FC2ブログ

離れる戦略?

データリンク的職業観
11 /29 2014
孫社長画像フリー

先日のMSNのトピックスです。

聞き慣れない見出しがありました。

(離れる戦略)ですか。

いわゆるサクセスストーリーを綴った内容で
しょうか。

昔から薄々感じてはいました。

一手二手、内容によっては五手くらい先のも
のに着手しなければなぁと。

過去の常識から離れる。

商習慣から離れる。

古い組織構造やスタンダードな思想、
発想から離れる。


既存する概念の枠を超えたければ、その思想
から離れなさいみたいなものでしょうか。

無益な慣習の存在しないフィールドで旗を掲げ
れば、独壇場ですからね。

まさに一人勝ちってやつですか。

ロボット事業もスットンキョンな感じがしたけど、
数年後には変わらぬ笑顔で壇上に上り、新た
なるサクセスストーリーを語るんでしょうね。

壇上に上がるのは精巧なロボットだったりして。

いやいや、有り得ますぞ。

担当 M助

     

データ変換業務

アウトソーシングのご案内
11 /22 2014
cd-r.jpg

著しくこの調査業界の職業地位を貶める都内
謀業者の事後算定交渉業務。

いいかげん極まりない事前調査と事後調査で
一体幾らの銭を稼いだのでしょう。

それはさておき、その尻拭い業務である算定
業務も山場を迎えています。

ネゴシエーションはK爺に一任するとして・・
問題は報告書等データの取りまとめですが、
本来であれば、紙ものを新規で作成しまとめ
いいはずなのですが、今回は一苦労です。

算定箇所を見るために、事前事後資料を預か
ってきましたが、修正の領域を超えています。

最初のうちは役人を介し、都度その業者に訂
正を指示してもらっていおりました。

しかし、月に旅行でも行っているかのごとく、
遅延行為を繰り返す怠惰な状態なので、途中
で諦めることにしました。

身銭を切り、事前事後の報告書群を洗いなお
すことに決めました。

そんな作業も終盤にさしかかり、アナログデ
ータをデジタル化していましたが・・・

事前事後の報告書に添付されている写真は
スキャニングしデジタル化。

35ミリネガフィルムも専用機でスキャニングし
デジタル化。

書類群もスキャニング。

取り込みするだけならちょっとしたパソ知識が
あれば簡単に出来ます。

カテゴライズしながらパソ上で製本を開いたよ
うに配列してみたり、POしやすくしてみたりと、
製本の内容や用途を熟知していなければ厳し
い作業となります。

ただ突っ込めばいいというものではありません。

しかし・・ちょっと待ってくださいよ!

取り込み画素数やら何やらをマックスの画素
数にまで高めても大型衣装ケース二個分の
大量の報告書群がCD-R2枚で済みました!

よくよくかんがえてみると、これって役所なん
かで発注しているデータ取り込み業務委託と
一緒なのでは?

いわゆる数年前のお役所にある莫大な調査
データのデジタル化業務委託ですよ!

あー無料奉仕かぁ・・なんだかなぁ・・・

■追加記事■

省電力、省スペース、コストパフォーマンスに
優れ、長期保存でも安心な手の平半分のHDD
が随分安くなり、最近頂いた業務ではディスク
ではなく、HDD本体の納品やクラウドメモリー
での納品が主流となりつつあります。
取りまとめに関わる人件費や時間的コストを
考えた場合、手前どもにお任せいただい
たほうが断然お得です。
是非ご用命ください。


データリンクホームページ

担当 M助

でーりん的社会貢献

データリンク的職業観
11 /14 2014
認知症徘徊画像フリーで検索

先日、痴呆徘徊で姿を消した伴侶を数年探し
続ける妻の報道を見ました。

飲まず食わずで徘徊した後、命を落とす割合
も相当数に上るらしいです。

個別事例では徘徊の末1か月後に凍死した
お年寄りのケース。

ちょっと散歩のつもりだったのか、部屋のテレ
ビはつけっぱなしだったらしい。

厚生労働省が65歳以上の高齢者を対象に
実施した調査結果を調べてみました。

全国で認知症とみられる人数は2010年時点
で約439万人と推定。

さらに「予備軍」である軽度認知障害に該当
する人は約380万人という驚きの数字です。

NHKが全国の警察に調査した2012年に
(行方不明)者届けの人数は約9600人。

うち死亡が確認されたのは351人。

2012年末以降現在の行方不明者数は200人
超えとのことです。

我々も最近は外で仕事中に自治体の防災
無線をよく耳にするようになりました。

行方不明高齢者の捜索協力の放送です。

事態は深刻なんですね。

思えば、私自身も中年カテゴリー真っ只中に
属しており、そう遠くない将来に親族が突然
行方不明なんてことが充分リアルなこととし
て遭遇する可能性もあります。

日本の高齢化社会時代のニーズに対し、じゃ
あ介護関連ってのも短絡的な気がします。

いくらチームでーりんが貧乏弱小だからと、
手放しノープランってのもどーなんでしょう。

ことに痴呆徘徊に絞って鑑みた場合、自治体
とのタッグか鍵となりそうな気はしますが、徘
徊することを前提にした自衛手段として住まい
のそばの駅や交番、伴侶や家族など、徘徊す
る前の生活環境が第三者によって絞りやすい
画像情報が徘徊者の身に付けているものに
添付携帯されていれば、発見者数増加の役に
立てるのでは?

時折目にする個人名や住所連絡先の個人情
報丸出しカードは防犯上どーなのかの問題が。

また、徘徊者ですとアピールしているような携
帯を首から下げるのもんねぇ。

金に困った奴に誘拐してくれといっているよう
な気がしますしね。

昨日いじくりまわしていた携帯のマイクロSD
カードなんか小指の爪くらいの大きさで何百枚
もの写真データが入るけど耐久性や熱、衝撃
に激弱いかもしれませんね。

アクリル樹脂カバーか何かの被服状加工を施
し、きれいな数珠状にするとかは?

