FC2ブログ

チョークレスボードで仕事しよう(仕事仕様)

現場チョークレスボード
06 /28 2013
前回の追記です。

罫線張付け完了後、再びボード表面に付着した
己のケラチン(手油)を取り除き、ドライヤー
でボード全体を暖めた後しばらく放置し、文字
シールの作成に取り掛かります。

命のシール君 001

伸縮性(文字紙を挟みボードに貼り付けるため
段差が生じ空気が混入。伸縮性がキモです。)
のあるつや消しクリヤーアクリルシールを台紙
から少し剥がし、樹脂混シートに印刷した文字
紙を適当な大きさに切り、貼りしろを考慮し並
べていきます。

空気が入らないよう注意し、剥がした根元部分
からアールをかけながらシートを戻します。

この時注意しなければならないのは、台紙部分
が静電気で持ち上がりますので、写真のように
上端部を押さえなくてはなりません。

命のシール君 002

戻したアクリルシールを重ね合わせた手の平
で荷重をかけます。
手打ちうどん屋みたいな感じでしょうか。

さらに書類等を入れるクリアフォルダーのよう
なものに挟み、先の丸まったやわらかいもの
(マジックの蓋や大きめのドライバーの持ち手
裏など、爪で押すと楽に潰れるようなもの)
で軽くこするようにし、アクリルシートと文字紙
を圧着させていきます。

写真では分かりにくいのですが、紙の緑色が
濃くなっていきます。

圧着が完了したらボードに貼り付ける貼りしろ
3ミリを与えて台紙ごと切り取ります。

その後角を丸くすることを忘れてはなりません。
罫線の時と同様、1年も経たずに剥がれてしま
う運命になりますので。

命のシール君 003

できた文字シールを所定位置に貼り付けます。

この時の貼り方はコピー用紙などでボード上に
置いた文字シールを覆い、樹脂紙とアクリルシ
ールの段差部分に空気が混入しないよう文字紙
の形を爪でなぞるようにします。

命のシール君 004

写真の(家屋番号)の号の字下部に空気が混
入してますね。

針やカッターでアクリルシート部分にだけ目に
見えないほどの穴を開け、再度紙を被せて爪
でなぞれば空気は抜けます。

これで完了ではないんですね。

工程の一番最初のところで剥がしてしまった
表層コートを戻さなくては、ボード自体の耐久
性は語れません。


230x230zero-1-thumb-230xauto[1]

よって代用出来るものが車のワックス(コート
剤)ですが、車のコーティング剤には色々な
種類があり、チョイスを間違えると大変です。

最近の主流としては(ガラスコート系)と(樹脂
コート系)に分かれるみたいですが、当方では
上記の写真のような施工が楽チンな(ガラス系)
を使用しています。

文字シールと罫線を貼りつけたボード全体を
シリコンオフ(脱脂スプレー)し、手早く拭いて
さらにボード全体を霧吹き等に水を入れ、心配
になるくらいビチョビチョに濡らしてしまいます。

そのままビチョビチョの状態でさらに上部写真
のようなコート剤を吹きつけウエスで拭きとると
作業完了です。

命のボード君 001

後は月一コーティングメンテだけでOKです。
写真左側のものが、4年連続連投投手です。

その昔、もう少し若い頃は休日の洗車がお
決まりでした。

家族からは随分と白い目で見られました。
が、しか~し!

