FC2ブログ

Y衛門の考察

Y社長
07 /29 2014
鉱脈画像フリーで検索

まず、Y衛門とは誰かですね。

チームでーりんのメンバーがそれぞれの入社時期
のズレはあるものの、知り合うきっかけとなった会社
の社長さんでございます。

本当かウソかは分かりません。
本人曰く(調査業界のパイオニア)ですって。

およそ20年前に存在したその会社は、残念ながら
現在は存在しておりません。

最良の部下になれず、牙をむくタイプの私。
会社が傾き始めた頃合いに事実上のリストラ名簿
にあがり、自主退職。

そこらの対処に長けているO次郎は、波風立てず、
会社の千秋楽公演のエンドロールを見届けました。

その数年後、経営サイドのK爺は経営悪化責任を
担ぎ、一部の負債とともに放浪の旅路へ。

その後それぞれがそれぞれの道を歩み、そのまた
数年後に合流を果たし、チームでーりんとして復活。

・・Y衛門を除いてですが。
なぜ今、Y衛門の再考察(総括作業)に至るのか。

時折このブログに登場する辛口コメンテーターの
Iさんも在籍しており、再会を約束しました。

K爺とO次郎にどのような感情や総括が存在する
のかは分かりません。

しかしIさんと私は比較的近いところでの総括評価
に至っているのです。

そのIさんから先日、利害関係の絶たれた今になり、
感謝の意も込め、Y衛門と話してみたいとの提案が
あり、私なりに思い起こす事態に発展したのです。

Y衛門という男、大変優れた金脈(鉱脈)を嗅ぎ
付ける嗅覚を持っておりました。
(先見の明がある方)と評されるのでしょうか。

少し先の銭の香りには誰よりも鼻が利くのですが、
そこに至るまでのアプローチに問題のある方だった
ように思います。

優れた発想力でアウトラインの青図は引けるのに、
そこに辿りつくまでのプロセスに問題を孕んでおり、
準備作業を省く傾向にございました。

会社を興し、鉱脈に行き着く為には、発想を具現化
する為の優れた穴掘り技術者を育成する事が必須
ですがこの部分に関しては実に乱雑な采配でした。

優れた発想力でも、それを技術に伝える作業を省く
と結果は最悪なことに。
志を理解共有し、共に歩む仲間を選定しなかったの
が痛いのです。

言葉少なく、行き先を告げずに己の鼻を頼りに一人
歩きをしてしまうものですから、ごくつぶしのぶら下
がりサラリー泥棒社員が増殖し、経営を逼迫させる
事態に発展するのです。

退職当初の私は青かったので、冷静に己の無力さ
を認め、認識できませんでした。

私やIさんに関してはおそらく、Y衛門が求めている
技術レベルになかったのでしょう。

重複しますが、己の非力さを認め、総括に至る点は
Iさんと私は似ているのです。

各々が違う道を歩む今、もし会う機会があるならば、
昔の己の至らなさなどを侘びることも出来ように。

もし(先見の明)を司る嗅覚が色褪せていなければ、
発想力や行動力、バイタリティーのヒントが貰えたら
ええなぁなんて思います。

担当 M助

勇気を貰える一言

現場日記
07 /26 2014
誠意画像フリーで検索

昨日のお話。

今月の初旬に事前調査を実施し、既に報告書
を発注者に提出しておりましたが・・・。

ご担当の方の内容確認後に戸別配付しなけれ
ばならず、我々としてもご指示無く勝手にお渡し
することが許されておりません。

しつこく連絡していたら、昨日、やっとこさGO
サインの連絡が。

この調査宅、いわゆる調査多発地域にお住ま
いの方で、我々の(立ち居振る舞い)ひとつで
今後の対処する方向性に大きく左右すること
が安易に想定できます。

迅速に戸別用報告書の配付をしなければなら
ず、電話にて在宅確認をしたところ、ご多忙な
ので、郵送にて対処して欲しいとのことでした。

控えの事前報告書なのだから、送ってもらえれ
ば十分だし、持って来るまでの間、拘束される
のがバカらしいとお考えのようです。
(ごもっとも)

郵便局に行き、紛失保険付きのサービスパック
を購入し送付準備をしていると、別現場で外出
中の(お役人仲介役)のK爺から郵送ストップの
連絡が。

何やら、担当のお役人さんから、送付はダメよ
のご指示があったとのこと。

住民さんにはその旨のご理解を賜り、じっと家
でお待ち頂くこととなりました。

そういう事ならば!と猛烈スピードをかまして
私が行くしかありません。

住民宅に到着すると、お出掛けスタイルの小さ
なかわいいお孫さんがお出迎え。

なるほど、お孫さんとお出掛けをするところだっ
たんですね。

侘びながら報告書をご説明し、受領書にサイン
を頂きます。

ペンを走らせながらご主人が話します。

「しかしさ、受け取る側の私がさ、郵送の希望を
しているのにさ、どういう訳かね、役人の指示な
のかい?」

「報告書の受け渡しに関しては、原則住民さん
のご希望に沿うのが普通です。今回のようなケ
ースは珍しいかと思います。」

「あんた自身はどー考えるのかい?」

「住民さんのご都合は第一なんですが、発注者
責任を考えると、昨今の個人情報の流出問題
のリスクを軽減する為にも、誠意をもってお届け
にあがりなさいと指示することは理論上の誠意
は成立していると考えます。しかし、ご指摘のと
おり、その机上理論が実勢を踏まえた誠意に反
映しているとは思えません。そのギャップを埋め
るべく我々の役割として、双方の間に立たせて
頂き、額に汗してただひたすらに侘びることしか
出来ないことにもどかしさを感じております。」

