FC2ブログ

清らかな拡散

データリンクの未来像
08 /28 2015
鎌倉市図書館ツイート画像で検索

昨晩、報道ステーションを見ていました。

2万人が拡散に関与している話題のツイート
があるとのこと。

鎌倉市の図書館の職員のツイートが話題に
なっているらしいのです。

(学校が始まるのが死ぬほどつらい子は学
校を休んで図書館へいらっしゃい)

低年齢層の自殺が最も増える日が、多くの
小学校が始業する9月1日らしい。

低学年層の自殺を食い止める抜本的な解
決策などおそらく存在しないのでしょう。

しかしただ静観し、何もしないでいるのも、
いたたまれません。

そしてまた己の近親者だけが不幸な末路を
辿らないようにと願っているだけでいいので
しょうか?

しかし、この職員さん、よく考えましたね。

図書館というのは知識の宝庫です。

無造作に手に取った一冊の本が己の迷いや
悩みなどの心理状態を解決の方向に導くヒ
ントとなることも少ない事例ではありません。

結果考察が深められ、多少の世界観が広が
る事ってありますからね。

また図書館ってのがいいですよね。

雨風がしのげ、快適な空調環境。

トイレや簡単な飲料、場所によっては軽食オ
ーケーのところなんかもありますしね。

誰にも強制されることなく、すべて己の気の
向くままのペースで知識を咀嚼できます。

公的資金で賄われたパブリックスペースとし
ての役割の有効性がひじょうに高く思えます。

民間では駆け込み寺と銘打ち、専門的に動
いている方もおられます。

もしかしたらフリースクールというのもそれに
近い概念なんでしょうか。

しかし悩みを抱えた状態をつまびらかにアピ
ールし、救いを求める強さを持っている子供
ならばいいのでしょうが、決してそうでないケ
ースもあるように思うのです。

そう考えれば公的な施設である図書館という
場所はビジネス、学業、余暇、趣味など、その
使用目的自体ののストライクゾーンが広くとら
れているところがいいですね。

その場所に身を置く理由の多様性が素晴らし
いと感じます。

来館目的を問う者も存在しないのでしょう。

少子高齢化が進み空家が増えるのなら、公
的に購入しリノベを施し有効利用をしてみる
なんていいかも知れませんね。

管理人を1~2人雇ってミニ図書館の運営な
んてのはいかがでしょうか?

各地域にそんなスペースが溢れていれば、
若干の効果が出ると思うのですが。

古本を格安で引取り、民営子供図書カフェっ
ていうのも面白いかもしれませんね。

知識が浅く、視野が狭くならざるを得ない若
年時期の辛い時期に、緊急避難場所的な役
割を果せるようなスペースを当チームが提供
することは出来ないのでしょうか?

弱小組織だから考えてはならないなんてこと
はないはずですよね、ちょっと考えてみます。

担当 M助


残暑の成城

現場日記
08 /22 2015
ドニーチョ成城

(昨日一昨日と過ごしやすい気温だったのに)

やっぱりすごいですねぇ残暑は。

この写真は成城現場に乗り込んだ時に解体
更地にしていた土地です。

先日まできれいな更地だったのに瞬間的に
草ぼうぼうに茂ってしまうんですね。

成城のど真ん中に広がる結構広いこの土地。

近所の住民さんに聞いた話では、有名人が
ツバをつけているらしいです。

一体誰なんでしょうねぇ。

この現場、元請の意向で間違いなく工期延
長だから、年内いっぱいですね。

その間にその有名人が着工してくれればお
もしろいなぁ・・・

ああ、立派な小市民ですねぇ、私は。

担当 M助


革新なるか

データリンク的職業観
08 /21 2015
ウォーカー画像フリーで検索5ウォーカー画像フリーで検索2
ウォーカー画像フリーで検索3ウォーカー画像フリーで検索4

持ち運べるクルマ?

