FC2ブログ

仕事カーのチョイスに迷走中!

現場カー 他車関連
05 /23 2013
角瓶

このタイトルになぜ角瓶シールの写真?
いやいや、大きく関わってくるのですよ。

ここ最近、比較的近場の仕事が多かったの
ですが、我々からすると遠出でロングスパン
(月間20日前後を想定)の仕事が決定。

移動往復距離はおよそ200㎞。

所要時間は渋滞が無ければ2時間半。

現在は軽ワンボックス(高速利用過多・積載
荷物・三名乗車・悪路想定・悪天候想定を
加味し4DWターボを使用中)で稼いでます。

昨日、現地下見を兼ねて移動距離や高速
料金、燃費などを調べてきました。

ざっくりと計算し、一ヶ月あたりのガス代は
5~6万円です。

高速代は各種割引を加味し3.5万円。

土日の場合や渋滞を想定した時、それ以上
の経費が想定されますが、想定外の問題が
判明します。

私、180㎝半ばの巨漢でして、きれいなL字形
の体勢で腰かけても膝がインパネ下部に干渉
することを余儀なくされ、運転しております。

下見で仕事もしてないのに帰宅後ミロの彫刻
ばりに体はカチカチ。

その体ほぐすのに角瓶の消費量が増えてし
まう訳ですな。

こりゃぁ年間維持費や高速代が多少高くても、
1ℓ20㎞近くまで走れるエコカーにでもしようか
と思案中です。

車の燃費同様に角瓶消費量も半分に減った
りして・・。

せっかくなんで今後の詳細記録でもしましょう。

担当 M助

ストライク車両発見!

現場カー 他車関連
05 /27 2013
発見

(前回の続報)
1ℓ20㎞超低燃費車発見しました。

現在の軽ワゴン車で現地に行き、満タン計測
ではじきだしたら1ℓ8~9㎞でした。

でもカタログ数値が信用出来ないんですよね。

近くのディーラーに拝み倒し、候補車である
試乗車(ソリオ)を拝借。

勢いで実際に現場まで往復実験してみました。

エコランプ効果もあり、車の燃費計測計では
20㎞超、満タン計測では23㎞をマーク!

まぁ実際は渋滞やらエアコンの使用状況やら
フル乗車やらで下がってはくるのでしょうが、
快適性を加味すれば、十分に使用に耐え得
る内容でした。

すべての使用条件を適える車両はありませ
んが、私達の仕事の使用条件に今のところ
一番合致した車両です。

吟味してオーダーが遅くなり、納車が遅れて
は意味が薄れますので、即契約!!

ランニングコストやインプレはまた後日にでも。

担当 M助

別れのガラス系ワックス

現場カー 他車関連
05 /30 2013
スクラムワゴン

長期出張経費(作業人員の宿泊代、出張手当
等)を試算しました。

すると3桁を超えることが判明し絶句です。

長距離移動の通いを選択し、体の負担を軽
減させるべく普通車枠にグレードアップ。

軽ワンボックスのように横揺れや上下揺れ
が無く、走行静寂性と万一の事故時の生存
確立向上を確保しました。

新車から役3年弱、我々チームでーりんを支
えてくれた軽ワンボックスに感謝の意を込め、
水垢を落とし、ガラス系コーティングを施し
てやります。

全工程を終えて一服し、じっと眺めます。
(ひゃーっ夜空の星が綺麗に映ってる)

そして別離のとき。

軽君、また君がエネチャージなどの少燃費
性能や快適な足回りを手に入れ、マイナー
チェンジで生まれ変われるならば、またお
付き合いしようではないか。

担当 M助

K爺カーの悲劇

現場カー 他車関連
06 /05 2013


上記の写真、何だか分かります?

そうです、車のドアにくっついているパワー
ウィンドスイッチです。

先日、現場より戻る途中にK爺の使用してい
る軽自動車の窓が開きっぱなしになったまま
閉まらなくなっってしまいました。

駐車場に車を停め、エンジンを切っても当然
窓は開いたままで、どうぞ車内荒らして下さい
状態ですが閉まらないから仕方がありません。

AUTOと刻印された白い文字のスイッチは根っ
こが切れてしまったようにカパカパです。

微妙な力加減と角度で挑み格闘すること数分、
何とかオートクローズのオペレーションのコン
タクトに成功し閉められたそうです。

私はエアコンの恩恵にすがり、窓を開けること
はほとんどなくなりましたが、K爺はというと
人工的に作られた空気が体に障るお年頃。

初夏のさわやかな空気無しでは安全なドライ
ブが出来ず困るらしく、早速車両を購入した
某Uカーディーラー担当者に電話をしたところ
スズキの車の部品発注は直接ユーザーが連
絡してもらったほうが対応が早いので、最寄
のスズキさんに電話し、部品を発注してほし
いとの返答です。

事務所で事情を聴取した私(M助)は早速
ネットで純正部品の値段調べの結果、中古
と新品で値段の開きはあるものの交換工賃
を含めウン万円の治療費は確実です。

さらに潜り込み、同車ユーザーの声を拾うと
この部位(パワーウィンドスイッチ)は
お約束的に疾患を抱えているような気配です。

比較的可動頻度の高い箇所であるにもかか
わらず、部品の強化が最近までとられなかっ
たらしいことが判明。

同じメーカーのワゴンRにも同型部品を使用
しており、皆さん泣いている様子です。

そんなお嘆きの貴兄にと言わんばかりにロー
コストの某アジア諸国の工場にて同型部品を
造り、保証付きでウン千円で供給しているあり
がたい商品を発見し早速発注メール!なんと、
驚きの当日発送でございます。

発送完了メールを貰いましたが、一抹の不安
が・・・。(簡単に交換できるんだろか)

しかし有難いもんですな。同じ持病を抱えたユ
ーザーさんがご丁寧に解説フォト付きでネット
で手順を解説。

ドライバー1本、内張り半分剥がして腕をまわ
し部位を持ち上げカプラーはずして数分で疾
患部切除。

(ゴットハンド)と小さくつぶやき、通行人に
変な目で見られてもかまいません。

そう、この瞬間、私はブラックジャックなので。

あとで取り付け等の続報アップ致しまーす。

担当 M助


移植オペ(K爺カー)

現場カー 他車関連
06 /05 2013
届いた

届きましたよ、驚きの早さです!

とりあえず取り外した純正ものと並べて写真
撮影です。

形状やスイッチの使用感はまったく相違点は
ありませんね。

しかし純正の枠部はシボ加工されてますが、
汎用品はツルンとした仕上げです。

裏返してみると純正ものにはオムロンのロゴ
と品番があります。

しかし汎用品はのっぺらぼうです。

どのみちドアに取り付けてしまえば見えない
部分なので関係ないか・・。

さてさて、移植オペの時間ですね。

担当 M助