ。
画像アップ。
テンプレートカスタム。
カラム変更。
アフィリ広告。
リンク貼。
拡散処理。
色々と出来るんだろうなぁきっと。

運営維持費だけでもサイトで賄えないかね。
どーしたって建物調査やりながらだとねぇ。
ポテンシャル余して中途半端が否めない。

どこかにアフィリ運営詳しい方いませんか?
自分で高い授業料出す余裕は無いんだなぁ。
専門社員としてで~りんで働きませんか?
あるいは出来高でコンサル料も全然あり。

けっこう真面目に探しています。
お心当たりのある方、ご連絡ください。

担当 М助

公私区別は着実に

お仕事( 全般 )
01 /23 2017
公私混同画像フリーで検索

公私混同のワードでフリー画像を検索。
するとすっかり影を潜めた方の画像ばかり。
個人的に何の恨みもないので黒帯貼った。
しつこいようだが全く内容とは関係ない。

週が明け予定していたで~りんHP作業。
しかし担当主任のО次郎は忙しい。
たぶん最後の作業となるモグリ税理業務だ。

先週末、税理士先生から連絡があった。
必要書類をまとめて週明けに提出せねば。
よって四苦八苦で勤しんでいるのだ。

申請当事者である私は何してるって?
別に遊んでいるわけではありません。
クソミソだったサイトの整理をしているよ。

HPは現本業である建物調査のお仕事用。
ブログはページ紐付用に整理するか考え中。
とりあえず公私の区別をしなければ。
しかし1200以上あると面倒なんだなぁ。

で、とりあえず新サイトを作ってしまった。
HPのページリンクを貼る前にアップもした。
正直、公私の隠し事が苦しいこともあった。
これからは本音と建前が両立できそうだな。

新サイト名は(しあわせプローブ)です。
未来の幸せを探査・精査する工程を公開。
して、プライバシーを最大限綴っている。
待ったなしの切迫感を表現したいと思う。
文脈のぶつ切りはスマホ画面用を考慮。
いつも半端に段落してたからちょい工夫。
テンプレートは当サイトの色違いをチョイス。
参加型のサイトにしたいので変更するかも。


しあわせプローブの文言で何度か検索。
一昨日はダメだったけど今日はイケます。
まだリンクするかは決めていません。

もしよろしければご訪問ください。
拡散リンケージの専門家も教えてください。
それでは、よろしくお願いいたしまぁす。

担当 М助 ⇔ 父ケロ



大切な未来のために

お仕事( 全般 )
01 /20 2017
みなとみらい赤レンガ倉庫

先日、О次郎とみなとみらいの赤レンガ倉庫に行った。
めずらしく、О次郎からの提案である。
倉庫近くに車を停め、カメラ片手に颯爽と飛び降りる。
(今更だが)ホームページ用の画素材の収集のためだ。
上の写真は何十枚かあるうちの2枚。
(しかしやる気になっているよなぁ、篠山О次郎よ・・・)


2010年2月。
沈没船から脱出するかのように発足したデータリンク。
調査業務と併行し、必死に調査業務の環境を整備。
2013年5月。
やっと落ち着いてきた頃、このブログサイトを開設。
О次郎やK爺はずいぶんシラケていたっけ。
いくらいい仕事をしていても発信しなければ朽ちるだけ。
マイナーニッチでも時勢考慮が必要と感じた。
何本か新規問い合わせもあったが、所詮は私設ブログ。
数か月後には私物化が顕著になり確立してしまった。
自分でも驚くが、本アップで1204回目の投稿である。
未だ無告知なのにグーグル検索では上位をキープ。
ホント不思議な状態である。


まだエンジンを切ってもいないのに飛び出したО次郎。
赤レンガ倉庫へ向かって歩く後姿を見て思った。
もうあいつも2児の父なんだよね。
数年後、その子供が父親の職場のHPを閲覧するかもな。
こんな愚痴だらけの個人サイトじゃ申し訳ないよ。
やつが口数少ないから、ついで~りんを私物化してたよ。


近々(来週あたり)、で~りんHPが出来るはず。
スタッフプロフィールにこのブログを紐付けするかは不明。
だって修正かけるにも1200以上のページ数だからね。
せっかく育ったサイトだけど気分一新で閉鎖するかも。
個人用の新サイトも作っている途中だし。
もしかしたら若干上品な新サイトを紐付けするかもです。

というわけでまた来週!