しなくていい無駄な経験などひとつもない!
こうして経験活きてますので。

担当 M助

チョークレスボードカスタム

現場チョークレスボード
06 /28 2013
先日ヤフオクで落札したモノが届きました。
パイロットチョークレスボードです。

ここ十年の使用実績にて培った独自のデータ
を基に、現段階において耐久性が最も優れて
いる使用部材を用い(仕事道具に変わるまで)
の工程をご紹介致します。

命のボード君 001

上部写真左側の文字シールや罫線の入ったモノ
が使用してから4年目の現役選手。

中央が今回のデッドストックモノのおろしたて。

右端はボード色に似せた緑ベースに白抜き文字
を印刷したうす~い樹脂混の紙です。

命のボード君 002

まずは罫線シールを圧着させる為の下地処理
から始めます。

ボード本体の表面樹脂コートは3層処理です。

表面の艶出し1層をアルコール含有分の強い
ウェットティッシュを折りたたみ、こそぎ落
とすイメージで拭いていきます。

光を当てながら慎重に、微妙な力加減が必要
な作業です。

均一に表面1層分だけを除去せねばならず、
実は地味に一番大変なんですなこれが・・。

命のボード君 003

下地処理を終えたボードに罫線シールを圧着
していきます。

この罫線シールも自作ものです。
耐久性を考慮し、A-oneの接着剤付のプラス
チックシートA4です。

数十種類を試して寒暖差による膨張収縮変化
量の影響を受けにくいものをチョイスしました。
そのシートを2.5ミリの幅で切って使用します。

命のボード君 004

先を丸めた切れないカッター刃先を使用して、
キズをつけないように注意し、プラスチックの
モールの両面テープを剥がしながら持ち上げ
1cmほどに揃え、切った罫線テープをモールの
内部に押し込みます。

最初の頃はモール沿いに切ってました。
しかし無残にも1年も経たないで端部から剥が
れてしまった苦い経験がありました。

内部に押し入れ、モールで挟んでからは何年
経っても剥がれていません。

ここまでの工程で大リーグボール3号を連投し
た星飛雄馬のように指先を酷使。

酒がきれたアル中のように手が震えますよ。

文字シール作成工程と貼りつけ完成はまた
次回に続きます。

担当 M助

続・続・RVボックス設置完了!

現場カー 他車関連
06 /27 2013
ラゲッジマット 1

さてさて、これが設置前のノーマル床面です。
前にお話したとおり、後席をスライドすると
濃いグレーの床板が穴っぽこを塞ぐよう設計
されています。

ラゲッジマット2

少し大きめにカットしたフロアカーペットを
敷き詰めました。

設置完了1

RVボックス、パイルダーオン!
うん、ぎりぎりセーフでしたね。

設置完了2

フタも開閉良好ですね。
・・・・・・・・・・・・

まぁしかし、どーでもよいことを長々とアップ
して参りました。

使用しているうちに難点が生じたら報告します。

担当 M助

続・RVボックスバージョンアップ

現場カー 他車関連
06 /27 2013
ラゲッジマット 001

後ほどご案内しますが、剃り男のラゲッジ床面
は後席スライドの幅が大きく、実用幅まで後席
を前にスライドさせると極端な言い方をすれば
前に押したぶんの穴ぼこが空いてしまいます。

その穴を補うための可動板が後席背面に付属
しています。

付属品のラゲッジマットは幅が短く、RVボック
スを置くと凸凹になってしまい、安定性が悪い
ので実用域までの寸法を測り、オートバックス
のポイントを使いフリーカットマットなるものを
入手し、少し大きめな適当な大きさで切ります。

ラゲッジマット 002

こんなんです。
100cm×150cmで表はジュウタン。
裏はスパイクゴム。(質感と加工性は良好。)

ラゲッジマット 003

寸詰りの純正マットをゴム面に置き、形状を
合わせてカットします。

ラゲッジマット 004

完成です。
グレー部分だけ後席が前に移動する訳です。

所要時間は30分でした。

担当 M助

RVボックスバージョンアップ

現場カー 他車関連
06 /27 2013
RVボックスバージョンアップ 001

剃り男のラゲッジボックスの天板(フタ)の
耐加重が30キロまであるので、有効利用し
ようと思います。

ザラザラの仕上げが施されていますが、車内
に設置し荷物を載せたら右に左にずれること
が安易に想定されます。

事前にホームセンターで購入しておいたモノ
を使用し、バージョンアップします。

滑り止めクッションマット(60cm×150cm)
ウレタンマットと塩ビ接着に強い両面テープ
(塩化ビニル用15m)

RVボックスバージョンアップ 002

下準備でアルコール含有分の強いウェット
ティッシュ等でこそぐイメージで表面を脱脂
しておきます。

RVボックスバージョンアップ 003

両面テープを先に貼っておきウレタンマット
はハサミで簡単に切れますので好みの形状に
カットし、位置を合わせて両面テープを剥
がしてウレタン貼ってを繰り返します。

RVボックスバージョンアップ 004

写真ではスカスカに見えますね。
しかし肉厚ウレタンで5~6mm位あるので、
中々のボリュームです。

RVボックスバージョンアップ 005

余ったマットを内部にも敷いておきました。

さて、今日は雨が降っていないからラゲッジ
ルームに運ぶとしますか。

担当 M助

ぎょう虫フィルムかい!

