FC2ブログ

原資0のこだわり

データリンクの未来像
08 /26 2016
0円イラストフリーで検索

で~りん発足経緯。

幾度となく触れておりますが、緊急避難的な
要素が強かったのです。

とりあえず前身会社の継続業務を一段落さ
せるか的な感じでしょうか。

(会社が無くなったんだから知りません)

こんな言い訳は通用しませんでした。

業務の窓口担当として名前が出てしまって
おりましたので。

とりあえず事務所借りて電話引いてカメラと
黒板と傾斜棒とレベル買って・・・

相応の金はかかりましたが、引き継ぎ業務
を数件納めて少しずつペーしてゆきました。

時折「事業立ち上げに関する原資は?」
と聞かれたこともあります。

その時には迷わず「0円ですよ~ん!」と
答えてきました。

実際は0円ではありませんが、世間一般的な
事業立ち上げ原資額としてはほぼゼロです。

とりあえず創意工夫を重ね、何とか死なずに
7年目の今があります。

労働そのものに重きを置いて人生を賭する
概念が存在しない私。

しかし家族の未来を案じ、多少の発展継続
性を秘めた事業を確保せねばと考え改める
ようになり、試行錯誤、暗中模索のここ数年
を過ごしております。

しかし無いですねぇ~。

元手が0円のビジネスって。

どこかの道端や竹藪に脱税の金でも捨てて
ないものでしょうか。

これ、中学生の時と同じ感覚ですね!

こんな頭脳レベルじゃダメなんでしょうきっと。

担当 М助


相関関係

データリンク的職業観
08 /25 2016
ビール坂画像フリーで検索

で~りん事務所のそばには降雪の際に通れ
なくなってしまうほどの坂が多く存在します。

写真のビール坂もその一つ。

毎日同僚を送るときに通る道のりにも結構
似たような急傾斜の坂があります。

で~りん作業車はオーソドックスな軽のオー
トマ車です。

普段から坂だらけの長崎のような街を走っ
ていると、話しながら運転していても無意識
に半ばマニュアル車のようなギアチェンジが
身についてくるものです。

しかしハードな現場が続いた時や体調不良
の時などはそうもいきません。

ボーっとしていると20㎞くらいに減速して
しまい、後続車両に迷惑かけることも。

では排気量が2ℓや3ℓのトルクフルな普通車
ならいいのかと言えばそうでもありません。

いくら高回転可能な大きな余裕のあるエン
ジンを搭載していても、ギアチェンジやシフ
トスケジュールとのバランスを合わせなけ
ればトルクダウンし坂は上れません。

仮にエンジンの回転数をレッドゾーンまで
高めても、ギアがハイだと滑稽です。

ガスは喰うし、うなり音ばかり威勢はいい
のですが、実走距離は全く稼げません。

ひどい場合は坂の途中でガス欠なんてこと
もありえます。

昨日、このビール坂を上りながらふと思った
のです。

ドライブトレイン(パワートレイン)の相関
関係ってこの仕事と似てますね。

ホント恐ろしいまでに。

担当 М助


ソレはソレ、コレはコレ

データリンク的職業観
08 /22 2016
台風画像フリーで検索

今日は朝から街中で川の増水警報や消防
車のサイレンが鳴り響いています。

予報の精度は確実に良くなっていますね。

おかげで今朝の出勤状態は完全にシミュレ
ーション出来ていましたョ。

ありがたいですね技術の進歩って。

こんな台風の時、必ず思い出すのが災害便
乗がお得意の前会社のフルハム社長です。

「ちょっとさぁ、街がこんな状態だからよう、
給与の振込ちょっと待っててなぁ!」

自然災害を理由にほぼ100%出勤拒否し、
支払い関連を引き延ばす常習犯でした。

雨だろうが雷だろうが嵐だろうが、給与の
支払い日は必ず決まっていることです。

雨風で金が溶けて無くなってしまうのなら話
は別ですけど。

だからもう台風×警報サイレン=給料の遅
延という方程式はウンザリなんです。

この経験の教訓をで~りんとしてはシッカリ
と活かしておりますよ、フルハム社長。

高精度な予報を活かし、ダークな天気の前
日はイメトレをしながら出勤時間を早めます。

憂鬱な天気の時には給与振込を早め、気
分の沈み具合を抑えるのです。

成果納品の遅延により入金が無い先月と
今月。

しかしちゃんとボーナス(寸志程度で恐縮
ですが・・)も出しましたし。

内部留保にも限界が来ていたので、借入と
なってしまいましたが、まぁ仕方ありません。

自我自賛で申し訳けありませんが声を大に
して言わせてもらいます。

偉いぞ!で~りん!