近所の町工場なんて得意技かもしれません。

ん?マイクロSDは開ける環境が狭い?

今の時代は街中やスーパーのプリント機で読
み取れますね。

恒久的な機能や重容量を求めるユーザーに
は昔のネガをデジタルスキャンでもして、ライ
トワンスSDに収め、家族の写真や先祖の大切
な思い出写真全て記録しておけば、災害時で
も体一つで非難できるかも。

こうなってくると徘徊事故防止というよりもユー
ザーは大人子供まで行けそうですね。

大きさはマイクロよりでかく、3センチ×2セン
チだけど、厚みは2ミリ位のぺったんこだから、
樹脂レジン被服のペンダントやブレスレットの
アクセサリーに適しているかも。

先日の火山噴火で亡くなられた方が持ってい
たカメラの記録媒体も多分SDカード。

熱か落石でグチャグチャのカメラの中でデー
タは残っていましたし。

ワームというSDメディアなんか100年性能うた
っていますしね。

チラッと思いついたでーりん的社会貢献でした。

担当 M助


レアアイテム入荷

お仕事( 資材・設備・道具)
11 /11 2014
改ざん防止メディア

写真では分かりにくいと思いますが、これ、キーボードではありません。
会社名等の登録をし、中々厳重なチェックを受けてから購入した120枚のSDカード。
要領は今時驚くが1ギガしかないのに1枚1000円以上します。
1枚1枚にシリアル№が打ってあります。
おそらく、(何番のカードは誰々が購入しました)みたいなものだろうか。
実はこれ、(改ざん防止SDカード)と呼ばれる特殊な受注生産商品です。
一度書き込んだ写真情報はカード内のマスターデータとして一切いじれません。
編集はもちろん、削除も出来ません。
読み出ししてパソに取り込むことは可能で、コピーしたデータは好きなようにいじれますので、暗い写真を明るく編集したり、シャープネスやコントラスト調整などしたりしてプリントも簡単です。
海外メーカーものはサンディスク。
国内ものは東芝。
当然、チームでーりんとしては、使うカメラをあまり選ばない東芝を選択。
これで最新の納品仕様に設備が追いついた。
しかし疑問点が。
納品先で調べようとすれば結構簡単にシリアル№で購入した会社名の情報が・・。
下請仕事の時にこのメディアを使って納品する際データリンクの情報が出るが・・。
しかし、そんな気配りは無用であると考える。
下調べを重ね、試用品を手に入れ、従来使用カメラとの汎用性や使用感を研究したり、新たな機種購入やアクセサリー等の設備投資、何より高額なカード本体の仕入れのため身銭を切り、苦労して購入まで至ったのは我々チームでーりんである。
まぁ最悪の場合、(データリンク)という販売店から購入しましたと言ってくらはいまし。

担当 M助

お触り好き、触られ嫌い

お仕事( 資材・設備・道具)
11 /05 2014
カメラ画像フリーで検索

改ざんを防止する役割を果たすメディアについて、色々調べるうちにふと気付く。
編集したり加工したりと、いじくれないマスターデータを残したいとするならば、現段階においてはCD-Rで充分じゃあないのかねぇ。
サンディスクや東芝が、足の親指大のSDカードに改ざん防止目的のメディアを開発。
サンディスクに至っては適切な保存法の環境でおよそ100年とうたっているが・・・。
SDカード自体を開けるものが何十年存在するんだろうかね。
記録媒体そのものに編集のガードを設けても、初期データを書き込むカメラ側のプロパティは容易く開いてしまうので、残す為のマスターソースの入力側の信憑性は?
5~6年で破棄するデータである場合、100年耐久の意味の理解にも苦しむし。
きっとデータの漏洩と改ざん防止という相反する概念がごっちゃまぜなんだろうね。
先日、リサイクルショップの店頭に英会話のカセットテープと再生デッキが並んでた。
プライスボードには但し書きがあり、(デッキ故障、要修理)と書いてあったなぁ。
あ、そうだ、そう言えば子供が新しい筆箱欲しがってたなぁ。
今日の帰りに文具屋寄ってみようか。
まだ売ってるのかな。
【象が踏んでも壊れない】という悲壮感漂うキャッチコピーの筆箱って。

担当 M助

レアもの キャノンios kiss x3

現場カメラ関連
11 /01 2014
キャノンeos kiss x3 画像フリーで検索

改ざん防止メディア(ライトワンスSDカード)。

東芝が公表している動作確認済の市販カメラ
の一つにキャノンの機種があります。

iosの一眼入門シリーズのデジタルkissX3とい
う機種までを検査しているようです。

実際のところは、デジカメであれば、ほとんど
の機種で使えますが、ニコン等一部の機種に
コマ飛びやフリーズ等の誤動作があります。
(カメラ量販店にSDを持ち込み検査しました)

しかし、キャノンios kissX3って既に販売終了
でシリーズはX7まで来ていますよ。
(東芝らしいと言えばらしいデータですね)

現場で使用できないなんて困りますので動作
確認済みの機種以外は使えません。
調査概要の使用機器の部分でも表記できま
せんしね。

そして早速中古市場をあたるのですが、この
機種は後続モデルが出るまでのスパンが早
かったので、極端に数が少ないのです。

オークションには少数出回っておりますが、
いわゆるレアもの機種扱いされているらしく
スペックや程度を加味すると高すぎます。

まぁ、万一のこと考えると仕方ありませんか。
バリューな出物を探しますよ、ハイ。

担当 M助