FC2ブログ

ながら運転

データリンクの未来像
10 /31 2015
でーリン的カラーブロック

仕事の合間を縫ってジンドゥーのホームペー
ジの社標(ロゴマーク)を作り、遊んでます。

エクセル2003でもいろんなことが出来るので
発見があって楽しいものです。

美術でも学んでいたなら、カラーブロックの
法則的な知識が活躍しそうですね。

通常ロゴマークってその会社やらチームの
理念に沿った方向性があるはずです。

そんなパターンチョイスで絞込みが可能な
んでしょうね。

(ながら運転)でのホームページ作成。

チームでーりん的には、主軸となり得るテー
マがぼやけまくっています。

(何をするのか、したいのか)のピントがあま
いのです。

しかし落胆とは無縁なのです。

むしろこの(ながら運転)って実に性に合って
います。

思えば視野のぼやけた濃霧の中、アクセル
全開で生きてきたような気がします。

でも人生で確固たる目標が設定されていて、
ひた走ることの出来る人ってどんだけいるん
でしょう?

色んな道草しながら歩み、振り返れば軌道
を描いていたというような人のほうが多いと
思うのですが。

散歩で得られることの豊かさってバカになり
ませんよ、あくまでも持論ですが。

O次郎あたりはこの濃霧のアクセルオンが苦
手でしょうか。

「行き先が分からないのに車走らせてどうする
んですか。行き先決まったらお声かけ下さい。
そしたらガソリン入れて車の点検しますから。
早く行き先決めてくださいよ。とりあえず指示
があるまで漫画読んでますので。」

かといってこの男は計画的かつ確実で無駄の
ない効率的な人間ではありません。

典型的な指示待ちタイプでしょうか。

むしろ未来予想図の策定と無縁なところがカ
オスなんですよね。

話しがそれましたが、この(ながら運転)という
表現はやめにしましょうか。

色んなヒントを探し、拾い集め、厳選し、テー
ブルに並べてチョイスしてみたい。

ただ歩いているわけではないですからね。

備えて今自分に出来ることを確実にしている
だけのことです。

最近(でーりん)に実験や研究を意味する
(ラボ)を付けようとしています。

研究に無意味な実験なんてないはずです。

出来ることをとりあえずやってみてデータを
拾っている状態です。

実験中に出会いやヒントが転がっている可
能性は高いですからね。

担当 M助


レンタルスペース

データリンクの未来像
10 /30 2015
レンタルスペース画像フリーで検索

そう言えば下の子の卒園謝恩会会場の相談
を受けていたんだ!