担当 М助


確信の領域

現場日記
08 /20 2016
雨雲画像フリーで検索

昨日の段階で本日は終日雨天であることは
予報により分かっておりました。

しかし予約コーディネーターからは前日であ
る昨日の段階で変更の連絡はありません。

それどころか朝一が立ち合いだから遅れな
いようにと釘を刺している状況です。

雨だろうが嵐だろうが、強行突破し調査を完
了させる意思表示なのでしょうねきっと。

それならそれで構いませんよ。

お付き合いしようではありませんか。

とりあえず変更の電話するのも面倒だから
現地で様子見て決めようなんてことはない
でしょうね。

人材を拘束し確保するということを軽んじた
行為であったらなら、キツく成敗しますね。

または現地で解散指示が出たら、日当二人
分を満額で別口請求します。

そして今朝、案の定、朝の現地では雷を伴う
ドシャ降り状態です。

持参した折り畳み傘など役に立たないレベル
の降雨量です。

すると予約コーディネーターが信じられない
セリフを口にするのです。

「・・こりゃあ今日は無理かなぁ・・」

一瞬蹴り殺すために必要な筋肉に力が入り
ましだが、まぁ慌てません。

陽が落ちるまでにはまだ数時間ありますし、
で~りんには神通力が存在しますしね。

パンツまでが濡れるほどの大雨の中、空を
睨み付け立ちすくむこと1時間半。

若干遠い空の方角が明るくなってきました。

(あと1時間もすれば晴れるかも・・)

ジョナサンで早飯をしながらその時を待つ事
にしました。

そしてついに!きれいに晴れ上がりました。

ここでひとつ、確信したことがあります。

悪天候とは耐え忍ぶものではないのだと。

ただ強く念じ続け、雲を動かせばいいだけな
んですね。

予約コーディネーターさん、で~りんが現場
担当で良かったですね。

手ぶらの無成果で帰って請求書だけ受け取
る事態に見舞われずに済んだでしょ。

担当 М助


調査屋ラプソディー

内業日記
08 /10 2016
納品モノ

左側の箱は今月半ば過ぎに調査を終える予
定の現場の事後報告書報告書です。

後日2軒分の対比調査の写真を差し込んで
おしまいです。

右側は今日の午前中に行った事後調査報
告書です。

これは今日撮影した対比写真の焼き待ちの
状態です。

ファイルのミテクレが発注者色の強いものな
のでフタは開けらませんが。

納期サイクルを究極に早める夏休み自由研
究はまだ終わりません。

狂気の沙汰と揶揄されそうですが、まぁ笑わ
れてもいいんです。

やってみて解る新しい発見は格別なんです。

けれども狂気というより狂詩曲と呼んでほし
いものですよ。

結構なスキルなんですよね、これ。

それではまた。

担当 М助

夏休み研究

内業日記
08 /08 2016
夏画像フリーで検索

既存現行業務と一般向け新規業務の一挙
両得計画に邁進するで~りん。

設備投資をしてしまう前に既存業務に関し
ての実験を繰り返しております。

なにせ既存業務の効率化無くして新規業務
なんて無謀ですからね。

ここ4現場の製本は軒数に関係無く事前も
事後も現場最終日を数えて三日以内での
納品を心掛け、実現しております。

そして明後日、本夏5本目の事後現場で新
たな挑戦に挑もうと考えてます。

対比分の厚みを加味し、現場を消化する前
に製本を作ってみようかと。

そして既に事前の関連資料は対比用に準
備し、製本ファイルも作成しました。

後は事後調査結果を反映させた資料を差
し込むだけです。

しかし、この試みはあまり新しい試みでは
ありません。

既に昔から実践しております。

ではいったい何が新しいことなのか。

事後挨拶の聴取段階での申し出事項を反
映させた考察所見を纏めるのです。

これは中々スピリチュアルな世界観です。

実はただ単に新方式の事後考察所見を編
み出しただけなんです。

ヒントは裁判資料と医療関連の考察所見。

これ、事後報告書を手にした方々の異論や
反論がものすごく減るような予感がします。

元々公文書のスキームだから、お堅いお役
所発注の仕事では最適かも知れません。

よって現場完了前に夏休みにしてしまおう
ではありませんか!

