FC2ブログ

まさに追い込み

内業日記
10 /29 2013
がけっぷち

昨日の段階で明日一日あればいけるか?
の状態でした。

本日、残り分を確認すると・・
帰れるのかな?の状態です。

帰りたい一身で査定が甘くなるみたいですね。

やばいやばい、作業に入ります。

担当 M助


経験予測の運用

データリンク的職業観
10 /23 2013
たいふーん

昨日だったか、一昨日でしょうか。

報道ステーションで、和歌山の気象警報の
システム改革に取り組んだ人のレポートが。

連日のCAD作業で目がショボショボの上、
大量の鼻水で耳がやられておりましたので
正確に記憶してはおりませんが、従来の大
雨に関わる各種警報に関しては、県内全域
の大まかな気象データに経験予測を加味し、
ここがあやしいとあたりをつけ、警報を出す
といったやり方に終始し、他府県市町村でも
現在主流のシステムだそうです。

和歌山のとある市町村では数年前の土砂災害
において、警戒していたにも関わらず、尊い命
の犠牲を出してしまい、この結果を踏まえ、
昨今の予想不可能な異常気象に対応すべく、
新システムの構築に着手しているとの内容で
あったと記憶しております。

ざっくりと要約すると、経験予測の裏取りの
システム構築でしょうか。

大まかな気象データを基に先見予測をして
警報を促していたのですが、はずれる恐怖感
が迅速な警報実行をスポイルしてしまいがち
だったそうです。

表現は乱暴ですが、博打恐怖症のような気が
致します。

着手したのは、経験予測を裏付けるピンポイ
ントのデータを集約・数値化し、精度を高め
ることにあるとしておりました。

経験予測を否定するのではなく、経験と勘を
より確実なものにするために、各詳細地域の
降雨量等のデータをリアルタイムで誰でも閲
覧出来るシステムを作り、失敗を恐れずに警
報や注意報を出していくといった内容でした。

比較的腰が重いと揶揄されがちな行政も、人
命が掛かった問題には課長レベルで柔軟に
改革に着手しているようです。

構造の仕組みを理解し、経験予測を確実な
ものに近付け運用しリスクを回避する。

言葉ではほんの1行で簡単に表現できます
が、失敗から学び改める難しさを痛感してい
るのがでーりんでございます。

おこぼれにすがりかろうじて生きているでーり
んに関しては、構造の仕組みに関与出来る状
態にないので、口を大きく開け、天を仰ぐほか
方法は見当たりませんが、経験予測の精度を
高めることは出来るのではないかと考えており
ます。

簡単に言えば、過去の実体験から学ぶだけ
のことなのです。

ベテランK爺やO次郎、そして私にしましても、
過去に所属したいわゆる調査下請け零細企
業は数年紆余曲折したのち、すべて廃業して
おります。

個々にはほんの十数年ではありますが、仕事
のやり方進め方のような経験値が存在し、その
経験値に良いところや悪しき習慣が存在します。

何が良で何が悪かの選別を精査する作業を
するには相応の資本と体力が必要ですが、
チームでーりんにはその両軸がありません。

ただ何となく生きられておりましたから、この
ままやっていれば確実に廃業することが明
らかです。

数十年に1度の規模・・といった言葉を良く耳
に致しますが、その災害が過ぎ去りしばらく
すれば、何となく忘れてしまい、何も備えに手
をうたなければまた数年後に・・といったよう
にならぬよう必死に改革に取り組む和歌山県
に学ばなければなりません。

妙案か愚案かの選別は出た結果から。

まずは詳細に至るまで今までの個々の仕事の
進め方を変えてみるところから着手し、活路の
光の糸を紡ぐほか生きる道はありません。

同じに進めれば同じに廃業致しますから・・。

担当 M助

千秋楽の実り

現場日記
10 /17 2013
実り

遠方現場が本日、無事完了しました。
総調査軒数は100軒を超えました。

1班体制でおよそ25日を使いましたが、何せ
家や敷地がでかいの何の、ボリュームの割
には実働現場日数が最短で完了したと自負
致しております。

おおらかで器の大きい住民様に助けられた
感が強いかな。

従来どおりの我々主導の滑り出し(乗込み)
が実現されていれば、もっと短期で、今頃は
報告書も完成していたと考えると多少悔やま
れますが、無事故でひとやま越えましたので
まぁいいか・・。

年内処理の現場が3現場控えてますので、
今月中に報告書の作成です。

腰痛覚悟で事務所にこもることになりそうな
予感がします。

現場でわんさか生っている柿の実のように
いい成果を作成致します。

担当 M助


冬支度

現場日記
10 /12 2013
なんのはなかいな

本日も遠方現場(静岡)です。

いつも車を停めさせて頂いている神社では住
民の皆さんが忙しそうに明日行われるお祭り
(御神輿)のデコレーションをしています。

相変わらず草木には無数の花がつき、冬に
備えるのか、種の保存の生殖活動のためか
は定かではありませんが、名も知れぬ花達に
は大量の虫達が群がります。

先々に備え必死に生きるその姿は何千何億
も繰り返されてきた仕事なんでしょうね。

短絡的な生き方を改め、先見思想を主軸に
ラジカルに、そして時にはアバンギャルドに
生きなさいと説かれている気が致します。

担当 M助


CAD腱鞘炎の予感

内業日記
10 /10 2013
何の実

ストックもののフォトで失礼!
(記事内容には合致いたしませんので)

最近現場続きでしたので、今日から本格的に
CAD作業に突入。

あれ?こんなに手が動かなかったかなぁ・・

数ヶ月前とは確実に作業スピードが落ちてい
るぞ!