心当たりは無かったのですが、来年の春前の
ことだろうとのんびりしておりました。

・・まだ10月なのに近場の公民館なんぞは
もう取れませんでした。

よって民間のレンタルスペースに着眼してみ
ますと・・・無いもんですね。

でーりん事務所の所在地は横浜市です。

近くには野村グループの巨大なビジネスパ
ークがあります。

いつも近くの公園や店などでどこぞやのドラ
マの撮影などをしています。

そんなことを踏まえて考えますと、借りるの
にも結構競争率高いのかもしれませんね。

フォトアップしたのはたぶん都内の民間レン
タルスペース。

オープンカフェの撮影シーンや結婚式の二
次会あたりでよく使われそうです。

しかし、レンタルスペースの営業ってどんな
仕組みなんでしょうか。

仮に経営者が賃貸でその建物の一部を借り、
小奇麗な可変スペースを営業しているとした
ら(又貸)になってしまうんですかね。

それとも土地や建物を所有権にしてから単
発契約で賃料でも取るのでしょうか。

以前ちらっと頭をよぎった事務所兼レンタル
スペース構想は思っただけでそのまま頓挫。

よく調べなかったのがホントのところなんで
すけどね。

とにかく、その土地の持つ雰囲気って客商
売には重要なんでしょうね。

でも、何やるにしてもロケーションって御座
なりに出来ない問題ですね。

担当 M助


ラボラトリー【laboratory】 の響き

データリンクの未来像
10 /29 2015
研究室画像フリーで検索

研究室画像フリー検索で拝借した、とある学
校のラボ画像です。

大学かなんかでしょうか。

チーム呼称としてデータリンクと勝手に名乗っ
てから10年以上になります。

常日頃からこの呼称の響きには何か事務的
な印象が強いと感じておりました。

右から左に受け流し循環軌道にリリースさせ
るような感じでしょうか。

研究とか実験をする小部屋って魅力的な空
気が流れてますよね。

昔かみさん家族と旅行に行った時も、行った
土地の場所は忘れていますが、途中寄った
陶芸体験工房のプレハブ小屋だけは鮮明に
記憶しています。

それは土を練るテーブルの木目やビニール
クロスの花柄まではっきりと。

思い返せば、理科室や図工室、美術室って
いちばん好きな空間でした。

拾った変な色の石を電鋸で切断してみたり、
昆虫に色塗ってみたり。

カラスにやられた半死の雀を治療し蘇生を
試みてみたりてみたり、それはもう色々と。

ラボラトリー・・いいじゃないっすか。

使わせてもらいましょ。

データをリンクさせるラボラトリーですかぁ。

でーりんラボ、Dラボ、DLラボ・・

いい響きなんじゃぁないですか?

担当 M助


不退転の証

データリンクの未来像
10 /27 2015
ビフォー1 アフター1

帰宅後、すぐ風呂に入ります。

安酒をソーダで割り、ほろ酔い気分で玄関前
の狭小ポーチで一服です。

そこで必ず目に入るのはDIYの15㎝厚のカー
スペース兼アプローチです。

10年前、中古住宅一軒家を購入しました。

元々御影の敷石が4枚転がっていました。

ゴミにしてしまうのはなぜか抵抗があったの
で、左官屋さんにその敷石を生かしたデザ
インアプローチの見積りを取りました。

憮然とした若い左官屋さんの表情は優れず
溜息をついています。

(やはりか・・・)

鬼のようにべらぼうに高い見積りを出してき
たのです。

結局、敷地半分車1台分だけのベタ打ちコン
クリート叩きの施工だけにしました。

「手つかずの半分は自分でやってやるよ!」
となるわけですね。

しかし素人が車一台分の叩きを打つのには、
ものすごく時間がかかります。

整地填圧、砕石、メッシュ敷、型枠(写真左)
まで2週間も費やしてしまいました。

(ああ、これからコンクリート練りかぁ・・)

後日、友達のいない私のために作業着姿で
颯爽と登場したのはドニーチョIさん。

セメント、砂、小砂利をホームセンターに買い
に行くこと二万回の往復です。

ものすごくめげる作業でしたが、Iさん持ち前
のトークで疲れを飛ばしてくれましたね。

そして連休を利用し3日間も朝から晩まで手
伝ってくれ、やっと完成したのです。

ビフォー2 アフター2

写真右側は施工後10年経過した状態です。

高圧洗浄等で磨いてはいませんが、いい感
じ出ていると思いますよ。

10年間、現場用作業車が毎日出入りしてい
るのに、クラック(亀裂)は1本もありません。

数年前には近くで家を建てる職人さんが見
せて欲しいと訪れた事もありました。

紅葉アフター クレストアフター

左は北側に4メートルまで盛んに育っていた
紅葉の切り株です。

越境してしまい、落葉樹なので、隣接する若
夫婦の住む家は大迷惑でしたので、最近切
ってしまいました。

右はゴールドクレストの切り株です。

これは6メートル位の勢いで育ちましたが、
虫がついてしまい枯れたので伐採しました。

そういえば数年前にはO次郎の手を借りて
剪定や倒木対策を施しましたたっけ。

半ば強制的でしたが、夏の暑い盛りや凍え
る寒い冬に手を借してくれました。

O次郎の額からは大量の汗が流れ落ち、
頑張ってくれましたよ。

時折、目の前にある工作物は己一人のDIY
で造ったモノと勘違いしてしまいます。

しかし実際はどーなんでしょう。

どんなに強がっていても、私一人では何一つ
構築することは出来ないのです。

(あれから10年も経つのかぁ・・)

