FC2ブログ

清らかな拡散

データリンクの未来像
08 /28 2015
鎌倉市図書館ツイート画像で検索

昨晩、報道ステーションを見ていました。

2万人が拡散に関与している話題のツイート
があるとのこと。

鎌倉市の図書館の職員のツイートが話題に
なっているらしいのです。

(学校が始まるのが死ぬほどつらい子は学
校を休んで図書館へいらっしゃい)

低年齢層の自殺が最も増える日が、多くの
小学校が始業する9月1日らしい。

低学年層の自殺を食い止める抜本的な解
決策などおそらく存在しないのでしょう。

しかしただ静観し、何もしないでいるのも、
いたたまれません。

そしてまた己の近親者だけが不幸な末路を
辿らないようにと願っているだけでいいので
しょうか?

しかし、この職員さん、よく考えましたね。

図書館というのは知識の宝庫です。

無造作に手に取った一冊の本が己の迷いや
悩みなどの心理状態を解決の方向に導くヒ
ントとなることも少ない事例ではありません。

結果考察が深められ、多少の世界観が広が
る事ってありますからね。

また図書館ってのがいいですよね。

雨風がしのげ、快適な空調環境。

トイレや簡単な飲料、場所によっては軽食オ
ーケーのところなんかもありますしね。

誰にも強制されることなく、すべて己の気の
向くままのペースで知識を咀嚼できます。

公的資金で賄われたパブリックスペースとし
ての役割の有効性がひじょうに高く思えます。

民間では駆け込み寺と銘打ち、専門的に動
いている方もおられます。

もしかしたらフリースクールというのもそれに
近い概念なんでしょうか。

しかし悩みを抱えた状態をつまびらかにアピ
ールし、救いを求める強さを持っている子供
ならばいいのでしょうが、決してそうでないケ
ースもあるように思うのです。

そう考えれば公的な施設である図書館という
場所はビジネス、学業、余暇、趣味など、その
使用目的自体ののストライクゾーンが広くとら
れているところがいいですね。

その場所に身を置く理由の多様性が素晴らし
いと感じます。

来館目的を問う者も存在しないのでしょう。

少子高齢化が進み空家が増えるのなら、公
的に購入しリノベを施し有効利用をしてみる
なんていいかも知れませんね。

管理人を1~2人雇ってミニ図書館の運営な
んてのはいかがでしょうか?

各地域にそんなスペースが溢れていれば、
若干の効果が出ると思うのですが。

古本を格安で引取り、民営子供図書カフェっ
ていうのも面白いかもしれませんね。

知識が浅く、視野が狭くならざるを得ない若
年時期の辛い時期に、緊急避難場所的な役
割を果せるようなスペースを当チームが提供
することは出来ないのでしょうか?

弱小組織だから考えてはならないなんてこと
はないはずですよね、ちょっと考えてみます。

担当 M助


メソッドのその先

データリンクの未来像
10 /11 2015
隠れ家画像フリーで検索

メディアや商業がこぞって取り上げ、使用頻
度が高かったせいでしょうか。

最近使われなくなった(隠れ家)という表現。

休日の自宅など、家庭内でとかく邪魔扱い
されるお父さん達。

その受け皿となり得るのが(隠れ家)と
いう呼称のエリアでしょうか。

実のところ(吹溜り)というのがしっくり
くるのかもしれませんね。

(隠れ家)のキーワード画像検索では
ほとんどがこじゃれた和風バーばかり。

しかし最近、ちょっとだけその場所やテイス
トが変ってきているような気がします。

設備や躯体本体が古く老朽化し、入居者確
保の大変な雑居ビルは毎年増殖が予想され
ます。

壊すにしても莫大な金がかかるので、この
手のお店の増殖率は高まるばかりではない
でしょうか。

好立地の結構いい場所なんかは天気の悪い
休日に来店客数が増えそうですね。

フリーフォトアップされている中でもピン
と来たものを選択し貼ってみました。

たぶんバーかなんかでしょうか。

ふらっと立ち寄り、飲みたいもの飲んで、
遊びたいことをし、時には昼寝をする。

なんか疲れてるんですかねぇ。

担当 M助





始動か試動なのか⁉

データリンクの未来像
10 /23 2015
ジンドゥーメールからコピー

でーりん総合指南役のドニーチョIさん。

事あるゴトにIさんを相手に、纏らないビジネ
スプランを語っていたここ数年。

暗中模索チームの将来を勝手に語り、会う
たびに色々とご迷惑をお掛けしていました。

そのIさんの紹介で(ジンドゥー)という無料
ホームページの作成の案内を頂いた。

何でも、とりあえずホームページのアドレス
だけ登録確保しなさいとの事です。

何がしたいかの意図が明確になったらペー
ジを盛り付けデコりなさいよとばかりに。

そしてすぐに、http://data-link.jimdo.comで
登録を完了してもらいました。

チームでーりんの通常業務のアングラワーク
は一般的な情報発信に向いた職種ではあり
ません。

なにせ個人ユーザー相手に仕事のオファー
が皆無な仕事なですから。

実はここ数年、地団駄踏む思いばかりをして
相当に苦しんでいました。

地団駄踏むわけ、それは先を越されることが
多すぎることなのです。

最近の地団駄例を挙げると、クラウドファン
ディングのサイト運営プラン。

これ、今すごいことになっているらしいですね。

数年前から美味さに感動していたかみさんの
作る冷蔵庫残り物ホットサンド。

熱くても冷めても際限なく食えてしまいます。

(これ、商売にならないかなぁ)

しかしこれも後手後手で遅いようですね。

巷では相当大きな波が来ているらしいです。

己の嗅覚を信じながらも、アクションを先送り
にしてきた当然の報いです。

そして今日の現場の帰り道に、ジンドゥーの
CMがやっていて触発されました。

詳細を語るレベルにないのですが、可変多
目的スペース的な事を考えております。

どうせなら今の仕事との併用で推進し、後に
転用も狙ってのことではありますが。

とりあえずページを盛り付け、採算度外視で
信用とスキルを蓄積してみようと思います。

それは始動というより、試動と呼ぶに相応し
いアクションです。

盛り付けが完了したらアングラ脱却宣言しま
すよ!