東洋経済オンラインニュースで見た記事です。

ノートパソコンくらいの軽量アルミ板に車輪の
ついた電動自動車です。

実際の動画を見てみたらこれが驚きです。

両足を乗せ、体重移動で楽々ス~イスイと操
っています。

高齢者に近いと思われるおばちゃんも手を叩
きながら乗りこなしていました。

パワーも意外にいけそうな感じです。

大人を乗せた車椅子を押して坂道をグイグイ
登ります。

介護の現場等は随分楽になりそうですね。

日本人の若者が代表を務める純国産メーカー
のココアモーターズですって。

ホントかウソか定かではないが、駐車場を気
にしないで持ち運べるクルマはないかと友達
に依頼されたのがキッカケと語っていました。

この世界最小の電気自動車のスペックは以
下のとおりです。

最高時速10km。

フル充電時での走行距離は12km。

耐加重120㎏。

小さなカバンにも納まるようにデザイン。

(ココアモーターズ)か(ウォーカー)で検索
すれば画像が多数アップされています。

当ブログでも画像は貼れますが、無許可転
載に該当しそうなのでやめておきます。

この秋から8~10万円くらいで発売らしいの
ですが・・・興味ありますね。

公道走行の認可は難しいのだろうが、公園
やサイクリングコース、イベント会場やテー
マパークなんかだったら子供が大喜びしそう
です。

1台購入して耐久性やら安全性やら充電時
間やら、色々調べてみたいものです。

使えそうなら大量購入して全国の駐車場や
イベント会場で営業しますか!

なんてね・・・。

担当 M助


共存意識

事務所内の設備
08 /20 2015
スタンド灰皿画像フリー2 スタンド灰皿画像フリー1

チームでーりん事務所のお隣に先日オープン
した整体院(ローカパーラ)。

海老蔵似の先生が業者を交えて内装工事を
行なっているみたいです。

日を追うごとにどんどん洒落てゆき、何だか
こちらまで元気になってゆくような気がします。

可視扉を設置し、営業時間は既存の鋼鉄扉
を開け放ち、室内を一望できるようにしました。

これで前の道を通る方々にもオープンになり、
新規顧客の倍増も望めそうですね。

客商売のセンスがあるんですね。
こんな方法があるなんて知りませんでした。

そこで気になるのが真隣のでーりん事務所。

マックス3~4人が限界の狭小事務所のため、
分煙なんて不可能な環境です。

何といっても、私自身が喫煙者でありながら
タバコの煙と臭いが大っ嫌いなんです。

人様に渡す報告書類や事務所設備にこびり
つくヤニ臭も苦手です。

よって事務所前の通路に建設現場用のスタ
ンド灰皿を置いていました。(上写真左)

ホームセンターで1,000円ですから、万一盗
まれても悔しさは最小限でしょうし。

しかし劣化し色褪せた灰皿缶は工事現場の
香りが漂い、昭和の飯場のようです。

隣がどんどん洒落てゆくにつれ、日々申し訳
ない気持ちに襲われます。
(よし、ちょっと見れるモノにしようか)