暗闇のポーチで一服し、月明りにうっすらと
浮かぶ石畳や切り株に目をやり、思います。

私にとってこれらのしるべは不退転の決意
の証となり、心を下支えしてくれています。

はて、(不退転の決意)とはなんでしょう。

もちろん、でーりんラボ計画の推進を意味す
るわけですね。

無借金で潤沢とは言えないが多少の小銭は
あります。

心を分け与えてくれた温情は毎日ビリビリと
感じておりますよ、お二人方‼

ほんのちょっとお待ち下され。

やっちゃうから・・・でーりん。

担当 M助


で~りんラボ計画

データリンクの未来像
10 /25 2015
カフェ画像フリーで検索

同時にジンドゥーのホームページの顔となる
画像素材収集をしながら考えていました。

フリーランスプログラマー。
フリーランスイラストレーター。
フリーランス漫画家。
フリーランスミュージシャン。
フリーランス作家。
フリーランスカメラマン。
フリーランス料理研究家。
フリーランス専業主婦・主夫。

とにかくなんでもいいんです。

表現する意欲や技術、思いはあります。

世の中キッカケや資金面でくすぶっている人
は結構多いはず。

まだザックリではありますが、そんな輩の吹
溜りのようなフリースペースみたいな場所は
ないのでしょうか?