(脱却は言いすぎかぁ)

住処のフィールドを広げるだけですかね。

今よりも少しだけ陽のあたる場所ですかね。

担当 M助

で~りんラボ計画

データリンクの未来像
10 /25 2015
カフェ画像フリーで検索

同時にジンドゥーのホームページの顔となる
画像素材収集をしながら考えていました。

フリーランスプログラマー。
フリーランスイラストレーター。
フリーランス漫画家。
フリーランスミュージシャン。
フリーランス作家。
フリーランスカメラマン。
フリーランス料理研究家。
フリーランス専業主婦・主夫。

とにかくなんでもいいんです。

表現する意欲や技術、思いはあります。

世の中キッカケや資金面でくすぶっている人
は結構多いはず。

まだザックリではありますが、そんな輩の吹
溜りのようなフリースペースみたいな場所は
ないのでしょうか?

最初は仮想空間からでもかまいませんよ。

各々の特化した能力の情報が得られ、いざ
というときに結集できるのなら最高ですよ。

(でーりん村出身のホニャララ)なんて肩書
きが認知されるようになれば幸せですよ。

とりあえず考えているだけでは何も始まりま
せんね。

やっちゃえ・・・でーりん・・・てか。

担当 M助


不退転の証

データリンクの未来像
10 /27 2015
ビフォー1 アフター1

帰宅後、すぐ風呂に入ります。

安酒をソーダで割り、ほろ酔い気分で玄関前
の狭小ポーチで一服です。

そこで必ず目に入るのはDIYの15㎝厚のカー
スペース兼アプローチです。

10年前、中古住宅一軒家を購入しました。

元々御影の敷石が4枚転がっていました。

ゴミにしてしまうのはなぜか抵抗があったの
で、左官屋さんにその敷石を生かしたデザ
インアプローチの見積りを取りました。

憮然とした若い左官屋さんの表情は優れず
溜息をついています。

(やはりか・・・)

鬼のようにべらぼうに高い見積りを出してき
たのです。

結局、敷地半分車1台分だけのベタ打ちコン
クリート叩きの施工だけにしました。

「手つかずの半分は自分でやってやるよ!」
となるわけですね。

しかし素人が車一台分の叩きを打つのには、
ものすごく時間がかかります。

整地填圧、砕石、メッシュ敷、型枠(写真左)
まで2週間も費やしてしまいました。

(ああ、これからコンクリート練りかぁ・・)

後日、友達のいない私のために作業着姿で
颯爽と登場したのはドニーチョIさん。

セメント、砂、小砂利をホームセンターに買い
に行くこと二万回の往復です。

ものすごくめげる作業でしたが、Iさん持ち前
のトークで疲れを飛ばしてくれましたね。

そして連休を利用し3日間も朝から晩まで手
伝ってくれ、やっと完成したのです。

ビフォー2 アフター2

写真右側は施工後10年経過した状態です。

高圧洗浄等で磨いてはいませんが、いい感
じ出ていると思いますよ。

10年間、現場用作業車が毎日出入りしてい
るのに、クラック(亀裂)は1本もありません。

数年前には近くで家を建てる職人さんが見
せて欲しいと訪れた事もありました。

紅葉アフター クレストアフター

左は北側に4メートルまで盛んに育っていた
紅葉の切り株です。

越境してしまい、落葉樹なので、隣接する若
夫婦の住む家は大迷惑でしたので、最近切
ってしまいました。

右はゴールドクレストの切り株です。

これは6メートル位の勢いで育ちましたが、
虫がついてしまい枯れたので伐採しました。

そういえば数年前にはO次郎の手を借りて
剪定や倒木対策を施しましたたっけ。

半ば強制的でしたが、夏の暑い盛りや凍え
る寒い冬に手を借してくれました。

O次郎の額からは大量の汗が流れ落ち、
頑張ってくれましたよ。

時折、目の前にある工作物は己一人のDIY
で造ったモノと勘違いしてしまいます。

しかし実際はどーなんでしょう。

どんなに強がっていても、私一人では何一つ
構築することは出来ないのです。

(あれから10年も経つのかぁ・・)

暗闇のポーチで一服し、月明りにうっすらと
浮かぶ石畳や切り株に目をやり、思います。

私にとってこれらのしるべは不退転の決意
の証となり、心を下支えしてくれています。

はて、(不退転の決意)とはなんでしょう。

もちろん、でーりんラボ計画の推進を意味す
るわけですね。

無借金で潤沢とは言えないが多少の小銭は
あります。

心を分け与えてくれた温情は毎日ビリビリと
感じておりますよ、お二人方‼

ほんのちょっとお待ち下され。

やっちゃうから・・・でーりん。

担当 M助