現場カー 他車関連
06 /26 2013
らべるはがし1

剃り男のラゲッジにRVボックスを設置する前に
一度きれいにしてやろうと考えました。

皆さんにもご経験あるかと存じますが、どんな
にゆっくり剥がしても裏移りしてしまう粘着剤。
どーされてますか?
 
消しゴム? 
専用剥がし剤? 
レモン汁? 
放置?

昭和一桁に近い生まれの父の知恵のおかげで、
私はこのミッションを2分でクリアするのです。

らべるはがし3

剥がしたシールをそのままペッタンペッタンと、
イメージするは子供の頃のぎょう虫フィルム。

らべるはがし4

うへっ!本当にぎょう虫の卵みたいだべぇ!

らべるはがし5

全体的取れたらコロコロ(ガムテープも可)
でぎょう虫卵を完全除去!

ラベルはがし完了

写真を撮りながらの作業で所要時間2~3分。
意外なところで幼年期の記憶が蘇りました。

兄の肛門にぎょう虫フィルムを押し当てる母親
の苦みばしった表情と安売りカラーボックスの
シールを剥がしていた父親の背筋の動きを・。

父さん、母さん、一家離散してずいぶんな年月
が経ちますが、あなた方二人の記憶や知恵は
活きておりますよー。

さぁて、今日は角瓶買って帰りましょうか。

担当 M助


剃り男ラゲッジ BOX入荷!

現場カー 他車関連
06 /26 2013
届いたよんRVボックス蓋閉じ

前回パイロットの記事を作成中に(剃り男)
のラゲッジボックスが到着しました。

良いじゃないですかぁ~この配色と質感。
踏み台にもなり、30キロの対加重OKです。

届いたよんRVボックスオープン!

蓋の付け根に簡易兆番が付いていて開けた
フタが外れ落ちないようになってます。

フタの上に滑り止めシートを貼る予定です。

とりあえず写真右上にあるカップスープを
食した後に施工します。

仕事してなくても腹は減るもんですね。

担当 M助

チョークレスボード求む!

現場チョークレスボード
06 /26 2013
チョークレスボード求む!!

ホームセンターや文具店で上記写真のような
商品を見た方、迷わず購入して下さい。

そして是非ご連絡下さい。
およそ定価の倍の値段で買わせて頂きます。

トイザラスなどのおもちゃ屋で数百円で売って
いる(お絵かきボード)みたいなものをご存知
でしょうか?

磁気反転ボードのようなもので、先端に磁石
のヘッドが付いた付属の専用ペンで字が書
けるといったものです。

パイロット製で発売時期はおよそ10年くらい
前だったと思います。

当時のエコブーム真っ盛りの商品で、飲食店
などのメッセージボード(日替わりメニュー)
のような使い方が想定されていたようですね。

よく街中で見かける黒板にチョークのようなも
のと違い雨に濡れても字が落ちない。

触っても字や絵が消えないし手も汚れない。

チョークの粉カスが出ず衛生的で食品関係や
医療機関などの使用も安心。

ダンボールのように軽く頑丈。

液晶磁気メンテナンスセットが付属されており、
相当長く使えます。

数年前まではホームセンターや文具店で色々
なサイズが売っており、写真右手前のB4サイ
ズで約2~3,000円。

写真奥の30cm×40cmサイズで3~5,000円。

写真にはありませんが、A1サイズや会議室等
で使えるような、畳1帖ほどの大きさのものまで
あったと思います。

私共の仕事では色々な商業施設や一般家屋
にお邪魔し、建物や工作物などの現状を写真
撮影し記録しております。

10年以上前はA3サイズの黒板に黒板消しと
ポインター(指し棒)とチョークの基本セットで
撮影内容を記述し、撮影フレーム内に収める
のがスタンダードな出で立ちでした。

(軽くて丈夫)
(天候気温関係なし)
(使用先にてゴミを出さない汚さない)
(チョークや黒板消し等を忘れる)
(消耗品のスケジュール管理からの解放)

この商品の登場により、仕事のスタイルが飛
躍的にスマートなものとなりました。

しかし一家に一枚というほどの需要がありま
せんから仕方ないのでしょうね。

数年前、非情にも販売終了のうえ時期発売
予定もなしとのことでした。

パイロットの開発事業部に電話し、継続販売
をお願いしましたが鼻で笑われる始末。

その後はヤフオクのアラート頼みで3年間強、
上記写真の4枚の入手に至っております。

さびれた田舎の文具店などがありましたら、
是非のぞいてみていただけませんか?