最初は仮想空間からでもかまいませんよ。

各々の特化した能力の情報が得られ、いざ
というときに結集できるのなら最高ですよ。

(でーりん村出身のホニャララ)なんて肩書
きが認知されるようになれば幸せですよ。

とりあえず考えているだけでは何も始まりま
せんね。

やっちゃえ・・・でーりん・・・てか。

担当 M助


データが諭すこと

データリンク的職業観
10 /24 2015
母子写真フリーで検索


建物調査というジャンルのお仕事。

当然画像データに関しては日々知識を向上
させなくてはなりません。

日によっては1000枚を超える写真撮影をす
ることもあります。

今はデジタル仕様となり、コスト的にもデー
タ管理においても随分楽になりました。

ほんの数年、少し前まではネガフィルムだっ
たのでもう大変です。

納品の時にはおぞましい数のプリントとネガ
原紙集でした。

当然時代の流れで、過去に納品した莫大な
アナログデータはデジタル化に推移しました。

そんなに知られた業務ではなのですが、稀
に変わった業務を受けることもあります。

過去の納品データをデジタル化する委託業
務です。

デジタル化に伴う専用機器や保管条件に適
した記録媒体のチョイスなど、多少精通して
いなければ知り得ない(必要の無い)世界が
待っています。

しかし今日はこんな仕事の話をしたいのでは
ありません。

かみさんと私の現在未使用放置してあるガ
ラケー、壊れたり新機種購入で使わなくなっ
たデジカメやビデオカメラ、OSクラッシュで
使わなくなったパソコン。

先日も触れたように、およそ10年前あたりか
らの画像や動画を整理しました。

記憶の保存作業とも言うべきでしょうか。

年度別にデータを整理していると、イヤでも
色々なことに気付く事となります。

二次元データを閲覧しながら感じたことは、
その時期における己自身と家族との関る距
離感や温度などです。

ビジュアルデータが目には見えない奥行き
のあるデータを提示してくるのです。

10年前には中古あばら家の購入DIYリノベ
や転職起業や子育ての4重苦。

正直、現行年齢に達した状態で同じレベル
のことをこなす自信はありません。

勿論、ベストであったとは言い難いのですが
時折、酒に酔いながら心で自我自賛です。

しかし、こんな慢心の笑みが凍りつき、後悔
の念に変る事態となるのです。

かみさんの古いガラケーの本体メモリーや
SDカードを整理していたのですが・・

私の知らない母親と子供達の日常の欠片が
記録されており、そこには見たことの無い子
供達の満面の笑みが記録されていたのです。

これは単なる記録ではなく喜録や喜億と呼
ぶに相応しいデータの呼称です。

何かと仕事の理由をつけて、小さな子供達
との時間をかみさんに委ねた証拠です。

そうすることが子供達を守ることであると信
じて疑わなかったんです。

しかし私のガラケー残留フォトからは同じ輝
きのスマイルショットは皆無ですね。

残念ではありますが、事実は事実であり、
巻き戻しはききません。

何だか己自身のおセンチな心境に吐き気を
催すのです。

中々強烈ですよ。

過去のデータが語りかけるものって。

担当 M助


始動か試動なのか⁉

データリンクの未来像
10 /23 2015
ジンドゥーメールからコピー

でーりん総合指南役のドニーチョIさん。

事あるゴトにIさんを相手に、纏らないビジネ
スプランを語っていたここ数年。

暗中模索チームの将来を勝手に語り、会う
たびに色々とご迷惑をお掛けしていました。

そのIさんの紹介で(ジンドゥー)という無料
ホームページの作成の案内を頂いた。

何でも、とりあえずホームページのアドレス
だけ登録確保しなさいとの事です。

何がしたいかの意図が明確になったらペー
ジを盛り付けデコりなさいよとばかりに。

そしてすぐに、http://data-link.jimdo.comで
登録を完了してもらいました。

チームでーりんの通常業務のアングラワーク
は一般的な情報発信に向いた職種ではあり
ません。

なにせ個人ユーザー相手に仕事のオファー
が皆無な仕事なですから。

実はここ数年、地団駄踏む思いばかりをして
相当に苦しんでいました。

地団駄踏むわけ、それは先を越されることが
多すぎることなのです。

最近の地団駄例を挙げると、クラウドファン
ディングのサイト運営プラン。

これ、今すごいことになっているらしいですね。

数年前から美味さに感動していたかみさんの
作る冷蔵庫残り物ホットサンド。

熱くても冷めても際限なく食えてしまいます。

(これ、商売にならないかなぁ)

しかしこれも後手後手で遅いようですね。

巷では相当大きな波が来ているらしいです。

己の嗅覚を信じながらも、アクションを先送り
にしてきた当然の報いです。

そして今日の現場の帰り道に、ジンドゥーの
CMがやっていて触発されました。

詳細を語るレベルにないのですが、可変多
目的スペース的な事を考えております。

どうせなら今の仕事との併用で推進し、後に
転用も狙ってのことではありますが。

とりあえずページを盛り付け、採算度外視で
信用とスキルを蓄積してみようと思います。

それは始動というより、試動と呼ぶに相応し
いアクションです。

盛り付けが完了したらアングラ脱却宣言しま
すよ!

(脱却は言いすぎかぁ)

住処のフィールドを広げるだけですかね。

今よりも少しだけ陽のあたる場所ですかね。

担当 M助

記録屋の罪

お仕事( 資材・設備・道具)
10 /22 2015
video[1]