・・と言いたいところですが、新規取扱業務
の種蒔き含めての飛び石夏季休暇です。

それでは皆様、良い夏をお過ごしください。

担当 М助


遠い日の夏

М助
08 /06 2016
遠い日の夏画像フリーで検索

本日は同県内なのに半端に遠い事後現場です。
車中では平和祈念式典が放送されています。

現場に着いたらもうそこは炎天下。
大汗を流しながら事後調査に挑んでいました。

昼に30分休憩を挟み、1時半には4軒の事後
対比調査を終えました。

(あれ?なんだこの疲れは・・)
たったの事後4軒でこんなに疲れるなんて。

軒数消化の机上成果ではたったの4軒。
事後4軒では赤字と教育されてきた身なのに。

すると15年ほど前の記憶がフラッシュバック。
真夏の炎天下の事後調査、場所は鎌倉です。
フル精査の対比で午前中にビルものを4軒。
午後には神社仏閣ものを5軒。

当時はネガフィルムだったから大変でした。
36枚撮りフィルムは簡単に20本は超えてます。
それでもヒグラシが鳴く前に調査は終えました。

(下請け孫請け仕事は一日フィルム20本!)
(1班のフィルムが20本を切れば会社倒産!)

当時の調査会社、Y社長の口癖です。

やっつけ仕事のいい加減な人だけど、下請けや
孫請け専門の零細企業の状態から会社を大きく
した実績に対しては、誰も文句は言えません。

唯一信憑性の高いデータだったのでしょうね。
事実、私が退職した後、現場のフィルム本数を
減らした会社は数年後に潰れましたから。

元請の仕事。
下請けの仕事。
孫請けの仕事。

それぞれの立場で放つ矢の数は異なり、皮算用
は大きく異なるのでしょうね。

では在籍した会社は偶然に倒産したのでしょうか。
いえ、そこには潰れる思考構造が存在し、回避す
るための方法論に穴があったと考えられます。

それぞれのチームの立場を維持するためには、
そのチームが最低限食うために必要な仕事量が
必ず存在するのでしょう。

元請けの仮面を着けて仕事をしていると、つい
元請け仕事量でいいやとなりますからね。

倒産した会社を結果論だけで表現するならば、
潰れたのではなく潰した事になり得ます。

戦争の歴史と同様に過去の記憶から学ばねば。
(調査で生きる)と公言するなら尚更でしょうね。

担当 М助

ミニラボですかぁ

フォトスタジオで~りん
08 /03 2016
ミニラボ画像フリーで検索

今時DPE ラボなんて食えるんですかね。

そんな疑問を持って調べてみると、やっぱり
大手に絞られて厳しいみたいですね。

建物調査のお仕事では月に何千枚もの写真
を使います。

ちょっと一世代も二世代も古い報告書スタイ
ルなのです。

ここ数年は個人情報の流出の問題でむやみに
プリントせず、カラーレーザーで対処してい
ますが、写真本体を台紙に入れる仕様の報告
書だとコスト的にあいません。

どうせなら設備整えて自社工場にしてプリン
ト屋の看板掲げて一般客も受けましょうか。

それとも取次店契約でネット環境や決済シス
テムを併用させてもらうとか。

調査会社のかゆいところに手が届く、調査
屋専門ラボってえのもありでしょうか。

まぁとにかく、調べて動いてみなければ何
も始まりませんか。

担当 М助


進化しなければ嘘

アウトソーシングのご案内
08 /01 2016
成果品フォト

写真はで~りん直請けの調査報告書です。

左が合冊の3軒分。

右が戸別配付用の1軒分。

予約キャンセルで調査が出来ていなかった
1軒を本日の午前中に消化しました。

そしてなぜだか午後の段階ではこうして成果
品の形が出来上がります。

もちろん今日以外の物件は先々週に終えて
いたのでまとめてあります。

2軒分の製本の所要時間は3時間ほどです。

仮に3軒分を一気にまとめても4時間チョイ
だったでしょう。

ラフデータを拾う段階からメスを入れ、成果
品に組み上げるまでの全ての工程も見栄え
が劣らない程度に究極にコストと効率性を
追求しております。

なぜこんな自慰行為的ネタを披露するに至る
のでしょうか。

決してクソガキのようにドヤ顔で誇るネタでは
ありませんので誤解のないように。

20年以上前の疑問がまだ解けていないだけ
なんですね。

そんなに楽な仕事でもない筈なのになぜ調査
会社は幸せになれないのでしょう?

進化することを放棄したナマクラ先人をこき
下ろすことにはもう飽きました。

不幸の原因がどこにあるのかはとうの昔に
つかめており、非難することに終始する段階
にもありません。

しかしいくら原因が解明されても、何も策を
練らなければ不幸のままなのです。

今、で~りんは究極に鍛え上げられた内業
システムの商品化を構築しております。

人材や設備の確保と維持に疲弊し、拡大安
定性に欠ける調査屋稼業。

ここ数日、頭に浮かんでいる大それた目標
なんですが、せめて内業の部分のソリュー
ションプロバイダーとして確立出来はしない
でしょうか。

なにせで~りんは未来の環境を造っている
真っ最中ですから。

担当 М助