FC2ブログ

ビッグカップルの条件

現場日記
09 /28 2015
ファブリーズ画像フリーで検索

本日の成城現場は秋本番とは思えないほど
の暑い日差しでした。

午後イチの物件が完了し、戻るまでの車中の
テレビではどの局も福山&吹石結婚ネタ一色
でした。

街頭インタビューで涙ながらに落ち込む一般
女性のコメントが目立ってましたね。

気のせいか、落ち込む一般男性のインタビュ
ーが無かったような。

どの局のコメンテーターも(ビッグカップル)
と口をそろえて言うのですが、はて・・?

(ビッグカップル)の条件とはいったい何な
んでしょうか。

いい男、いい女ランキングの順位?
お仕事やその業績?
お家柄?
経済力?

おそらく、上記項目がバランスよく高順位だと
ビッグなカップルとなるのでしょうか。

しかし、いくらバランスのいい条件を満たして
いても、忘れてはならない項目があります。

それは清潔感ではないでしょうか。

今後もドミノ倒しのようにこんなファブリーズ
カップルが続くんでしょうかね。

担当 M助



設備投資

データリンク的職業観
09 /27 2015
東芝 音でコンクリート調査画像フリーで検索

つい先程子供のお迎えの車中で、東芝の
コンクリート診断機が紹介されていました。

従来のようにコンクリートを叩いて音を確認
するようなことはしないらしいのです。

集約スポットの音を当て反響音を拾い、劣化
部分を表してくれる代物です。

似たようなシステムは他社の物でも存在しま
すが、機械をあてて計測?する設置条件が
限られているために、万全であるとは言えな
かったらしいのですが、この新製品は離れた
場所から音を出すだけらしいです。

オリンピックに向けて従来のインフラ設備の
メンテナンスも急務でしょう。

ここ最近、経営に関るコンプライアンスに不
祥事が重なっている東芝。

信用回復の代物の実力いかに。

現場に行き何かしらのデータを採取し報告書
にまとめるその行為に纏わるメカもの。

建物調査のお仕事柄、こんな新製品モノって
ひじょうに興味あります。

モニターかなんかで試してみたいものです。

担当 M助



流出する技術

データリンク的職業観
09 /22 2015
家屋解体画像フリーで検索

チームでーりん事務所の真横の家屋。

建て替えのため3日前から解体業者が入り
ドンカンと頑張っています。

作業員全員が元野球選手(現かも)ラミレス
にそっくりの外国人労働者の方々です。

コマツの重機を扱う女性親方らしき人がとり
あえず日本語を話せる感じです。

他3~4人のラミレスさんがシルバーウィーク
にあくせくと額に汗し働いています。

この仕事に従事してから、随分と解体の工程
やらマニアックな重機やら詳しくなりました。

作業工程も日本の解体現場と同様で、使用
重機の使用法も全く同じです。

それは繊細なタッチで進行されてゆきます。

三方囲まれた隣接建物との距離は1メートル
くらいです。

隣家をちょっとユンボで擦ったら補償問題に
発展するのに実に上手くやってました。

これって結構立派な解体技術だと感じます。

推測ですが、こうしてどんどん日本の技術っ
て海外に出て行くのでしょう。

まぁ、これが技術と認識されていればの話
なんですけど。

担当 M助

実感する憑依現象

現場日記
09 /19 2015
阿川佐和子画像フリーで検索

世間では連休初日ということもあり、東名の
混雑は予想されていました。

よって久々の早朝出勤現場となりました。

最近の調査現場は立面図付きが当たり前。

しかしここ厚木の現場は最近ではめずらしく、
平面図だけでよろしい仕様です。

すると普段(お絵かき担当)の私一人がどう
してもヒマな時間が生じてしまいます。

さすがに20年もやっていると、平面図などは
すぐに書き終えてしまうのです。

損傷箇所の拾い出しや計測、写真撮影をして
いるときに住民さんが注視していたり、質問が
あったりすると、どーしても調査立会いの拘束
時間も長くなります。

せっかくの休日に調査立会いのため、ご家族
もつまらなくさせてしまうことに。

よって今日は自分の中に阿川佐和子を降臨
させることに決めました。

私が住民さんと会話をしている間にK爺とO
次郎がチャキチャキと調査遂行です。

最近はこれが見事にはまります。

本来、この手の阿川さん的役割はK爺が担う
のが年の功かと思いますが・・・・

残念なことに、K爺は聞く力に重大な問題を抱
えております。

話す相手の話を聞かずに腰を折るものですか
ら、どうしてもお相手の情報量が乏しくなって
しまいます。

よってトンチンカンな返答処理に陥ることに。

結果、キャッチボールが成立せず、会話力全
体に悪影響を及ぼすのです。

昔、会話不成立の住民さんからの耳打ちで、
K爺の人種を尋ねられたことがありましたっけ。

結局、他人との会話の楽しみ方を知らずに
歳を重ねてしまったようです。

この楽しむ会話力ってのが肝なんですよね。

楽しく会話する術を知らないから会話そのも
のが淡白でつまらない。

つまらない気持ちは相手に伝わるもんだから
会話なんて続くはずもありません。

負のスパイラルですね。

そりゃあそーでしょう。

気持ちの乗らないただの世間話ほどつまらな
いものはないですからね。

自分の中に阿川佐和子を降臨させ憑依させ
てしまえばいいのに。

聞こうとしているから相手の情報密度は濃く
なってくるはず。

話すほうも響いていることが伝わるもんです
から話の構成に工夫を凝らし楽しく誘引。

話す側の話しが通るもんだから、こっちの話
も聞いてくれる。

一期一会じゃないけれど、そー過ごしたほう
が有意義な時間の過ごし方だと思います。

まぁとにかく、ノーギャラで私に降臨してくれ
た阿川佐和子さん。

ありがとう、そしてお疲れ様でした。

担当 M助

   