明日一日でペース戻せるかなぁ。

平気平気・・・だよ・・なぁ・・・

担当 M助


バーストの恐怖

現場カー 他車関連
10 /09 2013
剃り男 (修理完了後のリアタイヤ)

本日は早朝より千秋楽の迫る遠方現場です。

体調が優れないうえ、はっきりしない天気で
多少気が重いような・・。

高速の乗口で廃材山積みトラックの後方走
行中に・・・やっぱりやった!
ボロボロと廃材を落としながら走っています。

廃材避けて蛇行するか、踏んでも体勢維持
して真っ直ぐ走るかの選択です。

スピードを加味し体制維持の後者を選択。

高速に入り変な挙動もなさそうだったのでそ
のまま現場へ行きました。

現場傍の出口で降りてしばらく山道を走行中
に車体下からガラガラッと、いやな音が発生し
ましたが、現場近くのコンビニが近かったので
そのまま走行を続けました。

コンビニ駐車場に停車して確認すると・・
やけに車高が低いなぁと感じます。
気のせいだろうと、そのまま現場へ。

現場まで数百メートルのところで大きすぎる
ロードノイズで停車しました。

大雨の中車外に出ると右後方のタイヤがパ
ンクしていてペッチャンコ。
(ありゃりゃ・・・)

テンパータイヤに履きかえようかと考えまし
たがその思惑は瞬殺されました。

なんとこの車、スペース効率と高燃費が売り
のため、パンク修理剤のセットしかないんだ!

取説見たらパンク後、空気が全部抜けて走っ
たタイヤには使用不可ですとぉ!

現場まで歩ける所でしたので二人を送り出し、
損保のロードサービスへ℡しました。

山中だから時間かかるかと思ったら20分で
レッカー車が到着。

そのまま御殿場のイエローハットへ。
新品交換を依頼したが、専用設計のオンリー
扁平でモノがありません。

店員さんが周辺のスズキや別の店に電話し
てくれましたたが、ストックがありません。

やむ得ず、空気入れて穴あき箇所特定して
パンク修理を依頼しました。

数分置いてエア抜け無いし、リム切れも無い
のでとりあえず応急修理が完了です。

〆て2,100円也

現場に戻り時計を見たらレッカーから1時間
しかかかっておりません。

現場に送り出した二人は大雨のため神社で
雨宿りをしていました。

幸いにして立会い無しの外部調査でしたの
で、おとがめは一切ありませんでした。

そのまま昼飯食って午後になったら嘘のよ
うに青空が広がっております。

そして予定軒数をクリアし、先程帰還です。

いやいや、無事に生きて家に帰れただけで
幸せなことですよ、ハイ。

担当 M助

失態の夜

現場日記
10 /06 2013
すすき

昨日も今日もエネルギーセーブにかかった
山波の遠方現場でした。

昨日は早出のため、家族が寝ている時間に
出かけ、帰りは渋滞だろうと思い、事務所で
ブログを打ち込んでから出発しました。

多少の渋滞があったものの20時頃帰ると、
いつもかけよる下の子が仏頂面をして目も
合わせません。

風呂浴びて出てきたら、ビデオカメラを観て
おります。

「なに見てるの?」と覗き込んだ瞬間、いやぁ
な寒気が!・・・。

カメラ映像には我が子が1位でテープを切る
かけっこの映像です。

あ~、やっちまった・・・。

子供の運動会を忘れ、遠方現場でのんきに
ススキの写真撮っておりました。

悪天候との格闘に勝利し、成果をあげられ
た事だけが救いでしょうか。

心底ダメな父親です。

担当 M助

まるでお花の宝石箱や~

現場日記
10 /04 2013
なんなんだろな

おそらく風邪と推測されますが、咳がひどく、
頭痛と寒気が致します。

そんなコンディションに加え遠方現場という
こともあり、一番生理的に合わないタレント
のパクリタイトルをきめこんでしまいました。

この遠方現場、先週まで無かったはずの知
らない巨大な花がポンと咲いたりしており、
ビックリ致します。

何だか菊のような気が致しますが、色ってこ
んなだったっけかなぁ・・・。

普通に足元に現れる巨大花群。

おそらくこの辺りは花屋なんて商売にならな
いんでしょうね。

う~ん、早く帰って寝よ・・また明日。

担当 M助


雨との戦い

現場日記
10 /01 2013
雨雲

本日は遠方現場に着いてからずっと雨です。

約束の時間になっても雨脚は強まるばかり。

とりあえず家屋内部の調査を遂行中に窓か
ら外を見ると一瞬雲の切れ目から青空が見
えております。

チャンスとばかりに外部調査を遂行です!

空を見上げるとまた山の方からは真っ黒な
雨雲が。

一人抜け出し次の対象物件へ行き外部調
査の下準備へ。

1軒目の調査を終えた二人と合流し昼抜き
で2軒目の調査を遂行。

終える頃には予想どおりのざんざん降り。

これ以上のパフォーマンスはないと言えるほ
ど完璧に雨雲に勝利しました。

つい先程、高速SAで遅い昼食を摂ります。

勝利後のらーめんが体に染み渡りました。

こうして成人病になるんでしょうねきっと。

いや、既にもうなっているのかも・・・‼

担当 M助