担当 М助





起因探査

お仕事( 全般 )
01 /17 2017
不登校画像フリーで検索

あと数か月で上の子の不登校が1年になる。
妻には口が裂けても言えないが、分かっていた。
いや、(おそらくそうなるのだろう)と強く感じていた。
当初、相談者の方々からは悲観的になるなと言われた。
当然私も素直にこの予感だけは外れてほしいと願った。
けれど現実としては感じた通り、長期戦となっている。

当初、私はなぜそう感じていたのだろう。
改善させるための要素が足りないと分かっていたからか。

親ばか丸出しだが、ウチの子達は優しく、いい子だと思う。
言葉は無くとも、妻や私に向ける愛情はビシビシ伝わるよ。
たぶんその両親が不仲なことには相当ストレスなんだろう。

昨晩の深夜、極寒の月を眺めながら一服して考えた。
一体いつ頃から夫婦間が乖離したのだろう。
妻の妊娠を知り、安定収入の未来を求めたあたりからか。

出産後すぐにタコ髭会社に見切りをつける。(結果大正解)
その後フリーランス調査員として別の会社に身を置く。
その後О次郎と緊急避難しで~りん設立。(これも大正解)
それから8年。

調査屋業界の体質改善に行き詰まり、鳴かず飛ばず。
安定した収入のある環境には程遠い状況にある。
色々なトライ&エラーを展開するが、未来は暗い。
結局、8年もの間、経済的な不安を払拭出来ずにいる。

考えてみると夫婦不仲の期間と同期するんだよなぁ~。
でも主原因は仕事環境だけにあるのではないんだろう。
やはり己自身が仕事を理由に家を空けたことが大きい。

やはり8年の試行錯誤は長すぎるんだな。
2~3年で結果が出ない段階で方向転換が必要だった。
行ってみれば損切り(諦め)が正道だったのだろう。

でもねぇ・・・。
家族やで~りんの再構築、まだ諦めていないからね。

担当 М助



で~りん調査隊

お仕事( 全般 )
01 /16 2017
マンガ喫茶初体験

うちの子供は(今のところ)マンガ好きだ。
先日、テレビでマンガ喫茶のシーンが出ていた。
想定はしていたが、そのセリフはすぐに出た。

「一度行ってみたいなぁ」

マンガ喫茶、ネットカフェ等。
もうすぐ五十路を迎えるというのに、実は未経験の私。
(うん、じゃぁ今度一緒に行くか)とは言えないのだ。

数年後、親子喧嘩でもしてプチ家出なんかもするんだろう。
一人で入店して危険性は無いのだろうか。
この手のお店って実際のところどーなの?
何かの事情で人目を憚り、寝宿する場所という印象がある。
犯罪者が身を隠していたなんてニュースは意外と多いしな。

未成年者の深夜利用には当然制限があるのだろう。
しかしセキュリティの緩い店は存在するような気がする。
立地条件の悪い店なんかは特にねぇ。
何てったって客商売なんだからね。

私も未成年の15~16才なのに色んな所に平気で入店した。
ディスコ(古っ!)や飲み屋なんかは当たり前に入っていた。
もちろん時代背景は違う。
しかし未成年が大人の店に行きたい欲求は今でも一緒だろ。

さすがにネットでは調べるのにも限界があるんだよな。
よって先ほど、マンガ喫茶の事情通О次郎同伴で行ってきた。
ちょっとドキドキしていたりしてね。

フォトアップしたのは近くにあるマンガ喫茶。
客を入れずに写真撮るのが面倒なくらい普通に賑わってる。
マンガっていう割には客層が高年齢なんだね。
白髪の老人やサラリーマン、OLさん等。
オープンエリアと個室風のブースで飯食ったり昼寝したり。
写真はオープンエリア。
パーテーション付きデスクが所狭しと配置されている。
よって多少のパーソナルエリアは確保されている感じか。

ドリンク無料の飲み放題でおじさん二人が30分を過ごした。
料金は216円(大人二人)だった。

調査の結果、この店は子供一人では入店できないシステム。
よって下見しても仕方がないのだろうが、意味はあるよ。
聞いてみたら親子入店は可能らしい。
日中の陽の高いうちなど、時間帯によっては行けそうな感じ。

しかし懸念材料が無い訳でもない。
これが夏季冬季の休みだったら客層は変わる可能性も。
ナンパ目的で入店する若者が来ないという保証はない。
悪い輩が親子同伴を装って入店アシストすることも有り得る。

いっそ深夜営業や個室ブースをやめてしまえばいーのに。
マンガと一緒に児童図書や制限かけたパソ試聴とかさぁ。
店もオープンカフェ風にして顧客層を親子に絞るとかね。
ちなみにこの店のビルには美容院やネイルサロンもある。
スーパーも近いから父親と子供置いて息抜きできるのに。

いっそで~りんで出店計画してみようか!

担当 М助



焼き直しってか

クレジットカード関連
01 /15 2017
デビットカード画像フリーで検索

先日、かみさんがぽろっと口にしました。
CMでよく見るモバイル系カードに関してです。

「スマホ契約時に発行したけれど、結局なに?」
「電子マネーやらデビットカードでないの?」
「クイックペイってやつも一緒なのかなぁ?」
「・・だと思うけど、いまいちピンと来ないねぇ」

欧米社会ではずいぶん市民権を得ている
デビットカード。

クレカより普及率では上をいくとのデータが
あるらしいですね。

深く調べていないので断言しにくいのですが、
デビットカードねぇ・・。

要はクレジット会社が立て替え払いしないカ
ードってやつでしょうか。

口座にある自分の金の範囲内でしか買い物
が出来ないといったような。

間違えているとお叱りを受けそうですが、現金
主義カードのようなものですか?