丸い亀の癒し

現場日記
09 /16 2015
丸亀製麺

降って湧いた厚木の現場でした。

午後から雨予報なので午前中に作業を完了。

昼飯で帰りの東名入口手前にある丸亀製麺
へ入店しました。

確か以前行った時は消費税5%の時だった
ような。

注文したのは定番の釜玉うどん。

たっぷり刻みネギ、特大ちくわ天、かき揚げ
をトッピング。

あ~、相変わらず実に旨い。

これで700円以下ですよ。

流行るわけですね。

味や値段にも勝るのは店員の活気ある接客
対応。

おばちゃん達が湯煙の中でイキイキと働いて
います。

食欲が無くとも食欲が増進する理由。

それはおばちゃん達が放つ、活気溢れかえる
雰囲気であることがよく理解できました。

担当 M助


成城の野鳥?

現場日記
09 /15 2015
ワカケホンセインコ画像フリーで検索

本日はスタートが若干遅い成城の現場です。

立面図とレベル測量を終えたので、器材を戻
すために一人で車に戻りました。

すると頭上から(ギュン!ギュン!ギュン!)
と鳴く鳥の声がしました。

見上げると、ハトよりも大きく、小ぶりなカラス
ほどの大きさの原色緑の鳥がいます!

早速スマホで写真を撮り、画像検索アプリで
検索してみました。

スリランカあたりに生息していたオウム目
インコ科の鳥であることが判明しました。

この鳥、人の言葉を覚えてよくしゃべるらし
いのです。

60年代あたりにペット用で輸入された個体
が逃げ出し、繁殖したらしいです。

在来種の鳥達の餌や巣を襲いながら増殖し、
関東全域で見られるとか。

進化を遂げたこの鳥は他の鳥が巣に近寄る
と、人の声で威嚇するらしいんです。

「あんだチミはぁ‼」みたいなことですかね。

都内の心霊スポットなんかの声の主は案外
この鳥の仕業だったりして⁉

担当 M助


彼岸花のサイン

現場日記
09 /07 2015
成城彼岸花

昨日の成城現場。

帰社前のショットです。

携帯のズーミングが限界で分かりにくいので
すが、彼岸花です。

この花を見ると瞬時に頭をめぐるのは年末を
迎えるべく準備や段取りです。

メッシュの夏作業靴はもうきびしくなるな。
秋・冬物ユニフォームのほころびやサイズ感
のチェックはしたっけ。
スタッフの分の追加購入は必要か?
インナーや秋冬衣料の新作はこの愁夏に売
り切れるから早期対処だな。
当該現場の年内納品の道筋は?
年末ボーナスの確保もせねば。
各社宛のお歳暮の手配か。
プライベートでは墓参りもそろそろか。
そういやかみさんの誕生日も近いぞ。
子供のイベントも重なるな。

ぼーっとしているとしっぺ返しがこたえるんで
すよこれが。

例年、ちょっとずつ後追い後悔の数は減らし
てきているつもりではあります。

気付かぬうちにひっそりと開く彼岸花を目に
する時。

学習効果が試されるかのように備えのスイ
ッチが入る瞬間なのです。

担当 M助


現実直視

現場日記
09 /06 2015
労働者たち

本日は日曜現場のチームでーりん。

(あ~あ、真面目に生きてきた人たちは皆
休日を楽しんでいるんだろうなぁ)

怠惰に生きてきたツケまわしの結果、子供と
も遊べずに日曜日に働くハメに。

いつも日曜現場は決まってこんな心境に襲
われます。

道が空いていたので早く着いてしまったので、
コンビニで時間を潰してました。

世田谷通りを挟んで目の前にはクルマのデ
ィーラーが建ち並んでいます。

午後から雨の予報だというのに、つなぎを
着た整備士らしき連中が車を磨いています。

大きな外車は洗車も大変そうです。

5~6人の30歳前半くらいから50歳代位
の方達が額に汗して一生懸命です。

「ハ~イ!あと少しでお客様ご来店の時間
です!丁寧迅速に願います!」

チーフっぽい格好の営業マンが大声ではっ
ぱをかけております。

「了解しましたぁ~!」

皆、急かされても腐らず、舞台俳優張りに
答えます。

大手ディーラーの整備士なんてそれなりに
専門知識や国家資格が必要なんでしょう。

若い頃に専門学校に通って資格を取得し
就職しているのかもしれません。

午後には天候悪化で汚れると分かってい
るのに必死に車を磨く。

午前中に訪れる客に誠意が伝わり契約に
至れば店が潤う。

結果己の職場が守られるといった当たり前
の図式を理解しているのでしょうね。

ナマクラに人生過ごした成りの果てに車磨い
ているようには到底思えません。

いわゆる(いい汗掻いている)感が充満し、
イキイキとしているのです。

休日の過ごし方が他人とちょっと違うだけで
すねてしまっていることに後悔しました。

街路樹越しの清らかな汗を目の当りにし、
気を引き締めた一日でした。

担当 M助