またお知り合いで液晶反転磁気ボード等の
製作を請負っている工場、業者をご存知でし
たら紹介して頂けませんか?

んなもん知るか!・・・ですよねぇ。

担当 M助

(剃り男)バージョンアップ計画

現場カー 他車関連
06 /21 2013
剃り男

ビンボー症のため、数万円もする純正品の
ラゲッジオプションを購入しませんでした。

仕方なく、仕事道具を効率良く積むための、
ラゲッジスペースのトレーボックスを作成し
ようと思案中です。

大体プランは固まっております。

明日にでもホームセンターに行き、格安の
材料でも揃えましょうか。

作業工程のご報告は来週にアップ致します。

担当 M助

ビジネスと私情の葛藤

現場カー 他車関連
06 /14 2013
バンディッド

大飯喰らいの軽箱ワゴンから草食少燃費普
通箱ワゴンに変更を余儀なくされました。

軽の重量等の制限を受けないせいか、ドア
の鉄板自体も分厚く、開閉するときには重厚
感を帯びた音を出します。

全体的な剛性感も高い感じがします。
心臓(パワーユニット)も約倍になり、ターボ
無しでも加速やトルク感に余裕を感じます。

万一の事故を想定しても同乗者の生存確率
が高まったような気にさせます。

しかし何だかなぁ・・。

駐車場に向かい、乗り込むまでの幸せ感の
薄いこの感覚。

デザイン性を最下層にし、全ての使途を加味
し選択した結果、幸せ感の薄いこと。

普通のツラした人畜無害な優等生なんかより
何かしらの問題を抱てはいるが、好みのツラ
した劣等性が好きなんでしょうか?

そのうち慣れてきて、待望の幸せ感を感じら
れるのかなぁ・・・。

担当 M助

フォトレコ導入!

フォト・ネガスキャナー
06 /11 2013
ねがとりくん

前回(といっても先ほど)のネガフィルムの
使用事件の続報です。

上記の写真はネガフィルムをデジタルデータ
に変換し、保存できる代物です。

今回のネガフィルムはネガ本体を提出なので
使用しませんが、ひょっとして知らない方も
いるのではないかと・・。

昔は写真をプリントすると現像処理したネガ
が写真と一緒に同封されており、後日、写真
を焼き増ししたい時などにタンスの引き出し、
ガサガサ探してみたりして。

最近ですと結婚式などで使用する子供の頃の
写真や若かりし頃のご両親の写真などを使う
ため、昔の写真やネガを式場担当者に渡し、
式場側でデジタルデータに変換し、カビが生
えてしまったり、色が抜けてしまったり折曲
がったりした基のソースに修正や補正を加え
ることが多いようですね。

この機械は古い写真本体やネガをデジタル
データに変換し取り込み、SDカードに記録。

そのデータをパソコンに取り込み、保存や
修正を加えるといったものです。

上記機械はいわゆる家庭使用の楽々機械で
価格も数千円からウン万円と安価でそこら
の家電量販店で入手可能です。

しかし、ネガ所有者ユーザーの多くはそれな
りの年齢に達し、写真の機械の箱の説明に
書いてあるようにお手軽簡単とはいきません。

それなりに写真の状態を把握し最善の取り
込みをするスキルやカビの生えてしまったよ
うなネガフィルムの修復など、場合によって
は大切な写真やネガを破損させてしまう危
険性があり、お手軽にとはいかないような
感じですね。