ある一定の世代に限られるのだろう。
私も上記記録メディアで家族や知人の映像を録画し保管してある一人だ。
数年前、どんな映像であれとりあえず劣化せず残しておこうと考えた。
東北の震災も大きく関連している気がする。
私の場合、2006年のミニDVカセットの後半モノの画像が多い。
当時、ビデオカメラの主流はCDやDVDへの記録が当たり前の時代だった。
しかし、貧乏人には選択の余地が無かった。
新品や付属品を含め、驚きの低価格で記録機器を購入したのだ。
そのカセット群をデジタルに変換移行する際に選んだ記録方式はHDD。
数年前にはカセットをDVDやブルーレイに移行させる機械が既にあった。
しかし、カセットデータ移行作業のメディアには選ばなかった。
なぜかというとDVDやブルーレイはカセット群と同じで再生機器の問題がある。
既に再生機の新商品リリースモノの国産品は少なく、ほとんどは外国製だ。
DVDに至ってはディスクそのものが劣化し10年前後で読み込みが怪しくなる。
マスター画像情報の劣化を防ぐ最適な手段をチョイスしなければならなかった。
しかし機械は機械。
故障やらを想定した場合、HDDも例外ではない。
やはり時代に合わせ、マスター画像から定期的な移行を行なうのが妥当かな。
いっそ手元に残さず、クラウドサービスもあるのだが、イマイチ気持ちが悪い。
プライベートな画像・動画群を他人が管理し、常時手中にある事実が。
古い考え方なんだろうな、きっと。
とりあえず現段階ではマスター画像や動画の基礎データをいかにきれいな状態で残しておくかの問題に対処することを考え、仮置きの状態でHDDを選んだのだ。

ビデオキャプチャー画像フリーで検索
昨日IOデータのホームページを見ていたら(ビデオキャプチャー)があった。
SDカードの容量が増え、書き込みや読み出しの速度が良くなったからかね。
数年前にもあったのかな・・・いや、無かったよ。
ソニーあたりからも、Hi8カセットを入れるとDVDやブルーレイに焼く機械が。
しかし、色々調べるうちに単純な疑問が。
マスターデータとなり得るテープモノの再生機の問題である。
いくら記録変換するにしても、マスターデータをクリヤに再生する能力だ。
現行で有料でデータ移行サービスをするカメラのキタムラやフジフィルム。
当然大手なんだろうからこれらの問題は何でもないのだろう。
数年前、この再生機器の問題に早く着眼し、チームでーりんとしてはメディアに合わせた再生機器の確保に勤しんできた。
今では一般向けにあるほとんどの記録メディアの再生手段を確保できた。
それなりに金はかかったけどね。
さすがにプロ用映写機なんてのはないけれど、万一再生する場合は使わせてもらえるマニアな提携先は確保してあるのだ。
印画紙に焼き付けた写真やネガフィルム等の市販の取り込み機械ではなく、準プロ用の機械を揃えておいた。
なぜなら、これは建物調査のお仕事用だからである。
でもさぁ・・・記録メディアやその環境システムを構築するメーカーさんよ。
好き勝手に開発し販売した罪は深いぜ。
でーりん的には気持ち精通しているから先回りできたけどさぁ。
まぁ昔からのいわゆる【松下方式】のビジネススタイルなんだろうけどね。

担当 M助

避けられないデジタル化

事務所シェア構想
10 /21 2015
ioデータ商品群4

何がどうなっているの?

これ、持ち歩き用のパソコンだそうです。

小さなスティックの中には冷却ファンまで付い
ています。

モニターはテレビやスマホ、タブレットへ飛ば
し代用するそうです。

ネットはもちろん、USB接続で普通のキーボ
ードに繋げます。

HDDを迂回し使用すれば画像や映像のほか、
データ類も普通にいじれるみたいです。

二台目のパソは既存のパソに繋いでテレビ
に飛ばせるのでしょうか。

(何だかなぁ・・・)