そして昨日、アマゾンで発注してみました。

先程、国産高耐久のスタンド灰皿(写真右)
が届き、早速設置してみました。

学校にあるようなバケツを専門に作っている
町工場の自信作らしいです。

風雨にさらされ質感が劣化しても味わい深く
なるようなモノをチョイスしてみました。

若干アメカジ感が漂うので、隣のアジアンテ
イストとは一体感に欠けるかもしれない・・
既存の飯場チックなモノよりはいいか・・

ついでに先程、近場のホームセンターにて
傘立ても買ってきました。

今までは外置きにしていた傘立ては古くて
錆び錆びでしたからね。

スチールドアに強力磁石で貼り付けられる
セパレートモデルです。

傘立て

ちなみにスタンド灰皿はちゃっかりと自宅用も。

ついでのスタンド灰皿

この際便乗して事務所もきれいにリニューアル
してみようと考えております。

担当 M助



後悔先に立たず

データリンク的職業観
08 /19 2015
お墓参り画像フリーで検索

建物調査業界に身を置いてからおよそ20年。

調査対象としては多くはありませんが、調査
区域に墓地などがあるケースがあります。

墓石調査なんて別枠カテゴリーで発注がある
ときもあります。

その場合、通常の建物調査とは作業内容が
異なってきます。

畳半帖分のお墓から広いところは8~10帖分
くらいありますでしょうか。

いわゆる囲いが無く、墓石だけヤブに隠れる
ようにしてひっそりと存在するものもあります。

通常使用する1メートルの下げ振り棒(傾斜
測定器)ではなく、50センチの専用短棒を使
用したりもします。

墓石自体の傾斜や目地状態、囲いの目地の
状態、敷石の隙間などを記録してゆきます。

施工予定箇所から遠くはなれた場所に基準
点を設け、万一の地盤変動の際に数字で変
動した状態が分かるように、墓石や囲い等の
高さを記録し報告書にまとめておきます。

じっくりと様々なお墓を記録調査していると、
墓守を頻繁にしている現役世代と、そういう訳
にもいかない現役世代の差は歴然としている
ように感じます。

核家族化が国全体の総体数を占める時代で
すから、そのコントラストはよりいっそうと
顕著になりつつあるのでしょうか。

30代目前の20代後半でこの調査業に飛び込
んだ頃、既に既婚者であった私。

自分一人の独身時代には墓参りなど気に留
めることは皆無でした。

20代半ば、人様の大切な娘さんと人生を共に
歩むとなった頃。

お墓参りとは呼べないレベルでしたが年一回
の怠惰なペースで掃除などをしておりました。

その頃はまだいわゆる若夫婦世代なので、互
い両家の両親世代が健在でしたが。

墓守といった大それた行為ではなかったので、
多少のレジャー気分でした。

しかし、調査に勤しんでいる時にチラッと考え
ました。

(子供が出来た時には年一回も厳しいかな)

(両家墓守世代もいずれ年老いてゆくな)

(少子高齢化で墓守のお役抜擢確率は高い
んだろうな)