ご主人は高笑いでご満悦のご様子。

「私も元は公務員。悪いと思ったが、どう答える
のかと意地悪してみたよ。」ですと。

・・・・(ホント意地悪だねぇ)・・・。

しかし猛暑の汗は無駄汗にはなりませんでした。

最後に一言、押印しながら「あんたらがコンサル
なら安心だ。有難う。」

キンキンに冷えた缶ジュースを頂き、帰りの車中
で一息。

う~ん、勇気を貰え、報われるコメントでした。

ごちそう様でしたぁ!

担当 M助



文明の利器

事務所内の設備
07 /14 2014
サーキュレーター

毎年、来年でいいや的に買いあぐねていた、
サーキュレーター(送風機)。

冷暖房の効率アップの為、数年前から自宅
では使用しておりました。

なぜ事務所への導入を見送っていたかとい
いますと、耐久性と作動音の問題が解決さ
れる商品を待ち望んでいたためです。

昨年までの商品は値段こそ安くなりましたが、
何しろ一番寒い時期と一番暑い時期に連続
利用するので、作動音と耐用年数に問題を
抱えておりました。

定期的に家電量販店でチェックしてましたが、
耐用年数は旧商品で2年だったのが昨年は
4年へと推移しました。

そしてこの夏の新商品はなんと6年へとバー
ジョンアップし、飛躍的に向上したのが、作動
音でしょうか。

この夏の商品の目玉はこの作動音でしょうか。

中心となる売れ筋商品が大体40デシベル前
後でしたが、写真のモデルは27デシベルです。

首降り作動音も納得のレベルでしたので購入
に踏み切ることにしました。

鰻の寝床のようなで~りん事務所。

O次郎デスクの頭上にあるエアコンから出る
風は直接私のデスクに直撃します。

O次郎が欲しい温度を得るためには夏場な
んかの場合、おのずと設定温度をサゲサゲ
にしなくてはならず、ルーバーの角度調整で
対処しても、すぐに限界が訪れます。

お陰で夏場は関節痛、冬場はエアコンを諦め
足元暖房を各デスクに置いてました。

日本経済もだんだんと対流を示す動きが感
じられます。

当事務所においても冷気や暖気を対流させ、
快適性を追求したく存じます。

担当 M助

礼節の先にあるもの

データリンク的職業観
07 /05 2014
挨拶のハガキ

すっかり忘れてました。

先月、取引させて頂いている方々に(早得)で
お中元を手配していたのだった。

誠にいやらしい話、写真のようにお礼のハガ
キを頂いたり、ご連絡を頂いたりと反響(?)
のような事があると(送ってよかった)と実に
嬉しいものです。

考えてみれば、勝手に送りつけているような
ものなのになぁ。

送られる側の立場になってみると、大したもの
が贈られる訳でもないのに、いちいちハガキ
送ったり連絡したりと、ご面倒をお掛けしてい
るようで何だか申し訳なく思います。

こんな弱小チームに対して(もったいない)の
一言です。

社会生活の秩序を保つ為の行動や作法、礼
儀などを唯只普通に、当たり前に身にまとった
方々とお付き合いさせて頂いているこの現状
に対して、深い感謝と喜びを感じずにはいら
れません。

礼節に触れたとき、その発信者に対し、自然
と敬う気持ちや心が育まれるのかな。

担当 M助



安全運転の悦び

データリンク的職業観
07 /04 2014
道画像フリーで検索

5年目の道を行くチームでーりん。

ここまでの道のりは決してノントラブルではあり
ませんでした。

しかし、同じ道を4往復し耐えしのぎ、早くも5回
目となったお馴染みの道です。

この道の景色を眺めながら思うことは、安全運
転の重要性です。

車選びも慎重に行わなくてはなりません。

見た目の速さなど論外。

小排気量なのにトルクが厚いエンジン。

余すところなく動力を伝え、ロスの少ないパワー
トレーン。

小回りで軽快。

少燃費。

カラーリングは思いのほか重要、印象イメージ
は侮れません。

後方から煽られても決して慌てません。

危険運転の巻き添えになるかも知れません。

田舎ナンバー暴走族まがいのクラクションは
シカトします。

過積載にならぬよう気を付け荷物を積みます。

知らない道へのショートカットは極力避けます。

しかし避けては通れないルート選択もしばしば。

そこで得たデータは着実にフィードバックし新ル
ートとして活かします。

車のポテンシャルを正確に理解し運転します。

ワインディングではアクセルオフを徹底します。

登りのストレートでは躊躇なくアクセルオン。

タイヤへの負荷を絶えず常に気にしながら路面
状況を把握します。

四季を通じ、街の景色は変わります。

老朽化した建物は解体され、しっかりと先を見据
えた都市計画に則り、効率性と展望を両立させた
新しい建築物が生まれます。

古い巨木も微妙に装いを変え、注視すればその
変化に気付きます。

雑草だって小さな花を付けるときも。

とにもかくにも5回目のドライブ。

何が必要で何が余計かのデータは着実に蓄積
されてゆくのです。

担当 M助