少し前に(ラズベリーパイ)という小型の数千
円のパソキットが話題になりました。

それでも昔のカセットテープくらいの大きさだ
ったような。

これはタバコの箱より小さいみたいです。

いや~、恥ずかしながら知りませんでした。

でも考えてみればスマホなんて立派なモバイ
ルパソコンですもんね。

なぜこんな商品を閲覧することになったのか
といいますとここ数日、時間が許したので、
昔の写真や動画をデータ化し、HDDに整理し
ていたのです。

昔のVHSテープ動画はAVHDデジタルデータ
に変換し、カビやテープ切の心配がなくなりま
した。

昔のネガフィルム画像もデジタルデータ化し、
劣化を防ぐ処置を施しました。

未使用ガラケーが5台あったのですが、本体
メモリーとSDデータも忘れずに移行します。

焼き付けた写真もデジタルスキャンし日付デ
ータを添付しデジタル化。

一旦事務所のHDDで保管し年度順にファイ
リング編集し、ダブリチェック。

若い順に並べると結構膨大なファイル数にな
りました。

あまり写真や動画が多いタイプではない私。

それでも全てまとめるとデータの重さは400
ギガにもなってしまいました。

手のひらモバイルHDD500ギガに取り込も
うとしたら問題発生です。

容量500でもメモリーに使える部分は400
を切ってしまうのです。

ioデータ商品群2

(なんてこったぁ・・・)

スマホ&タブレットがここまで浸透しきってい
るんですね。

自宅に置く使用料金0円のクラウドボックス
が自動的に管理保管するみたいです。

現行ビデオカメラやデジカメ、携帯画像や動
画を一括保管。

昔のアナログデータだってまとめさえしてしま
えば、同じですもんね。

閲覧もテレビやパソコン、スマホやタブレット
でOKだそうです。

でもハイビジョン動画なんてスマホに落ちる
のかな・・・・

ioデータ商品群1

スマホやタブレット閲覧用に変換出力するの
なんて当たり前の時代なんですかね。

70過ぎのかみさんのお母さんもスマホとタブ
レット操る時代。

こうなってくると(知らない興味ない面倒だ)
なんて言ってられませんね。

保管や管理に困っている昔のデータのデジ
タル化作業。

巷でも有料でやっているけど、プライベート
情報の流出やら人任せが嫌だという方。

連絡してください。

設備や場所、数日培った技術などを無料で
提供致しましょう。
(逆に便利で簡単な方法を教えてください)

データリンクホームページ

担当 M助


ソフトコンパウディングの奨め

データリンク的職業観
10 /19 2015
ミニマリスト画像フリーで検索

私の予約した録画が溜まってきてしまい、上
の子が心配していました。

ジャニーズ番組の録画領域を狭くし、阻んで
きてしまっているのです。

昨日は日曜現場をこなし、ブログアップもせ
ずに帰宅し、HD消化することにしました。

早速酒を飲みながらテレビをつけます。

すると録画番組の中に(ミニマリスト)の
特集がありました。

自分の身の回りの整理整頓を病的にリスト
ラクションする必要最小限主義。

取材されるその人はその暮らしぶりを本や
ネット記事で公開してゆきます。

その印税やネットアフィリエイトの副収入は全
額寄付する徹底ぶりでした。

本人は出版社の副編集長かなんかで、ちゃ
んと収入が確保されているようです。

しかし、使わない給与の余りは貯蓄ではなく
これまた寄付するから驚きです。

多少脚色されている感は否めませんが。

しかし物欲に支配される暮らしを捨て、透明
感のある暮らしぶりがうまく表現されていたと
思いました。

でも若干宗教的な香りも漂っており、ちょっと
やりすぎ感が漂っていることも事実。

おそらくその表情の開放感というか、雑念や
煩悩が払拭された解脱感のような感じを出し
てしまったからではないでしょうか。

独身でもない限り、中々難しい生き方です。

ここまでは徹底し実践しようとは思わないの
ですが、多少共感する部分はあります。

こんな方が有名人になる前から、でーりんも
必要最小限主義ですから。

必要に駆られてそうせねばならない現実は辛
いのですが・・・

言い訳がましいが、ミニマム思想の効果は体
験しています。

O次郎なんかは多少それに気付いてきている
と信じたいのですが。

先日追跡情報をアップした煩悩の塊男、フル
ハムが社長の会社に出入りしているときです。

正式雇用でない立場ではありましたが、ゴミ
溜のような事務所に耐え切れず、勝手に丸
洗いをしてしまいました。

その丸洗い作業にO次郎がたじろぎ驚愕して
いたことを覚えています。

結局フルハムとO次郎を巻き込み、一週間か
けてほとんどのモノを捨ててしまいました。

(事務所ってこんなに広かったのか)