そんな調査の帰りの車中、墓守代行業なる
業種を思いついたのです。

同僚に宗教学を学んだ人間がいたもので、
チラッと話すと鼻で笑われましたね。

宗派や地域の異なる風習、神社や寺の違い
などを加味すると難しいし、何にせよお坊さん
や石材業者の食扶ちを奪うような行為である
と語っておりました。

その時の奴はまだ独身であったから、ピンとこ
なかったのかもしれませんね。

そんな中、先日の盆休みのニュースで見てし
まいました。

何でも墓守や墓じまい代行業という新カテゴ
リーの業種がここ数年大盛況らしいのです。

番組では本年下半期の急成長市場になる可
能性を示唆していました。

ああ、その時己で感じたニーズの香りや予感
を信用してあげればよかった。

そうすれば今頃は何かしら動き始めていた筈
なんでしょうね。

担当 M助


失敗の教訓

現場日記
08 /06 2015
沖縄戦画像フリーで検索

本当に暑い日でした。

大汗現場の最中、今年もまた広島平和式典
を迎えます。

今年は70年なんですね。

録画用HDDのキーワード自動録画では多く
の戦争の総括番組がキープされています。

ここ数日、夜中は戦争についての色々な
ドキュメントを観ておりました。

先週の日中に放送されたものでしょうか。

沖縄戦の時のアメリカ軍将校が撮影した
カラーフィルムにより当時を振り返る内容
の番組が衝撃的でした。

友軍と称される日本帝国陸軍の愚かさに
は驚かされます。

詳細に綴ると間違いがあってはならない
ので割愛しますが、一つの確信を得ます。

絶対権力を手にする、たった数人の指導者
達の判断一つで舞い散る何万の命。

大義のためとは言え、実に罪深いことだと。

これは現代の実社会においてもリアルタイム
で繰返される過ちなのかもしれません。

己のポリシーを貫き、盲目自己保身の采配
は数万の不幸に波及するのです。

大義や慣習至上主義の上役に付き合う後続
の命はいくつあっても足りませんよ。

取材中、アメリカの撒いたビラを信じ投降し、
第二の人生を貰えたと歓喜する人がいました。

そこでいくつかの教訓をもとに肝に銘じます。

重ねて思慮するにはおこがましく、軽さを伴
うかもしれません。

私という人間と出会えて何となくラッキーと
思ってもらえることを念頭に生きぬきます。

創意工夫することを辞めなければ、数ミリ
でもちょっとづつ前進してゆけるはず。

とにかく、人の不幸を誘発するような迷惑な
先陣ではいたくないのです。

担当 M助

チキン・オブ・サマー

内業日記
08 /05 2015
ケンタッキーフライドチキン画像フリーで検索

成城現場を詰めなくてはならず、焦らなけれ
ばならない毎日が続くこの夏。

(工期延長は御法度で恥)を武器に生き残っ
てきたチームでーりん。

そんな中、小ぶりな8軒ぽっちの別現場に
3日も割かなくてはなりません。

工夫を重ね形になってきた短期納品トライ
アルに精進します。

よって本日は内業に注力いたします。

1年に一回の割合で無謀なほどにKFCに
かぶりつく日を設けるちーむでーりん。

まさに今日が今年のその日に該当します。

おのずと頭の中ではサブちゃんの(まつり)
が鳴り響きます。

いや、KFCは洋食だからこの場合パイレー
ツ・オブ・カリビアンのテーマ曲ですか。

O次郎と共に5,000円分もかぶりつきました。

(盛り上がるねぇっ!)

過去の教訓で、ゆっくりチョボチョボ食ってた
ら腹一杯になってしまいます。

そして必ず訪れるゲロッピーモード。

モード突入が訪れる前に直立し両手にチキン
で一気に詰め込まねばなりません。

本日は幸いにして、執拗に小食をアピールし、
せっかくの祭りの盛り上がりを台無しにする
ダイエットK爺のノイズもありません。

誠に調子のいい環境が整っているのです!

両手にチキン、片足を椅子にかけ、思わず
雄叫びのごとく歌い上げるのです!

♪これがぁ日本のぉ~まつぅぅりぃぃ~
だぁぁああいよぉぉ~っ♪

担当 M助


develop one's potential

データリンク的職業観
08 /04 2015
thGP2CFPTV.jpg

昨日、この調査屋稼業に従事している同業
他社の社長さんから連絡がありました。

業務拡張のためでしょうか。

何やら手狭になった事務所を移転するとの
ご案内でした。

このような明るい話題のご連絡があると、
正直、ホッとしてしまいます。

それはなぜでしょうか。

以前も触れましたが、過去に潰れた会社や
他の業者さんを見ると、決定的に幸せ感が
薄いのです。

それはもう冗談では済まされないレベルで
幸薄い業界なのです。

この仕事に従事して20年以上が経過。

不況や好景気の煽りにも関与しないレベルで
細々と継続している感じでしょうか。

メンバーや社名を変え、生まれては消えるの
繰り返しの業界です。

風呂場や便所に湧き出るカビのような感じな
のです。

なぜ頑固なカビ業種に甘んじるのでしょう?

ここ20幾年で得た答えとして一番明確な答え
は唯一つ。

可能性の開発に注力する人が少なすぎます。

立派な民間企業で構成されるこの業界。

ホント不思議なのですが、感覚的にはお役人
のような方が多すぎるような気がします。

(調査職人のプライド)が人一倍強い方も多く
見かけます。

プライドは高いのに業種自体を豊かに育てよ
うと気がない人も多いような気がします。

おのずと自分一人が生き残ればそれでよし的
な人間だけがぶら下がり続けます。

やがてはそんな人が重鎮調査マイスターヅラ
をして幅を利かせてゆきます。

こんなカテゴリーには無縁の、栄転と呼ぶに
相応しい事務所拡張の社長さんは語ります。

「せっかく還暦までやっているんだから、楽し
まなきゃねぇ」と。

言われるとおり、相応に楽しむための開発
努力をされている事なのでしょう。

楽しむ努力と可能性の開発。

これが幸福ステージに上るためのキーワード
に思えてなりません。

担当 M助