したがって昔の写真やネガの保存を考えた
方は昔の写真屋さんの職人技が必要となり、
それなりの時間と相応な金がかかるといった
しくみになっていると推測されます。

聞いたところによると昨今の津波被害の惨状
を目にし、万一の時の思い出保存に関連した
商品やサービスの需要が増えたとか・・。

前回にも触れましたとおり、我々の仕事も一
昔前には莫大な数量のネガを排出する仕事
でした。

ひとつの仕事の総体成果資料ともなれば、ネ
ガシートなるものにネガを差し込み、枚数も
相当数に膨れ、小さな子供なんかは重いし大
きいしで持てやしませんよ。

現在あまりネガを使用していない我々がなぜ
これらの変換グッズを使用しているかですが、
調査記録に使用した写真やネガをデジタルデ
ータにまとめる仕事をした経緯があるから、
ただそれだけなんですね。

先ほども触れましたとおり、自分でやろうとした
ら簡単に設備は整いますが、やってみるとこれ
は中々厄介な作業ですよしかし・・・。

経験値でしかクオリティの良し悪しは語れません。

せっかく技術は向上してるはずなので、将来的
に取り扱い業務の間口を広げてみようかと思案
しております。

つっても需要がなさそうだなぁ・・・。

担当 M助

   


たまにはお仕事について・・

お仕事( 資材・設備・道具)
06 /11 2013
あなろぐせっと

上記の写真、一眼レフをお持ちの方ならピンとくるはず。
つい最近までは写真といえばカメラ本体・電池・ネガフィルムといった黄金のセットが不可欠でした。
このブログのメインタイトルでも表現されておりますとおり、我々普段は建物調査のお仕事で地味に生きております。
発注者からの依頼を受け、主に工事箇所に隣接した家屋や工作物の施工前の状態を記録し、事前資料を作成したり、その事前資料を基に工事後の状況を対比記録したりと、とにかく写真を撮りまくるんです。
対象家屋の件数や規模によっても異なりますが、上記のフィルム(36枚撮り)を使用していた時代では1日平均で15~20本を使用しておりました。
一日の作業を終え、現像所にフィルムを預け、現像と必要部数分のプリントをし、製本の台紙に挟んで行きます。
デジカメなどが画素数やバッテリー等の劣化、機械自体の耐久性やランニングコスト等の関連で頼りなかった時代(さかのぼることおよそ10年前)では我々の仕事道具としては上記の黄金セットにはかないませんでした。
しかし時代の波足の速いこと・・。
デジカメ本体の価格や付帯モノの低価格化、記録媒体の容量増や連続使用時間の増大及び耐久性といった総体的なスペックが逆転してしまい、比較的アナログ至上主義を貫いていたこの業界においても着実にデジタルに推移し、最近ではめっきり(黄金セット)に触れる機会が少なくなってきておりました。
先日、某役所からの発注で調査を請負うこととなり、仕様書を見てビックリ。
調査に使用する記録媒体の提出指定がカラーネガフィルムに限定されておりました。
早速しまい込んであったフィルムカメラとレンズを引っ張り出し、作動チェック!・・・ん?電源入らないな・・おかしいな、メンテナンスして保管しておいたのになぁ・・・あぁ、電池入ってないや・・ええと電池電池・・。
ストック電池が無いなぁ、あれ?フィルムのストックは?
つい最近までカメラ電池もフィルムもいざとなればコンビニで普通に買えたはずなのに・・電池とフィルムの調達へと続くわけですね。
フィルムに関しては需要減によりコダックや富士フィルムといったメジャー企業が生産しておらず、ライセンスを引き継いだ某外国企業が細々と作っていたらしく、現存はするが納期は読めず、価格も2~3倍で品質保証も無し。電池に関しても比較的特殊な形状を使用していたらしく、やはりこれまた簡単に売ってません。仮に売っていても価格は倍近く、品質保証も無し。・・・あ~あ嫌になっちゃうよ。
とまあネットを駆使し、全国規模でよさげなブツを仕入れ、何とか仕事が出来る状態となりました。
今や高級品に見えます、まさに黄金セット!。
次回は(皆さんのお宅にも眠っていませんか?思い出写真のネガフィルム)の巻です。

担当 M助

K爺カーオペ追記

現場カー 他車関連
06 /05 2013
穴あき状態

疾患部位を取り除いた状態です。

カプラーオン

そして健康部位をカプラーオン!

作動確認オーケー

エンジンをかけ、いざ、作動確認! 
運転席、助手席、後部左右・・・復活!

美容オペ

美容オペ(取替え部品の爪を穴あき箇所
にはめて上端部を押すだけポン!)

包帯はずし

これでハイ、新品です。

担当 M助