三角ベースボールが出来るくらいの広さにな
りました。

当時、怠惰な人生の生活環境ってモノで溢れ
る傾向にあると考えておりました。

溢れたモノを整理しながらヤラネバならぬこと
がハッキリ見えてくるのです。

結果、フルハムの一千万以上あった借金は1
年で三分の一に減らせました。

やることが明確になると、やらざるを得ません
からね。

ごまかしきかないぶん辛いんですけど、身軽
になってデトックス効果が表れ健康体になって
行く感じがします。

しかしフルハム社長があまりにも健康体になり
すぎて精力増強に発展することまでは予想で
きませんでしたが。

よってその後は多少の反省をし、作業車や事
務所の整理整頓くらいに留めることにしました。

あまりにハードな磨きをかけると逆に輝きは失
われてしまうのかもしれませんね。

プチミニマリストくらいがちょうどいいですか。

担当 M助

    
   

幻想

データリンク的職業観
10 /15 2015
傾きマンション画像フリーで検索

横浜のマンション施工不良のニュース。

都筑区佐江戸町のららぽーとと併設している
大型マンションでしょうか。

ウルトラ大昔は広大な湿地帯だったあの街。

だとしたら、これを建てるときに近隣家屋の建
物調査をやったような記憶があります。

資産価値考慮したら補修じゃぁちょっとどーな
んでしょうか。

購入者は比較的新しいからまだほとんど払い
が済んでないはず。

どー対処するんでしょうか。

建物調査の仕事をしていると、結構おぞましい
裏話を聞いたりすることも。

巨大な建物が傾斜する問題が出るたびに思い
出します。

某スーパーゼネコンの徳光さん似の所長さん。

コマーシャルを見ない日はないくらいのでかい
会社です。

もう10年以上前でしょうか。

杭打ち施工が始まる前に近隣家屋調査を頼
まれました。

現場の詰所で飯を食っている時に杭打ちの
話を聞いたのです。

地盤がやわらかすぎていくら掘っても支持層
に当たらないから諦めた?らしいのです。

もちろん建築を諦めたのではなく、杭打ちを
諦めたということですけど。

いいんですか?と訊ねると、楊枝でシーハー
しながら答えてくれました。

「この日本でさ、頑強な支持層なんてどこに
もありゃぁしないよ、大規模マンション何棟も
やっているけど、満足に固いところまで達し
た杭なんて数えるほどだよな、第一さぁ、支
持層ってよく言うけれどさぁ、とある学説に
よれば存在が怪しいらしいぜ。だからねえ、
傾かない建物なんて無理だから傾いても
支障のないレベルを目指して設計変更して
造るってぇ~訳だねぇ・・・」

そんなもんなのかねぇと聞いていましたが。

かといって傾くことを前提にアピールした
マンションが売れる筈などない。

ゼネコンからすれば、(察してくださいよ)
みたいな心境なのでしょうか。

複雑に折り重なるプレートが移動する地震
大国の日本。

大体どこの地域でも毎年数センチ単位で地
盤は動いているらしいじゃないですか。

もしかしたらさ、傾きの出ない建物って皆無
なのかも知れませんね。

建物のビフォーアフターを毎日目にするこの
仕事をしていて確信すること。

動かない建物にはあまりお目にかかったこと
はありません。

いくら高い買い物だからといって過多な期待
を抱かないほうがいいと感じます。

好アクセスの賃貸住宅にするのもひとつの選
択種ですか。

それとも建替前提で地ベタに自重の軽い家を
建てて住むのはいかがでしょう。

担当 M助


みらい環境投資

データリンク的職業観
10 /14 2015
動画編集画像フリーで検索動画対応一眼レフ画像フリーで検索

ただぼ~っとしてられませんね。

既に20年以上前から調査委託業務の報告書
には業務内容を説明する(調査概要)を添付
するのがスタンダードな仕様になっていますが
各社様々な工夫を重ね、最近増えてきたのが
動画PVによる概要案内です。