私も気付けば2枚発行していたみたいです。

かみさんと同じスマホキャリア系カードやネット
銀行モノです。

感覚的には付随した機能の一部(おまけ機能)
なんでしょうか。

何十年も前から存在は知っていたけれど、利
便性がどうもピンときません。

デビットが使用できる加盟店って気づきません。
いや、目に入らないだけなのかなのでしょうか。

でも確かに最近またこの決済システムのCMが
多くなりましたね。

ネットショップ等でも取り扱いが多くなりました。

例外があるかもしれませんが、基本無審査で
発行できるカードですよね。

銀行に金が入っていりゃあその枠内使えます
よ的なもんでしょうか?

営業時間気にして銀行で現金出さなくてもい
いってことなんですかね。

お釣りの小銭ジャラジャラも無いし。

クレカみたいに使いすぎってことも心配ないし。

デビットなら現金払いに無いポイント還元も
あるかもしれません。

ちょっと穿った見方かもしれない。

人口減少や高齢化社会に伴いクレカ人口が
減少してることは考えられません?

クレカ審査の厳しい人達の数も相当巨大なん
でしょうし。

現金主義マーケットの決済構造の改革ってこ
となんでしょうか。

きっとスマホのQUICPayの普及の障害にもな
るんでしょうね。

最近よく耳にするデビットやQUICPayや電子
マネーなど、結構昔からあったはずの決済シ
ステムの焼き直しでしょうか?

もしかしたら本当に財布のいらない時代が
来るのかもしれませんね。

担当 М助




求人倍率から見える未来

お仕事( 全般 )
01 /14 2017
バイトル画像フリーで検索

なんか最近ピ〇太郎のフォトが多いなぁ。
まぁ、それは別にいいか。
昨年10月からの各分野の求人倍率の数字を見ていると・・。
総体的に盛り上がってきているがIT系はスゴッ!
下がり気味だったはずなのにまた上がってきているなぁ。
しかも他業種を三倍近く凌駕し10%に届く勢いじゃん!
介護関連より人材不足なんでないか?
やっぱりテレビCM本数と世相は連動して反映されるんだ。
何のスキルも手にしていない我々には関係ない話だが。
しかし何だろう・・・。
(本業とはまるっきり関係ねぇーや・・・)
こんな風にスルーしてしまっていていいのだろうか。
情報技術が未来の経済基盤を支えることは確実っぽい。
経済だけではなく福祉やら教育やらいろいろと。
社会インフラ全般のICT化は進むんだろうね。
資金力不足や先行き不透明な受注環境ので~りん。
それを理由に只々ガラパゴス化するわけにはいかんよ。
弱小チームだって未来の動向を探るのは自由だからね。
構築後のシステムを後追いするのは正直体力消耗するよ。
構築過程にあればせめて知識だけでも備えておこうか。
貧乏人にだって未来に備えることは出来るはずだよ。
・・・そーだよねぇ・・そのはずだよねぇ・・・たぶん。

担当 М助

アプリ・・・なのかなぁ

お仕事( 全般 )
01 /13 2017
アプリ画像フリーで検索

シニア層のスマホ移行最新データを探査した。
昨年の9月からたったの4ヶ月で5割に届く勢いだって。
契約移行に力が入っているからって異常な伸び率だな。
しかし使い慣れたガラケーに回帰する動きも若干ある。
でも全く以前と同様のガラケーに戻るのではない。
いわゆるガラケーの形をした簡単スマートフォンか。
アンドロイドとプッシュボタン付きの(ガラホ)ってか。
さすがジョブっちさん。
たった10年で見事に世界のモバイルの形を変えたんだ。
昨晩テレビをつけていると気になることが。
5分に1回の割合でアプリケーションのCMが流れている。
数年前までCMの最後のセリフは(詳しくはウェブで)だった。
最近は(詳しくはアプリでチョン)だもんね。
ネットショップアクセスの約5割がスマホからだって。
上記普及率データの信憑性を探査する気にはならないよ。
この感じじゃぁ予想よりもはるかに早く移行完了するかもな。
個人的にはスマホで買い物ってタイプではない。
しかし先日の通話アプリで思い知った。
もう避けては通れないインフラの一部になるよこれは。
交通機関ではもう既に普通になりつつある。
自販機や店での買い物なんかもね。
自分の店のアプリが存在しない商店などは苦しくなるのか。
アプリ作成プログラムのキーワードで検索したらすぐ出た。
(最下段に広告貼っておきま~す。)
調査報告書の形が変わるのも遠い未来ではないねこりゃぁ。
「で~りんさん、報告書データはアプリでまとめて」みたいな。
ハイハイ、徐々に推移対応準備していますよ。
収入絶たれたら子供が死んじゃうからね。
父ちゃん頑張りま~す。

担当 М助