調査目的や方法、測定器や使用機材などを
動画や差込画像で記録し添付。

あるいは鑑(かがみ)と呼ばれる表紙にモバ
イル用QRコードを表示し、会社の概要や業
務内容に合致した仕様に基いた調査概要の
PVが開けるように指示・要求されるケースも
チラホラ現れてきました。

時代の波なんでしょうか。

聖域に守られしがみつき、温々とはいかない
のですね。

民業圧迫なんてスットンキョンな抵抗は通じ
なくなるのかもしれませんねこりゃあ。

そっち系の作業は疎いし知らないし面倒だか
らでは食う資格が失われそうです。

そんな気にさせたのは、ほんの数日前のこと
でしょうか。

かみさんに頼まれていた子供の卒業DVDの
製作がキッカケでした。

画像編集や焼付けなど、お遊び程度の知識
はありましたが・・・

案の定、見て知っている事とやってみることは
別の世界ですね。

実際の操作はまるっきりでしたが、数日いじり
たおし、何とか体を成せるスキルを習得させた
と自負しております。

そして報告書内容への波及の可能性につい
て調べてみますと・・・・

ビジュアル世代なんて言葉はもう使わないん
でしょうね。

画像音声が主流のニュースソースです的な
世代が中枢に位置する時代でしょうか。

紙媒体で報告書なんて数年後には存在しな
い可能性を感じています。

セキュリティの問題がクリアされれば、クラ
ウド閲覧での報告書もあり得るかと。

現段階では調査概要のPV化あたりで止まっ
てくれているから着手するのは今でしょうか?

4K動画対応一眼って商品価値がいまひとつ
だったのですが、そんな時代の先見性が反映
された商品なのかもしれませんね。

証明画像・動画用のライトワンス(改ざん防止)
メディアも一眼用ですもんねぇ。

裁判資料も動画の時代が到来でしょうか?

警察あたりはもちろん進んでいるんでしょうね。

報道記者も速記して記事にするより動画と画
像に編集施し表現する時代ですよ。

そうしたほうが早いし、何しろ世間がその方式
に馴染んできているのかも。

時代のニーズには逆らえませんね。

担当 M助

メソッドのその先

データリンクの未来像
10 /11 2015
隠れ家画像フリーで検索

メディアや商業がこぞって取り上げ、使用頻
度が高かったせいでしょうか。

最近使われなくなった(隠れ家)という表現。

休日の自宅など、家庭内でとかく邪魔扱い
されるお父さん達。

その受け皿となり得るのが(隠れ家)と
いう呼称のエリアでしょうか。

実のところ(吹溜り)というのがしっくり
くるのかもしれませんね。

(隠れ家)のキーワード画像検索では
ほとんどがこじゃれた和風バーばかり。

しかし最近、ちょっとだけその場所やテイス
トが変ってきているような気がします。

設備や躯体本体が古く老朽化し、入居者確
保の大変な雑居ビルは毎年増殖が予想され
ます。

壊すにしても莫大な金がかかるので、この
手のお店の増殖率は高まるばかりではない
でしょうか。

好立地の結構いい場所なんかは天気の悪い
休日に来店客数が増えそうですね。

フリーフォトアップされている中でもピン
と来たものを選択し貼ってみました。

たぶんバーかなんかでしょうか。

ふらっと立ち寄り、飲みたいもの飲んで、
遊びたいことをし、時には昼寝をする。

なんか疲れてるんですかねぇ。

担当 M助